Office のバージョンと Microsoft 365 サービスへの接続

次の表に、Microsoft 365 サービスへの接続でサポートされている Office バージョンを示します。 たとえば、Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for Businessへの接続などです。

Office のバージョン この日付までの接続でサポートされます
Microsoft 365 Apps サポートされているバージョンを使用している限り サポートされます
Office LTSC 2021 2026 年 10 月 13 日
Office 2019 2023 年 10 月 10 日
Office 2016 2023 年 10 月 10 日

注:

2017 年 4 月のブログ投稿で述べたように、メインストリーム サポートの永続的な Office バージョンのみが、Microsoft 365 サービスに接続するためにサポートされています。 Office 2016 はメインストリーム サポートではなくなりましたが、 2018 年 9 月のブログ記事で述べたように、2023 年 10 月まで例外が発生しました。

Microsoft 365 サービスへの接続でサポートされていない古い Office バージョン

表に記載されていない古いバージョンの Office は、引き続き Microsoft 365 サービスに接続できますが、その接続はサポートされていません。

実際には、これは、これらの古いバージョンの Office では、Microsoft 365 サービスのすべての最新の機能と機能を使用できない可能性があることを意味します。 さらに、これらの古いバージョンでは、Microsoft 365 サービスの使用中に、他の予期しないパフォーマンスや信頼性の問題が発生する可能性があります。 これは、Microsoft 365 サービスを改善するにつれて、これらの古い Office バージョンを考慮したりテストしたりしていないためです。

古いバージョンの Office が延長サポートを受け、最新の状態に保たれている場合、Microsoft 365 サービスへの接続をブロックするためのアクティブな対策は講じられません。 たとえば、Office 2013 と Service Pack 1 は、2023 年 4 月 11 日まで延長サポートされています。

そのため、Microsoft 365 サービスの使用に最適なエクスペリエンスを提供するために、古いバージョンの Office を、Microsoft 365 サービスに接続するためにサポートされているバージョンに移行することを強くお勧めします。

管理者が使用できるリソースをアップグレードする

古い Office クライアントを、Microsoft 365 Apps for enterpriseなどの Office クライアントのサブスクリプション バージョンにアップグレードすることをお勧めします。 Office クライアントの最新のサブスクリプション バージョンは、常にMicrosoft 365 サービスへの接続をサポートしています。

Microsoft では、Office クライアントのサブスクリプション バージョンへのアップグレードに役立つさまざまなサービスを提供しています。 次の一覧では、使用可能なリソースの例をいくつか示します。

TLS 1.0 および 1.1 の廃止

2020 年 10 月 15 日以降、少なくとも TLS 1.2 を使用して、Microsoft 365 サービスに接続する必要があります。 詳細については、「Microsoft 365 の TLS 1.0 と 1.1 の無効化」および「Office 365および GCC での TLS 1.2 の準備」Office 365参照してください。

Exchange Onlineでの基本認証の非推奨

2023 年 1 月初め、Exchange Onlineの複数のプロトコルに対する基本認証は完全にオフになります。 詳細については、以下のブログ投稿を参照してください。

Skype for Business Online の廃止

Skype for Business Online は 2021 年 7 月 31 日に廃止されました。 詳細については、「Skype for Business Online の廃止」を参照してください。

Outlook for Windows の最小バージョン要件

2021 年 11 月 1 日の時点で、Exchange Onlineなどの Microsoft 365 サービスに接続するために必要な Outlook for Windows の最小バージョンがあります。 詳細については、次のブログ投稿を参照してください。 Microsoft 365 の新しい最小 Outlook for Windows バージョン要件

注:

要件は Outlook for Windows にのみ適用されます。 macOS、iOS、Android などの他のオペレーティング システムでは、Outlook には適用されません。

Microsoft 365 サービスへの接続に関する追加情報

  • Office 2016 for Macを使用したMicrosoft 365 サービスへの接続はサポートされていません。 これは、Office 2016 for Macが 2020 年 10 月 13 日にサポート終了に達したためです。
  • Microsoft 365 サービスへの接続では、次のバージョンの Project がサポートされています。
    • Project Online デスクトップ クライアント (サポートされているバージョンを使用している限り)
    • Project Professional 2021とProject Standard 2021 (2026 年 10 月まで)
    • Project Professional 2019 および Project Standard 2019 (2023 年 10 月まで)
    • Project Professional 2016とProject Standard 2016 (2023 年 10 月まで)
  • Microsoft 365 サービスへの接続では、次のバージョンの Visio がサポートされています。
    • Visio Plan 2 サブスクリプションに付属する Visio デスクトップ アプリ (サポートされているバージョンを使用している限り)
    • Visio LTSC Professional 2021 および Visio LTSC Standard 2021 (2026 年 10 月まで)
    • Visio Professional 2019 および Visio Standard 2019 (2023 年 10 月まで)
    • Visio Professional 2016とVisio Standard 2016 (2023 年 10 月まで)
  • Microsoft 365 サービスへの接続に関するこの情報は、InfoPath 2013 または SharePoint Designer 2013 には適用されません。
  • Windows のさまざまなバージョンの Office のサポート終了日については、 Office 構成サポート マトリックスを参照してください。
  • Office バージョンのサポート終了について説明または詳細については、Microsoft Tech Community Microsoft Office のサポート終了に関するページを参照してください。