Microsoft.Subscription エイリアス 2019-10-01-preview

Bicep リソース定義

エイリアス リソースの種類は 拡張機能リソースです。これは、別のリソースに適用できることを意味します。

このリソースの プロパティを scope 使用して、このリソースのスコープを設定します。 「Bicep で拡張機能リソースのスコープを設定する」を参照してください。

エイリアス リソースの有効なデプロイ スコープは次のとおりです。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.Subscription/aliases リソースを作成するには、次の Bicep をテンプレートに追加します。

resource symbolicname 'Microsoft.Subscription/aliases@2019-10-01-preview' = {
  name: 'string'
  scope: tenant()
  properties: {
    billingScope: 'string'
    displayName: 'string'
    subscriptionId: 'string'
    workload: 'string'
  }
}

プロパティの値

aliases

名前 説明
name リソース名 string (必須)
scope デプロイ スコープとは異なるスコープで拡張機能リソースを作成する場合に使用します。 Bicep の場合: tenant()
properties エイリアス要求プロパティを配置します。 PutAliasRequestPropertiesOrPutAliasResponsePropertie...

PutAliasRequestPropertiesOrPutAliasResponseProperties

名前 説明
billingScope サブスクリプションが fieldLed、partnerLed、LegacyEA のいずれであるかを決定します string (必須)
displayName サブスクリプションのフレンドリ名。 string (必須)
subscriptionId このパラメーターを使用して、既存のサブスクリプション ID のエイリアスを作成できます string
ワークロード サブスクリプションのワークロードの種類。 運用または DevTest のいずれかを指定できます。 'DevTest'
'Production' (必須)

クイック スタート テンプレート

次のクイックスタート テンプレートでは、このリソースの種類をデプロイします。

テンプレート 説明
EA アカウントでサブスクリプションを作成する

Azure へのデプロイ
このテンプレートは、エイリアスを使用してサブスクリプションを作成する管理グループ テンプレートです。 Enterprise Agreement課金モードでのみ使用できます。 公式ドキュメントには、他の種類のアカウントに必要な変更が示されています。
サブスクリプション、resourceGroup、storageAccount を作成する

Azure へのデプロイ
このテンプレートは、サブスクリプション、resourceGroup、storageAccount を同じテンプレートに作成する管理グループ テンプレートです。 Enterprise Agreement課金モードでのみ使用できます。 公式ドキュメントには、他の種類のアカウントに必要な変更が示されています。

ARM テンプレート リソース定義

エイリアス リソースの種類は 拡張機能リソースです。これは、別のリソースに適用できることを意味します。

このリソースの プロパティを scope 使用して、このリソースのスコープを設定します。 「ARM テンプレートで拡張機能リソースのスコープを設定する」を参照してください。

エイリアス リソースの有効なデプロイ スコープは次のとおりです。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.Subscription/aliases リソースを作成するには、次の JSON をテンプレートに追加します。

{
  "type": "Microsoft.Subscription/aliases",
  "apiVersion": "2019-10-01-preview",
  "name": "string",
  "scope": "/",
  "properties": {
    "billingScope": "string",
    "displayName": "string",
    "subscriptionId": "string",
    "workload": "string"
  }
}

プロパティの値

aliases

名前 説明
type リソースの種類 'Microsoft.Subscription/aliases'
apiVersion リソース API のバージョン '2019-10-01-preview'
name リソース名 string (必須)
scope デプロイ スコープとは異なるスコープで拡張機能リソースを作成する場合に使用します。 JSON の場合: /
properties エイリアス要求プロパティを配置します。 PutAliasRequestPropertiesOrPutAliasResponsePropertie...

PutAliasRequestPropertiesOrPutAliasResponseProperties

名前 説明
billingScope サブスクリプションが fieldLed、partnerLed、LegacyEA のいずれであるかを決定します string (必須)
displayName サブスクリプションのフレンドリ名。 string (必須)
subscriptionId このパラメーターを使用して、既存のサブスクリプション ID のエイリアスを作成できます string
ワークロード サブスクリプションのワークロードの種類。 運用または DevTest のいずれかを指定できます。 'DevTest'
'Production' (必須)

クイック スタート テンプレート

次のクイックスタート テンプレートでは、このリソースの種類をデプロイします。

テンプレート 説明
EA アカウントでサブスクリプションを作成する

Azure へのデプロイ
このテンプレートは、エイリアスを使用してサブスクリプションを作成する管理グループ テンプレートです。 Enterprise Agreement課金モードでのみ使用できます。 公式ドキュメントには、他の種類のアカウントに必要な変更が示されています。
サブスクリプション、resourceGroup、storageAccount を作成する

Azure へのデプロイ
このテンプレートは、サブスクリプション、resourceGroup、storageAccount を同じテンプレートに作成する管理グループ テンプレートです。 Enterprise Agreement課金モードでのみ使用できます。 公式ドキュメントには、他の種類のアカウントに必要な変更が示されています。

Terraform (AzAPI プロバイダー) リソース定義

エイリアス リソースの種類は 拡張機能リソースです。これは、別のリソースに適用できることを意味します。

このリソースの プロパティを parent_id 使用して、このリソースのスコープを設定します。

エイリアス リソースの有効なデプロイ スコープは次のとおりです。

  • テナント

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.Subscription/aliases リソースを作成するには、次の Terraform をテンプレートに追加します。

resource "azapi_resource" "symbolicname" {
  type = "Microsoft.Subscription/aliases@2019-10-01-preview"
  name = "string"
  parent_id = "string"
  body = jsonencode({
    properties = {
      billingScope = "string"
      displayName = "string"
      subscriptionId = "string"
      workload = "string"
    }
  })
}

プロパティの値

aliases

名前 説明
type リソースの種類 "Microsoft.Subscription/aliases@2019-10-01-preview"
name リソース名 string (必須)
parent_id この拡張機能リソースを適用するリソースの ID。 string (必須)
properties エイリアス要求プロパティを配置します。 PutAliasRequestPropertiesOrPutAliasResponsePropertie...

PutAliasRequestPropertiesOrPutAliasResponseProperties

名前 説明
billingScope サブスクリプションが fieldLed、partnerLed、LegacyEA のいずれであるかを決定します string (必須)
displayName サブスクリプションのフレンドリ名。 string (必須)
subscriptionId このパラメーターを使用して、既存のサブスクリプション ID のエイリアスを作成できます string
ワークロード サブスクリプションのワークロードの種類。 運用または DevTest のいずれかを指定できます。 "DevTest"
"Production" (必須)