VM およびアタッチされたリソースの削除

VM を削除する方法によっては、VM リソースのみが削除され、ネットワークとディスク リソースは削除されないことがあります。 VM を削除するときに削除されるその他のリソースに関する既定の設定を変更できます。

VM を作成するときに削除オプションを設定する

  1. ポータルを開きます。

  2. [+ リソースの作成] を選択します。

  3. [リソースの作成] ページの [仮想マシン][作成] を選択します。

  4. [基本] で選択を行い、[Next : Disks >](次へ : ディスク >) を選択します。 [ディスク] タブが開きます。

  5. [ディスク オプション] では、既定で OS ディスクが [Delete with VM](VM と共に削除する) に設定されています。 OS ディスクを削除しない場合は、このチェックボックスをオフにします。 既存の OS ディスクを使用している場合、既定では、VM が削除されたときに OS ディスクはデタッチされます。

    VM が削除されたときにディスクを削除するかどうかを選択するためのチェック ボックスのスクリーンショット。

  6. [データ ディスク] では、既存のデータ ディスクをアタッチするか、新しいディスクを作成して VM にアタッチできます。

    • [新しいディスクを作成し接続する] を選択すると、[新しいディスクの作成] ページが開き、VM を削除するときにディスクを削除するかどうかを選択できます。 VM が削除されたときにデータ ディスクを削除するかどうかを選択するためのチェック ボックスを示すスクリーンショット。

    • [既存のディスクの接続] を選択した場合は、ディスク、LUN、およびVM を削除するときにデータ ディスクを削除するかどうかを選択できます。 VM が削除されたときにデータ ディスクを削除するかどうかを選択するためのチェック ボックスを示すスクリーンショット。

  7. ディスク情報の追加が完了したら、[Next : Networking >](次へ: ネットワーク >) を選択します。 [ネットワーク] タブが開きます。

  8. ページの下の方にある [Delete public IP and NIC when VM is deleted](VM が削除されるさきにパブリック IP と NIC を削除する) を選択します。

    VM が削除されたときにパブリック IP と NIC を削除するかどうかを選択するためのチェック ボックスを示すスクリーンショット。

  9. 選択が完了したら、[確認と作成] を選択します。 [確認と作成] ページが開きます。

  10. VM を削除するときに削除するように選択したリソースを確認できます。

  11. 選択内容に問題がなく、検証に合格したら、[作成] を選択して VM をデプロイします。

既存の VM の削除動作を更新する

VM を削除するときに動作を変更できます。

次の例では、ディスクを再利用できるように削除オプションを detach に設定します。

az resource update --resource-group myResourceGroup --name myVM --resource-type virtualMachines --namespace Microsoft.Compute --set properties.storageProfile.osDisk.deleteOption=detach

VM の強制削除

強制削除では、仮想マシンを強制的に削除できます。削除の待ち時間が短縮され、アタッチされているリソースがすぐに解放されます。 グレースフル シャットダウンを必要としない VM の場合、強制削除の目的は、正常なシャットダウンとクリーンアップ操作の一部をバイパスして、VM から論理リソースを解放しながら、できるだけ早く VM を削除することです。 強制削除では、VM に関連付けられている MAC アドレスはすぐには解放されません。これは、解放まで最大 10 分かかる物理リソースであるためです。 新しい VM で MAC アドレスをすぐに再利用する必要がある場合、強制削除は推奨されません。 強制削除は、仮想ハード ディスクを再利用する予定がない場合にのみ使用してください。 強制削除は、ポータル、CLI、PowerShell、REST API から使用できます。

既存の VM を削除すると、削除ウィンドウに強制削除を適用するオプションが表示されます。

  1. ポータルを開きます。
  2. 仮想マシンに移動します。
  3. [概要] ページで [削除] を選択します。
  4. [仮想マシンの削除] ウィンドウで [強制削除の適用] のチェックボックスを選択します。
  5. [OK] を選択します。

スケール セットの強制削除

強制削除を使用すると、均一仮想マシン スケール セットを強制的に削除できます。これにより、削除の待ち時間が短縮され、接続されているリソースがすぐに解放されます。 . 強制削除では、VM に関連付けられている MAC アドレスはすぐには解放されません。これは、解放まで最大 10 分かかる物理リソースであるためです。 新しい VM で MAC アドレスをすぐに再利用する必要がある場合、強制削除は推奨されません。 強制削除は、仮想ハード ディスクを再利用する予定がない場合にのみ使用してください。 強制削除は、ポータル、CLI、PowerShell、REST API から使用できます。

既存のスケール セットを削除するために移動すると、削除ペインに強制削除を適用するオプションが表示されます。

  1. ポータルを開きます。
  2. 仮想マシン スケール セットに移動します。
  3. [概要] ページで [削除] を選択します。
  4. [仮想マシン スケール セットの削除] ペインで [強制削除の適用] のチェックボックスをオンにします。
  5. [OK] を選択します。

よく寄せられる質問

Q: この機能は共有ディスクで動作しますか?

A: 共有ディスクの場合は、'deleteOption' プロパティを 'Delete' に設定できません。 空白のままにするか、'Detach' に設定することができます

Q: この機能をサポートする Azure リソースは何ですか?

A: この機能は、OS ディスク、データディスク、NIC、パブリック IP として使用されるすべてのマネージド ディスクの種類でサポートされています。

Q: VM に関連付けられていないディスクと NIC でこの機能を使用できますか?

A: いいえ。この機能は、VM に関連付けられているディスクと NIC でのみ使用できます。

Q: この機能はフレキシブル仮想マシン スケール セットでどのように動作しますか?

A: フレキシブル仮想マシン スケール セットでは、ディスク、NIC、パブリック IP の deleteOption が既定で Delete に設定されているため、VM が削除されると、これらのリソースは自動的にクリーンアップされます。

明示的に作成されて VM にアタッチされたデータ ディスクの場合、VM が削除された後もディスクを保持する場合は、このプロパティを 'Delete' ではなく 'Detach' に変更できます。

Q: スポット VM はこの機能をサポートしていますか?

A: はい。オンデマンドの VM の場合と同じように、この機能をスポット VM に使用することができます。

Q: VM に関連付けられているディスク、NIC、パブリック IP を保持するにはどうすればよいですか?

A: 既定では、VM に関連付けられているディスク、NIC、パブリック IP は、VM が削除されたときに保持されます。 これらのリソースを自動的に削除するように構成している場合は、VM が削除された後もリソースが保持されるように設定を更新できます。 これらのリソースを保持するには、deleteOption プロパティを Detach に設定します。

次のステップ

基本的な VM 管理の詳細については、「チュートリアル: Azure CLI を使用した Linux VM の作成と管理」を参照してください。