次の方法で共有


az acr manifest

このコマンド グループはプレビュー段階であり、開発中です。 参照レベルとサポート レベル: https://aka.ms/CLI_refstatus

Azure Container Registries で成果物マニフェストを管理します。

コマンド

名前 説明 Status
az acr manifest delete

Azure Container Registry 内のマニフェストを削除します。

コア プレビュー
az acr manifest list

Azure Container Registry のリポジトリ内のマニフェストを一覧表示します。

コア プレビュー
az acr manifest list-deleted

Azure Container Registry のリポジトリ内の論理的に削除されたマニフェストを一覧表示します。

コア プレビュー
az acr manifest list-deleted-tags

Azure Container Registry のリポジトリで論理的に削除されたタグを一覧表示します。

コア プレビュー
az acr manifest list-metadata

Azure Container Registry のリポジトリ内のマニフェストのメタデータを一覧表示します。

コア プレビュー
az acr manifest list-referrers

Azure Container Registry のマニフェストの参照元を一覧表示します。

コア プレビュー
az acr manifest metadata

Azure Container Registries でアーティファクト マニフェストメタデータを管理します。

コア プレビューと非推奨
az acr manifest metadata list

Azure Container Registry のリポジトリ内のマニフェストのメタデータを一覧表示します。

コア プレビューと非推奨
az acr manifest metadata show

Azure Container Registry 内の成果物のメタデータを取得します。

コア プレビューと非推奨
az acr manifest metadata update

Azure Container Registry 内の成果物のマニフェスト メタデータを更新します。

コア プレビューと非推奨
az acr manifest restore

論理的に削除された成果物とタグを Azure Container Registry に復元します。

コア プレビュー
az acr manifest show

Azure Container Registry でマニフェストを取得します。

コア プレビュー
az acr manifest show-metadata

Azure Container Registry 内の成果物のメタデータを取得します。

コア プレビュー
az acr manifest update-metadata

Azure Container Registry 内の成果物のマニフェスト メタデータを更新します。

コア プレビュー

az acr manifest delete

プレビュー

コマンド グループ 'acr manifest' はプレビュー段階であり、開発中です。 参照レベルとサポート レベル: https://aka.ms/CLI_refstatus

Azure Container Registry 内のマニフェストを削除します。

az acr manifest delete [--name]
                       [--password]
                       [--registry]
                       [--suffix]
                       [--username]
                       [--yes]
                       [<MANIFEST_ID>]

成果物 'hello-world:latest' のマニフェストを削除します。

az acr manifest delete -r myregistry -n hello-world:latest

成果物 'hello-world:latest' のマニフェストを削除します。

az acr manifest delete myregistry.azurecr.io/hello-world:latest

ダイジェスト 'hello-world@sha256:abc123' によって参照される成果物のマニフェストを削除します。

az acr manifest delete -r myregistry -n hello-world@sha256:abc123

省略可能のパラメーター

--name -n

成果物の名前。 'name:tag' 形式のタグまたは 'name@digest' 形式のダイジェストを含めることができます。

--password -p

コンテナー レジストリへのログインに使用するパスワード。

--registry -r

コンテナー レジストリの名前。 を使用して、既定のレジストリ名を az configure --defaults acr=<registry name>構成できます。

--suffix

レジストリ ログイン サーバーのテナント サフィックス。 レジストリ ログイン サーバーの形式が 'registry-tenant.azurecr.io' の場合は、'--suffix tenant' を指定できます。 別のサブスクリプションからレジストリにアクセスしている場合、またはイメージにアクセスするアクセス許可を持っているが、レジストリ リソースを管理するアクセス許可がない場合に適用されます。

--username -u

コンテナー レジストリへのログインに使用するユーザー名。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

既定値: False
<MANIFEST_ID>

'myregistry.azurecr.io/hello-world:latest' などの完全修飾マニフェスト指定子。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az acr manifest list

プレビュー

コマンド グループ 'acr manifest' はプレビュー段階であり、開発中です。 参照レベルとサポート レベル: https://aka.ms/CLI_refstatus

Azure Container Registry のリポジトリ内のマニフェストを一覧表示します。

az acr manifest list [--name]
                     [--orderby {time_asc, time_desc}]
                     [--password]
                     [--registry]
                     [--suffix]
                     [--top]
                     [--username]
                     [<REPO_ID>]

