試験再受験ポリシー

Microsoft 認定資格試験の再受験についての基本方針

  • 不合格となった場合は、再受験まで 24 時間待つ必要があります。
  • 2 回目で合格しなかった場合は、3 回目の再受験まで 14 日以上待つ必要があります。
  • 3 回目と 4 回目の再受験、および 4 回目と 5 回目の再受験の間にも、14 日間の待機期間が設けられています。
  • ある特定の試験を、1 回目の受験から 12 か月以内に 6 回以上受けることはできません。 1 回目の受験日から起算して 12 か月後に、再び試験を受けることができます。
  • 認定資格の有効期限が切れていない限り、合格した試験を再受験することはできません。
  • 試験を再受験するには、料金を支払う必要があります (該当する場合)。

待機期間内に試験の再受験のリクエストを送信する

試験中にインターネット接続の問題や機器の故障が発生した場合は、再受験ポリシーの例外をリクエストできます。 試験の失敗が、受験者の準備、知識、スキル、または能力の不足が原因である場合、再受験の例外は認められません

リクエストを WWLExamEscalations@microsoft.com に送信してください。 リクエストには、次の項目を記入する必要があります。

  • 姓と名
  • 受験者 ID
  • 受験者 ID に関連付けられたメール
  • 試験登録 ID
  • 試験番号
  • エラーの説明
  • ピアソン VUE ケース番号

この情報のいずれかが不足している場合、再受験の例外要求は拒否されます。

Microsoft Certified Educator (MCE) 資格試験の再受験ポリシー

  • 1 回目で Microsoft Certified Educator (MCE) 資格試験に合格しなかった場合は、再受験まで 24 時間待つ必要があります。
  • 2 回目で合格しなかった場合は、3 回目の再受験まで 7 日以上待つ必要があります。
  • 3 回目と 4 回目の再受験、および 4 回目と 5 回目の再受験の間にも、7 日間の待機期間が設けられています。
  • ある特定の試験を、1 回目の受験から 12 か月以内に 6 回以上受けることはできません。 1 回目の受験日から起算して 12 か月後に、再び試験を受けることができます。
  • 認定資格の有効期限が切れていない限り、合格した試験を再受験することはできません。

Microsoft Office Specialist (MOS) 資格試験の再受験ポリシー

  • 1 回目で Microsoft Office Specialist (MOS) 資格試験に合格しない場合は、24 時間待ってから再受験する必要があります。
  • 2 回目で合格しなかった場合は、3 回目の再受験まで 2 日 (48 時間) 待つ必要があります。
  • その後の各試験の再受験の間に 2 日間の待機期間が適用されます。
  • 同じ試験の試行回数に年間制限はありません。
  • Office 試験に合格した場合でも、もう一度受けることができます。

ベータ試験の再受験ポリシー

  • ベータ試験はベータ期間中に一回しか受験できない場合はあります。 ベータ試験 (ベータ期間終了後に判定) に合格した場合は、その認定資格を取得するための要件が満たされます。 ベータ試験で不合格になっても、その試験が一般公開された後に再受験することができます。 試験が一般公開された後に不合格になった場合、上記の再受験ポリシー全般が以降のすべての再受験に適用されます。
  • このポリシーは、全般的な再受験ポリシーよりも優先されます。