Share via


Copilot Windows の場合

Copilot Windows では、Windows エクスペリエンスに AI が追加されます。AI を活用 Copilot した組み込みは、ユーザーが回答を見つけて作業を行うのに役立ちます。 Windows は、商用データ保護をサポートする追加の Copilot エントリ ポイントとして、Bingと Microsoft Edge に参加します。 Web 上の長い記事をすばやく理解し、コンテンツを作成して磨き、見事な画像を作成する機能など、同じ Copilot 保護と機能を Windows エクスペリエンス内で直接取得できます。

Windows での Copilot 商用データ保護

Copilot Windows では、Bingまたは Microsoft Edge を介してアクセスされたときと同じ商用データ保護 Copilot を共有します。 の Copilot商用データ保護の詳細については、を参照してください Copilot Privacy and Protections

Windows での商用データ保護を Copilot 有効にする

Windows で商用データ保護で使用 Copilot するには:

  • ユーザーは適格なライセンスを持ち、商用データ保護が Copilot 有効になっている必要があります。
  • ユーザーは、Microsoft Entra ID (職場アカウント) でサインインする必要があります。
    • ユーザーは自分のMicrosoft Entra IDを使用して Windows にサインインできます
    • Windows 11の Active Directory ユーザーの場合は、Web アカウント マネージャー (WAM) 認証ブローカーのMicrosoft Entra IDを使用できます。 Microsoft Entra Microsoft Edge プロファイルとMicrosoft 365 Appsで使用される ID はどちらも WAM にあります。
  • Windows タスク バーから Windows で Copilot を開いてアクセス Copilot します。

Copilot 統合を示すスクリーンショット。

Windows で管理 Copilot する

Windows で商用データ保護を確保 Copilot するには、資格のあるユーザーに対して Copilot サービス プランを有効にする必要があります。 個々のユーザーの商用データ保護を管理する方法については、こちらをご覧ください。 Manage Copilot

Windows で管理Copilotするために、管理者はポリシー、グループ ポリシー、またはMicrosoft 365 管理 センター Microsoft Intune使用できます。 「 Windows で Copilot を管理する」のドキュメントを参照してください。