リポジトリ 'hello-world' のマニフェストを一覧表示します。

az acr manifest list -r myregistry -n hello-world

リポジトリ 'hello-world' のマニフェストを一覧表示します。

az acr manifest list myregistry.azurecr.io/hello-world

省略可能のパラメーター

--name -n

リポジトリの名前。

--orderby

結果内の項目を並べ替えます。 既定では、名前のアルファベット順です。

承認された値: time_asc, time_desc
--password -p

コンテナー レジストリへのログインに使用するパスワード。

--registry -r

コンテナー レジストリの名前。 を使用して、既定のレジストリ名を az configure --defaults acr=<registry name>構成できます。

--suffix

レジストリ ログイン サーバーのテナント サフィックス。 レジストリ ログイン サーバーの形式が 'registry-tenant.azurecr.io' の場合は、'--suffix tenant' を指定できます。 別のサブスクリプションからレジストリにアクセスしている場合、またはイメージにアクセスするアクセス許可を持っているが、レジストリ リソースを管理するアクセス許可がない場合に適用されます。

--top

結果の項目数を制限します。

--username -u

コンテナー レジストリへのログインに使用するユーザー名。

<REPO_ID>

'myregistry.azurecr.io/hello-world' などの完全修飾リポジトリ指定子。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az acr manifest list-deleted

プレビュー

コマンド グループ 'acr manifest' はプレビュー段階であり、開発中です。 参照レベルとサポート レベル: https://aka.ms/CLI_refstatus

Azure Container Registry のリポジトリ内の論理的に削除されたマニフェストを一覧表示します。

az acr manifest list-deleted [--name]
                             [--password]
                             [--registry]
                             [--suffix]
                             [--username]
                             [<REPO_ID>]

リポジトリ 'hello-world' の論理的に削除されたマニフェストを一覧表示します。

az acr manifest list-deleted -r myregistry -n hello-world

リポジトリ 'hello-world' の論理的に削除されたマニフェストを一覧表示します。

az acr manifest list-deleted myregistry.azurecr.io/hello-world

省略可能のパラメーター

--name -n

リポジトリの名前。

--password -p

コンテナー レジストリへのログインに使用するパスワード。

--registry -r

コンテナー レジストリの名前。 を使用して、既定のレジストリ名を az configure --defaults acr=<registry name>構成できます。

--suffix

レジストリ ログイン サーバーのテナント サフィックス。 レジストリ ログイン サーバーの形式が 'registry-tenant.azurecr.io' の場合は、'--suffix tenant' を指定できます。 別のサブスクリプションからレジストリにアクセスしている場合、またはイメージにアクセスするアクセス許可を持っているが、レジストリ リソースを管理するアクセス許可がない場合に適用されます。

--username -u

コンテナー レジストリへのログインに使用するユーザー名。

<REPO_ID>

'myregistry.azurecr.io/hello-world' などの完全修飾リポジトリ指定子。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az acr manifest list-deleted-tags

プレビュー

コマンド グループ 'acr manifest' はプレビュー段階であり、開発中です。 参照レベルとサポート レベル: https://aka.ms/CLI_refstatus

Azure Container Registry のリポジトリで論理的に削除されたタグを一覧表示します。

az acr manifest list-deleted-tags [--name]
                                  [--password]
                                  [--registry]
                                  [--suffix]
                                  [--username]
                                  [<PERM_REPO_ID>]

リポジトリ 'hello-world' 内の論理的に削除されたタグを一覧表示します。

az acr manifest list-deleted-tags -r myregistry -n hello-world

リポジトリ 'hello-world' 内の論理的に削除されたタグを一覧表示します。

az acr manifest list-deleted-tags myregistry.azurecr.io/hello-world

リポジトリ 'hello-world' のタグ 'latest' に一致する論理的に削除されたタグを一覧表示します。

az acr manifest list-deleted-tags -r myregistry -n hello-world:latest

リポジトリ 'hello-world' のタグ 'latest' に一致する論理的に削除されたタグを一覧表示します。

az acr manifest list-deleted-tags myregistry.azurecr.io/hello-world:latest

省略可能のパラメーター

--name -n

リポジトリの名前。 'name:tag' という形式のタグを含めることができます。

--password -p

コンテナー レジストリへのログインに使用するパスワード。

--registry -r

コンテナー レジストリの名前。 を使用して、既定のレジストリ名を az configure --defaults acr=<registry name>構成できます。

--suffix

レジストリ ログイン サーバーのテナント サフィックス。 レジストリ ログイン サーバーの形式が 'registry-tenant.azurecr.io' の場合は、'--suffix tenant' を指定できます。 別のサブスクリプションからレジストリにアクセスしている場合、またはイメージにアクセスするアクセス許可を持っているが、レジストリ リソースを管理するアクセス許可がない場合に適用されます。

