Microsoft.MachineLearningServices ワークスペース/linkedServices 2020-09-01-preview

Bicep リソース定義

ワークスペース/linkedServices リソースの種類は、次の対象にデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.MachineLearningServices/workspaces/linkedServices リソースを作成するには、次の Bicep をテンプレートに追加します。

resource symbolicname 'Microsoft.MachineLearningServices/workspaces/linkedServices@2020-09-01-preview' = {
  name: 'string'
  location: 'string'
  parent: resourceSymbolicName
  identity: {
    type: 'string'
    userAssignedIdentities: {}
  }
  properties: {
    createdTime: 'string'
    linkedServiceResourceId: 'string'
    linkType: 'Synapse'
    modifiedTime: 'string'
  }
}

プロパティの値

workspaces/linkedServices

名前 説明
name リソース名

Bicep で子リソースの名前と型を設定する方法を参照してください。
string (必須)
location リンクされたサービスの場所。 string
parent Bicep では、子リソースの親リソースを指定できます。 このプロパティを追加する必要があるのは、子リソースが親リソースの外部で宣言されている場合のみです。

詳細については、「 親リソースの外部の子リソース」を参照してください。
種類のリソースのシンボル名: ワークスペース
identity リソースの ID。 ID
properties LinkedService 固有のプロパティ。 LinkedServiceProps

ID

名前 説明
type ID の種類。 'None'
'SystemAssigned'
'SystemAssigned,UserAssigned'
'UserAssigned'
userAssignedIdentities リソースに関連付けられているユーザー割り当て ID。 object

LinkedServiceProps

名前 説明
createdTime リンクされたサービスの作成時刻。 string
linkedServiceResourceId リンクされたサービスのリンク 先の ResourceId。 string (必須)
linkType リンク 先の種類。 'Synapse'
modifiedTime リンクされたサービスの最終変更時刻。 string

クイック スタート テンプレート

次のクイックスタート テンプレートでは、このリソースの種類をデプロイします。

Template 説明
Azure Machine Learning ワークスペースで LinkedService を作成する

Azure へのデプロイ
このテンプレートは、既存の Azure Machine Learning ワークスペースに LinkedService を作成します。

ARM テンプレート リソース定義

ワークスペース/linkedServices リソースの種類は、次の対象にデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.MachineLearningServices/workspaces/linkedServices リソースを作成するには、テンプレートに次の JSON を追加します。

{
  "type": "Microsoft.MachineLearningServices/workspaces/linkedServices",
  "apiVersion": "2020-09-01-preview",
  "name": "string",
  "location": "string",
  "identity": {
    "type": "string",
    "userAssignedIdentities": {}
  },
  "properties": {
    "createdTime": "string",
    "linkedServiceResourceId": "string",
    "linkType": "Synapse",
    "modifiedTime": "string"
  }
}

プロパティの値

workspaces/linkedServices

名前 説明
type リソースの種類 'Microsoft.MachineLearningServices/workspaces/linkedServices'
apiVersion リソース API のバージョン '2020-09-01-preview'
name リソース名

JSON ARM テンプレートで子リソースの名前と型を設定する方法を参照してください。
string (必須)
location リンクされたサービスの場所。 string
identity リソースの ID。 ID
properties LinkedService 固有のプロパティ。 LinkedServiceProps

ID

名前 説明
type ID の種類。 'None'
'SystemAssigned'
'SystemAssigned,UserAssigned'
'UserAssigned'
userAssignedIdentities リソースに関連付けられているユーザー割り当て ID。 object

LinkedServiceProps

名前 説明
createdTime リンクされたサービスの作成時刻。 string
linkedServiceResourceId リンクされたサービスのリンク 先の ResourceId。 string (必須)
linkType リンク 先の種類。 'Synapse'
modifiedTime リンクされたサービスの最終変更時刻。 string

クイック スタート テンプレート

次のクイックスタート テンプレートでは、このリソースの種類をデプロイします。

テンプレート 説明
Azure Machine Learning ワークスペースで LinkedService を作成する

Azure へのデプロイ
このテンプレートは、既存の Azure Machine Learning ワークスペースに LinkedService を作成します。

Terraform (AzAPI プロバイダー) リソース定義

workspaces/linkedServices リソースの種類は、次の対象にデプロイできます。

  • リソース グループ

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.MachineLearningServices/workspaces/linkedServices リソースを作成するには、次の Terraform をテンプレートに追加します。

resource "azapi_resource" "symbolicname" {
  type = "Microsoft.MachineLearningServices/workspaces/linkedServices@2020-09-01-preview"
  name = "string"
  location = "string"
  parent_id = "string"
  identity {
    type = "string"
    identity_ids = []
  }
  body = jsonencode({
    properties = {
      createdTime = "string"
      linkedServiceResourceId = "string"
      linkType = "Synapse"
      modifiedTime = "string"
    }
  })
}

プロパティの値

workspaces/linkedServices

名前 説明
type リソースの種類 "Microsoft.MachineLearningServices/workspaces/linkedServices@2020-09-01-preview"
name リソース名 string (必須)
location リンクされたサービスの場所。 string
parent_id このリソースの親であるリソースの ID。 種類のリソースの ID: ワークスペース
identity リソースの ID。 ID
properties LinkedService 固有のプロパティ。 LinkedServiceProps

ID

名前 説明
type ID の種類。 "SystemAssigned"
"SystemAssigned,UserAssigned"
"UserAssigned"
identity_ids リソースに関連付けられているユーザー割り当て ID。 ユーザー ID ID の配列。

LinkedServiceProps

名前 説明
createdTime リンクされたサービスの作成時刻。 string
linkedServiceResourceId リンクされたサービスのリンク 先の ResourceId。 string (必須)
linkType リンク 先の種類。 "Synapse"
modifiedTime リンクされたサービスの最終変更時刻。 string