Microsoft.TimeSeriesInsights 環境/accessPolicies 2017-11-15

Bicep リソース定義

environments/accessPolicies リソースの種類は、次の対象にデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.TimeSeriesInsights/environments/accessPolicies リソースを作成するには、次の Bicep をテンプレートに追加します。

resource symbolicname 'Microsoft.TimeSeriesInsights/environments/accessPolicies@2017-11-15' = {
  name: 'string'
  parent: resourceSymbolicName
  properties: {
    description: 'string'
    principalObjectId: 'string'
    roles: [
      'string'
    ]
  }
}

プロパティの値

environments/accessPolicies

名前 説明
name リソース名

Bicep で子リソースの名前と型を設定する方法を参照してください。
string (必須)

文字数制限: 1 から 90

有効な文字:
次は使用できません:
`<>*%&:;\/?` または制御文字
parent Bicep では、子リソースの親リソースを指定できます。 このプロパティを追加する必要があるのは、子リソースが親リソースの外部で宣言されている場合のみです。

詳細については、「 親リソースの外部にある子リソース」を参照してください。
種類のリソースのシンボル名: 環境
properties AccessPolicyResourceProperties (必須)

AccessPolicyResourceProperties

名前 説明
description アクセス ポリシーの説明。 string
principalObjectId Azure Active Directory のプリンシパルの objectId。 string
roles プリンシパルが環境に割り当てられているロールの一覧。 次のいずれかを含む文字列配列:
'共同作成者'
'Reader'

クイック スタート テンプレート

次のクイックスタート テンプレートでは、このリソースの種類をデプロイします。

テンプレート 説明
IoT Hubを使用して従量課金制 (PAYG) 環境を作成する

Azure へのデプロイ
このテンプレートを使用すると、IoT Hubからのイベントを使用するように構成された従量課金制 (PAYG) Time Series Insights 環境をデプロイできます。
Event Hub イベント ソースを使用して環境を作成する

Azure へのデプロイ
このテンプレートを使用すると、イベント ハブからのイベントを使用するように構成された Time Series Insights 環境をデプロイできます。

ARM テンプレート リソース定義

environments/accessPolicies リソースの種類は、次の対象にデプロイできます。

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.TimeSeriesInsights/environments/accessPolicies リソースを作成するには、次の JSON をテンプレートに追加します。

{
  "type": "Microsoft.TimeSeriesInsights/environments/accessPolicies",
  "apiVersion": "2017-11-15",
  "name": "string",
  "properties": {
    "description": "string",
    "principalObjectId": "string",
    "roles": [ "string" ]
  }
}

プロパティの値

environments/accessPolicies

名前 説明
type リソースの種類 'Microsoft.TimeSeriesInsights/environments/accessPolicies'
apiVersion リソース API のバージョン '2017-11-15'
name リソース名

JSON ARM テンプレートで子リソースの名前と型を設定する方法を参照してください。
string (必須)

文字数制限: 1 から 90

有効な文字:
次は使用できません:
`<>*%&:\/?` または制御文字
properties AccessPolicyResourceProperties (必須)

AccessPolicyResourceProperties

名前 説明
description アクセス ポリシーの説明。 string
principalObjectId Azure Active Directory のプリンシパルの objectId。 string
roles プリンシパルが環境に割り当てられているロールの一覧。 次のいずれかを含む文字列配列:
'共同作成者'
'Reader'

クイック スタート テンプレート

次のクイックスタート テンプレートでは、このリソースの種類をデプロイします。

テンプレート 説明
IoT Hubを使用して従量課金制 (PAYG) 環境を作成する

Azure へのデプロイ
このテンプレートを使用すると、IoT Hubからのイベントを使用するように構成された従量課金制 (PAYG) Time Series Insights 環境をデプロイできます。
Event Hub イベント ソースを使用して環境を作成する

Azure へのデプロイ
このテンプレートを使用すると、イベント ハブからのイベントを使用するように構成された Time Series Insights 環境をデプロイできます。

Terraform (AzAPI プロバイダー) リソース定義

environments/accessPolicies リソースの種類は、次の対象にデプロイできます。

  • リソース グループ

各 API バージョンの変更されたプロパティの一覧については、「 変更ログ」を参照してください。

リソース形式

Microsoft.TimeSeriesInsights/environments/accessPolicies リソースを作成するには、次の Terraform をテンプレートに追加します。

resource "azapi_resource" "symbolicname" {
  type = "Microsoft.TimeSeriesInsights/environments/accessPolicies@2017-11-15"
  name = "string"
  parent_id = "string"
  body = jsonencode({
    properties = {
      description = "string"
      principalObjectId = "string"
      roles = [
        "string"
      ]
    }
  })
}

プロパティの値

environments/accessPolicies

名前 説明
type リソースの種類 "Microsoft.TimeSeriesInsights/environments/accessPolicies@2017-11-15"
name リソース名 string (必須)

文字数制限: 1 から 90

有効な文字:
次は使用できません:
`'<>%&:\?/#` または制御文字
parent_id このリソースの親であるリソースの ID。 種類のリソースの ID: 環境
properties AccessPolicyResourceProperties (必須)

AccessPolicyResourceProperties

名前 説明
description アクセス ポリシーの説明。 string
principalObjectId Azure Active Directory のプリンシパルの objectId。 string
roles プリンシパルが環境に割り当てられているロールの一覧。 次のいずれかを含む文字列配列:
"共同作成者"
"Reader"