--username -u

コンテナー レジストリへのログインに使用するユーザー名。

<PERM_REPO_ID>

'myregistry.azurecr.io/hello-world' などの完全修飾リポジトリ指定子。 myregistry.azurecr.io/hello-world:latest などのタグを含めることができます。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az acr manifest list-metadata

プレビュー

コマンド グループ 'acr manifest' はプレビュー段階であり、開発中です。 参照レベルとサポート レベル: https://aka.ms/CLI_refstatus

Azure Container Registry のリポジトリ内のマニフェストのメタデータを一覧表示します。

az acr manifest list-metadata [--name]
                              [--orderby {time_asc, time_desc}]
                              [--password]
                              [--registry]
                              [--suffix]
                              [--top]
                              [--username]
                              [<REPO_ID>]

リポジトリ 'hello-world' のマニフェストのメタデータを一覧表示します。

az acr manifest list-metadata -r myregistry -n hello-world

リポジトリ 'hello-world' のマニフェストのメタデータを一覧表示します。

az acr manifest list-metadata myregistry.azurecr.io/hello-world

省略可能のパラメーター

--name -n

リポジトリの名前。

--orderby

結果内の項目を並べ替えます。 既定では、名前のアルファベット順です。

承認された値: time_asc, time_desc
--password -p

コンテナー レジストリへのログインに使用するパスワード。

--registry -r

コンテナー レジストリの名前。 を使用して、既定のレジストリ名を az configure --defaults acr=<registry name>構成できます。

--suffix

レジストリ ログイン サーバーのテナント サフィックス。 レジストリ ログイン サーバーの形式が 'registry-tenant.azurecr.io' の場合は、'--suffix tenant' を指定できます。 別のサブスクリプションからレジストリにアクセスしている場合、またはイメージにアクセスするアクセス許可を持っているが、レジストリ リソースを管理するアクセス許可がない場合に適用されます。

--top

結果の項目数を制限します。

--username -u

コンテナー レジストリへのログインに使用するユーザー名。

<REPO_ID>

'myregistry.azurecr.io/hello-world' などの完全修飾リポジトリ指定子。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az acr manifest list-referrers

プレビュー

コマンド グループ 'acr manifest' はプレビュー段階であり、開発中です。 参照レベルとサポート レベル: https://aka.ms/CLI_refstatus

Azure Container Registry のマニフェストの参照元を一覧表示します。

az acr manifest list-referrers [--artifact-type]
                               [--name]
                               [--password]
                               [--recursive]
                               [--registry]
                               [--suffix]
                               [--username]
                               [<MANIFEST_ID>]

成果物 'hello-world:latest' のマニフェストの参照元を一覧表示します。

az acr manifest list-referrers -r myregistry -n hello-world:latest

成果物 'hello-world:latest' のマニフェストの参照元を一覧表示します。

az acr manifest list-referrers myregistry.azurecr.io/hello-world:latest

ダイジェスト 'hello-world@sha256:abc123' によって参照される成果物のマニフェストの参照元を一覧表示します。

az acr manifest list-referrers -r myregistry -n hello-world@sha256:abc123

省略可能のパラメーター

--artifact-type

成果物の種類に基づいて参照元をフィルター処理します。

--name -n

成果物の名前。 'name:tag' 形式のタグまたは 'name@digest' 形式のダイジェストを含めることができます。

--password -p

コンテナー レジストリへのログインに使用するパスワード。

--recursive

参照元成果物を再帰的に含めます。

既定値: False
--registry -r

コンテナー レジストリの名前。 を使用して、既定のレジストリ名を az configure --defaults acr=<registry name>構成できます。

--suffix

レジストリ ログイン サーバーのテナント サフィックス。 レジストリ ログイン サーバーの形式が 'registry-tenant.azurecr.io' の場合は、'--suffix tenant' を指定できます。 別のサブスクリプションからレジストリにアクセスしている場合、またはイメージにアクセスするアクセス許可を持っているが、レジストリ リソースを管理するアクセス許可がない場合に適用されます。

--username -u

コンテナー レジストリへのログインに使用するユーザー名。

<MANIFEST_ID>

'myregistry.azurecr.io/hello-world:latest' などの完全修飾マニフェスト指定子。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az acr manifest restore

プレビュー

コマンド グループ 'acr manifest' はプレビュー段階であり、開発中です。 参照レベルとサポート レベル: https://aka.ms/CLI_refstatus

論理的に削除された成果物とタグを Azure Container Registry に復元します。

az acr manifest restore [--digest]
                        [--force]
                        [--name]
                        [--password]
                        [--registry]
                        [--suffix]
                        [--username]
                        [--yes]
                        [<MANIFEST_ID>]

