Microsoft。ネットワーク expressRouteCircuits/authorizations

Bicep リソース定義

expressRouteCircuits/authorizations リソースの種類は、次のようにデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoftを作成するにはNetwork/expressRouteCircuits/authorizations リソースを使用して、次の Bicep をテンプレートに追加します。

resource symbolicname 'Microsoft.Network/expressRouteCircuits/authorizations@2022-07-01' = {
  name: 'string'
  parent: resourceSymbolicName
  properties: {
    authorizationKey: 'string'
    authorizationUseStatus: 'string'
  }
}

プロパティの値

expressRouteCircuits/authorizations

名前 説明
name リソース名

Bicep で子リソースの名前と型を設定する方法を参照してください。
string (必須)
parent Bicep では、子リソースの親リソースを指定できます。 このプロパティを追加する必要があるのは、子リソースが親リソースの外部で宣言されている場合のみです。

詳細については、「 親リソースの外部にある子リソース」を参照してください。
種類のリソースのシンボル名: expressRouteCircuits
properties 高速ルート回線承認のプロパティ。 AuthorizationPropertiesFormat

AuthorizationPropertiesFormat

名前 説明
authorizationKey 承認キー。 string
authorizationUseStatus 承認の使用状態。 'Available'
'InUse'

ARM テンプレート リソース定義

expressRouteCircuits/authorizations リソースの種類は、次のようにデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoftを作成するにはNetwork/expressRouteCircuits/authorizations リソースで、次の JSON をテンプレートに追加します。

{
  "type": "Microsoft.Network/expressRouteCircuits/authorizations",
  "apiVersion": "2022-07-01",
  "name": "string",
  "properties": {
    "authorizationKey": "string",
    "authorizationUseStatus": "string"
  }
}

プロパティの値

expressRouteCircuits/authorizations

名前 説明
type リソースの種類 'Microsoft。Network/expressRouteCircuits/authorizations'
apiVersion リソース API のバージョン '2022-07-01'
name リソース名

JSON ARM テンプレートで子リソースの名前と型を設定する方法を参照してください。
string (必須)
properties 高速ルート回線承認のプロパティ。 AuthorizationPropertiesFormat

AuthorizationPropertiesFormat

名前 説明
authorizationKey 承認キー。 string
authorizationUseStatus 承認の使用状態。 'Available'
'InUse'

Terraform (AzAPI プロバイダー) リソース定義

expressRouteCircuits/authorizations リソースの種類は、次のようにデプロイできます。

  • リソース グループ

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoftを作成するにはNetwork/expressRouteCircuits/authorizations リソースを使用して、次の Terraform をテンプレートに追加します。

resource "azapi_resource" "symbolicname" {
  type = "Microsoft.Network/expressRouteCircuits/authorizations@2022-07-01"
  name = "string"
  parent_id = "string"
  body = jsonencode({
    properties = {
      authorizationKey = "string"
      authorizationUseStatus = "string"
    }
  })
}

プロパティの値

expressRouteCircuits/authorizations

名前 説明
type リソースの種類 "Microsoft。Network/expressRouteCircuits/authorizations@2022-07-01"
name リソース名 string (必須)
parent_id このリソースの親であるリソースの ID。 種類のリソースの ID: expressRouteCircuits
properties 高速ルート回線承認のプロパティ。 AuthorizationPropertiesFormat

AuthorizationPropertiesFormat

名前 説明
authorizationKey 承認キー。 string
authorizationUseStatus 承認の使用状態。 "使用可能"
"InUse"