クラシックから Azure Resource Manager に IaaS リソースを移行するためのコミュニティ ツール

適用対象: ✔️ Linux VM ✔️ Windows VM

重要

現在、IaaS VM の約 90% で Azure Resource Manager が使用されています。 2020 年 2 月 28 日の時点で、クラシック VM は非推奨とされており、2023 年 3 月 1 日に完全に廃止されます。 この非推奨の詳細およびそれが与える影響について確認してください。

この記事には、クラシック デプロイ モデルから Azure Resource Manager デプロイ モデルに IaaS リソースの移行するのを支援するコミュニティ提供ツールが掲載されています。

注意

Microsoft サポートは これらのツールを正式にサポートしていません。 そのため、PowerShell スクリプトは GitHub でオープンソースになっており、修正プログラムや追加シナリオの PR を歓迎しています。 問題をレポートするには、GitHub の問題の機能を使用します。

これらのツールによる移行でクラシック仮想マシンにダウンタイムが発生します。 プラットフォームでサポートされている移行については、次を参照してください。

AsmMetadataParser

これは、Azure Service Management から Azure Resource Manager へのエンタープライズ移行の一環として作成されたヘルパー ツールのコレクションです。 このツールでは、実稼働のサブスクリプションの移行を実行する前に、移行をテストしあらゆる問題の解決に使用できる別のサブスクリプションにお客様のインフラストラクチャをレプリケートすることができます。

ツールのドキュメントへのリンク

migAz

migAz は、クラシック IaaS リソースの完全なセットを Azure Resource Manager の IaaS リソースに移行するための追加オプションです。 移行は、同じサブスクリプション内、または別のサブスクリプションとサブスクリプションの種類 (例: CSP サブスクリプション) の間で発生する可能性があります。

次の手順