リポジトリ 'hello-world' のタグ 'latest' を使用して、マニフェスト一致ダイジェスト 'sha256:abc123' を復元します。

az acr manifest restore -r myregistry -n hello-world:latest -d sha256:abc123

リポジトリ 'hello-world' のタグ 'latest' を使用して、マニフェスト一致ダイジェスト 'sha256:abc123' を復元します。

az acr manifest restore myregistry.azurecr.io/hello-world:latest -d sha256:abc123

リポジトリ 'hello-world' のタグ 'latest' に関連付けられている最後に削除されたマニフェストを復元します。

az acr manifest restore -r myregistry -n hello-world:latest

リポジトリ 'hello-world' のタグ 'latest' に関連付けられている最後に削除されたマニフェストを復元します。

az acr manifest restore myregistry.azurecr.io/hello-world:latest

省略可能のパラメーター

--digest -d

"sha256@abc123" などのマニフェストのダイジェスト。

--force -f

既存のタグを上書きします。

既定値: False
--name -n

成果物の名前。 'name:tag' という形式のタグを含めることができます。

--password -p

コンテナー レジストリへのログインに使用するパスワード。

--registry -r

コンテナー レジストリの名前。 を使用して、既定のレジストリ名を az configure --defaults acr=<registry name>構成できます。

--suffix

レジストリ ログイン サーバーのテナント サフィックス。 レジストリ ログイン サーバーの形式が 'registry-tenant.azurecr.io' の場合は、'--suffix tenant' を指定できます。 別のサブスクリプションからレジストリにアクセスしている場合、またはイメージにアクセスするアクセス許可を持っているが、レジストリ リソースを管理するアクセス許可がない場合に適用されます。

--username -u

コンテナー レジストリへのログインに使用するユーザー名。

--yes -y

確認のダイアログを表示しません。

既定値: False
<MANIFEST_ID>

'myregistry.azurecr.io/hello-world:latest' などの完全修飾マニフェスト指定子。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az acr manifest show

プレビュー

コマンド グループ 'acr manifest' はプレビュー段階であり、開発中です。 参照レベルとサポート レベル: https://aka.ms/CLI_refstatus

Azure Container Registry でマニフェストを取得します。

az acr manifest show [--name]
                     [--password]
                     [--raw]
                     [--registry]
                     [--suffix]
                     [--username]
                     [<MANIFEST_ID>]

成果物 'hello-world:latest' のマニフェストを取得します。

az acr manifest show -r myregistry -n hello-world:latest

成果物 'hello-world:latest' のマニフェストを取得します。

az acr manifest show myregistry.azurecr.io/hello-world:latest

ダイジェスト 'hello-world@sha256:abc123' によって参照される成果物のマニフェストを取得します。

az acr manifest show -r myregistry -n hello-world@sha256:abc123

アーティファクト 'hello-world:latest' の未フォーマットの未フォーマットのマニフェストを取得します。

az acr manifest show -r myregistry -n hello-world:latest --raw

省略可能のパラメーター

--name -n

成果物の名前。 'name:tag' 形式のタグまたは 'name@digest' 形式のダイジェストを含めることができます。

--password -p

コンテナー レジストリへのログインに使用するパスワード。

--raw

書式設定なしで生のマニフェスト テキストを出力します。

--registry -r

コンテナー レジストリの名前。 を使用して、既定のレジストリ名を az configure --defaults acr=<registry name>構成できます。

--suffix

レジストリ ログイン サーバーのテナント サフィックス。 レジストリ ログイン サーバーの形式が 'registry-tenant.azurecr.io' の場合は、'--suffix tenant' を指定できます。 別のサブスクリプションからレジストリにアクセスしている場合、またはイメージにアクセスするアクセス許可を持っているが、レジストリ リソースを管理するアクセス許可がない場合に適用されます。

--username -u

コンテナー レジストリへのログインに使用するユーザー名。

<MANIFEST_ID>

'myregistry.azurecr.io/hello-world:latest' などの完全修飾マニフェスト指定子。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az acr manifest show-metadata

プレビュー

コマンド グループ 'acr manifest' はプレビュー段階であり、開発中です。 参照レベルとサポート レベル: https://aka.ms/CLI_refstatus

Azure Container Registry 内の成果物のメタデータを取得します。

az acr manifest show-metadata [--name]
                              [--password]
                              [--registry]
                              [--suffix]
                              [--username]
                              [<MANIFEST_ID>]

タグ 'hello-world:latest' のメタデータを取得します。

az acr manifest show-metadata -r myregistry -n hello-world:latest

タグ 'hello-world:latest' のメタデータを取得します。

az acr manifest show-metadata myregistry.azurecr.io/hello-world:latest

ダイジェスト 'hello-world@sha256:abc123' によって参照されるマニフェストのメタデータを取得します。

az acr manifest show-metadata -r myregistry -n hello-world@sha256:abc123

省略可能のパラメーター

--name -n

成果物の名前。 'name:tag' 形式のタグまたは 'name@digest' 形式のダイジェストを含めることができます。

--password -p

コンテナー レジストリへのログインに使用するパスワード。

--registry -r

コンテナー レジストリの名前。 を使用して、既定のレジストリ名を az configure --defaults acr=<registry name>構成できます。

--suffix

レジストリ ログイン サーバーのテナント サフィックス。 レジストリ ログイン サーバーの形式が 'registry-tenant.azurecr.io' の場合は、'--suffix tenant' を指定できます。 別のサブスクリプションからレジストリにアクセスしている場合、またはイメージにアクセスするアクセス許可を持っているが、レジストリ リソースを管理するアクセス許可がない場合に適用されます。

--username -u

コンテナー レジストリへのログインに使用するユーザー名。

<MANIFEST_ID>

'myregistry.azurecr.io/hello-world:latest' などの完全修飾マニフェスト指定子。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。

az acr manifest update-metadata

プレビュー

コマンド グループ 'acr manifest' はプレビュー段階であり、開発中です。 参照レベルとサポート レベル: https://aka.ms/CLI_refstatus

Azure Container Registry 内の成果物のマニフェスト メタデータを更新します。

az acr manifest update-metadata [--delete-enabled {false, true}]
                                [--list-enabled {false, true}]
                                [--name]
                                [--password]
                                [--read-enabled {false, true}]
                                [--registry]
                                [--suffix]
                                [--username]
                                [--write-enabled {false, true}]
                                [<MANIFEST_ID>]

タグ 'hello-world:latest' のメタデータを更新します。

az acr manifest update-metadata -r myregistry -n hello-world:latest --write-enabled false

タグ 'hello-world:latest' のメタデータを更新します。

az acr manifest update-metadata myregistry.azurecr.io/hello-world:latest --write-enabled false

ダイジェスト 'hello-world@sha256:abc123' によって参照される成果物のメタデータを更新します。

az acr manifest update-metadata -r myregistry -n hello-world@sha256:abc123 --write-enabled false

省略可能のパラメーター

--delete-enabled

削除操作が許可されているかどうかを示します。

承認された値: false, true
--list-enabled

この項目がリスト操作の結果に表示されるかどうかを示します。

承認された値: false, true
--name -n

成果物の名前。 'name:tag' 形式のタグまたは 'name@digest' 形式のダイジェストを含めることができます。

--password -p

コンテナー レジストリへのログインに使用するパスワード。

--read-enabled

読み取り操作が許可されているかどうかを示します。

承認された値: false, true
--registry -r

コンテナー レジストリの名前。 を使用して、既定のレジストリ名を az configure --defaults acr=<registry name>構成できます。

--suffix

レジストリ ログイン サーバーのテナント サフィックス。 レジストリ ログイン サーバーの形式が 'registry-tenant.azurecr.io' の場合は、'--suffix tenant' を指定できます。 別のサブスクリプションからレジストリにアクセスしている場合、またはイメージにアクセスするアクセス許可を持っているが、レジストリ リソースを管理するアクセス許可がない場合に適用されます。

--username -u

コンテナー レジストリへのログインに使用するユーザー名。

--write-enabled

書き込み操作または削除操作が許可されているかどうかを示します。

承認された値: false, true
<MANIFEST_ID>

'myregistry.azurecr.io/hello-world:latest' などの完全修飾マニフェスト指定子。

グローバル パラメーター
--debug

すべてのデバッグ ログを表示するようにログの詳細レベルを上げます。

--help -h

このヘルプ メッセージを表示して終了します。

--only-show-errors

エラーのみを表示し、警告は抑制します。

--output -o

出力形式。

承認された値: json, jsonc, none, table, tsv, yaml, yamlc
既定値: json
--query

JMESPath クエリ文字列。 詳細と例については、http://jmespath.org/ をご覧ください。

--subscription

サブスクリプションの名前または ID。 az account set -s NAME_OR_ID を使用して、既定のサブスクリプションを構成できます。

--verbose

ログの詳細レベルを上げます。 詳細なデバッグ ログを表示するには --debug を使います。