Share via


以前のバージョンの Office から Microsoft 365 Apps へのアップグレードを計画する

適用対象:Office 2019、Office 2016、Office 2013、Office 2010、Office 2007 のボリューム ライセンスバージョン

次の表は、以前のバージョンの Office のサポート終了日を示しています。

Office のバージョン サポート終了日
Office 2019 2025 年 10 月 14 日
Office 2016 2025 年 10 月 14 日
Office 2013 2023 年 4 月 11 日
Office 2010 2020 年 10 月 13 日
Office 2007 2017 年 10 月 10 日

この記事では、組織の IT 担当者と Office 管理者が、これらの古いバージョンの Office から Microsoft 365 Apps へのアップグレードを計画するのに役立つ推奨事項、情報、リンクを提供します。 これらの古いバージョンの Office からアップグレードを開始していない場合は、今すぐ開始することをお勧めします。

また、ビジネスおよびエンタープライズのお客様には、クラウド移行のMicrosoft FastTrackなど、Microsoft および Microsoft 認定パートナーによって提供される展開特典を使用することをお勧めします。

注:

サポートが終了するとどうなるのか

Office は、ほぼすべての Microsoft 製品と同様に、バグ修正とセキュリティ修正を提供するサポート ライフサイクルを備えています。 このライフサイクルは、製品の最初のリリースの日付から数年間続きます。 このライフサイクルの終了は、製品のサポート終了と呼ばれます。 Office がサポート終了になると、Microsoft は次のサービスを提供しなくなります。

  • 問題のテクニカル サポート
  • 検出された問題のバグ修正
  • 検出された脆弱性のセキュリティ修正

これらの変更のため、サポートされているバージョンの Office にできるだけ早くアップグレードすることを強くお勧めします。

ヒント

使用できるオプション

以前のバージョンの Office がサポート終了になる前に、オプションを調べて、次のいずれかの最新バージョンの Office へのアップグレード 計画を準備する必要があります。

  • Microsoft 365 Apps、多くの Microsoft 365 (およびOffice 365) のエンタープライズプランとビジネス プランが付属している Office のサブスクリプション バージョンです。

  • Office LTSC 2021 は、ボリューム ライセンス契約を通じて 1 回限りの購入として販売され、ライセンスごとに 1 台のデバイスで使用できます。

Microsoft 365 Appsと Office LTSC 2021 の主な違いは、Microsoft 365 Appsが定期的に更新されることです(多くの場合、毎月、新機能を使用)。 Office LTSC 2021 には、2021 年 9 月にリリースされたときと同じ機能しかありません。

注:

  • Office LTSC 2021 は、機能更新プログラムを受け入れることができない規制対象デバイス、製造現場の制御デバイスの処理、インターネットに接続できない特殊なシステムなど、特定のシナリオ向けに設計されています。
  • 詳細については、「Office LTSC 2021 の概要」を参照してください。

この記事では、Microsoft 365 Appsへのアップグレードに関するガイダンスを提供します。

Microsoft 365とは Microsoft 365 Appsとは

Microsoft 365 (および Office 365) には、Office アプリケーションやその他のクラウド サービス (Teams、Exchange Online、OneDrive など) へのアクセスを含むサブスクリプション プランが用意されています。 詳細については、次のリソースを参照してください。

Microsoft 365 Appsは、これらのエンタープライズおよびビジネス サブスクリプション プランの多くが付属している Office のバージョンです。 Microsoft 365 Appsには、クライアント デバイスにインストールされている Office アプリのフル バージョンが含まれています。 たとえば、Word、PowerPoint、Excel、Outlook、OneNote などです。

ボリューム ライセンスバージョンの Office とは異なり、Microsoft 365 Appsは、ユーザーがライセンスを持つ複数のデバイスに Office をインストールできるようにするユーザーベースのライセンス モデルを提供します。 たとえば、Windows 11 デバイスと Mac の両方とモバイル デバイスの両方にMicrosoft 365 Appsをインストールして使用します。 デバイス ベースのライセンス や、複数のユーザーが共有するデバイスの 共有コンピューターのライセンス認証 、インターネットに長時間接続されていないデバイスの 拡張オフライン アクセス など、その他のオプションを使用できます。

また、office の古いボリューム ライセンスバージョンと比較して、Microsoft 365 Appsの展開、アクティブ化、更新の方法にも違いがあります。 Microsoft 365 Appsの詳細については、次の情報を参照してください。

Microsoft 365 Appsのシステム要件を確認する

Microsoft 365 Appsにアップグレードする前に、クライアント デバイスが最小システム要件を満たしているか超えているか確認します。

さらに、Office サーバーワークロードのシステム要件を確認する必要があります。 詳細については、「Exchange Serverサポートマトリックス」および「Office サーバー製品のシステム要件」を参照してください。

Microsoft 365 の計画

Microsoft 365 Appsには多くのエンタープライズ Microsoft 365 (およびOffice 365) プランが付属しているため、Microsoft 365 Appsへのアップグレードを計画する際には、現在のプランの機能を確認する必要があります。 たとえば、Microsoft 365 Appsをデプロイする前に、すべてのユーザーがアカウントとライセンスを持っていることを確認する必要があります。

詳細については、次のリソースを参照してください。

アプリケーションの互換性を評価する

Microsoft 365 Appsをデプロイする前に、ビジネスクリティカルな VBA マクロ、サードパーティのアドイン、複雑なドキュメントやスプレッドシートをテストして、Microsoft 365 Appsとの互換性を評価する必要があります。 詳細については、「 アプリケーションの互換性を評価する」を参照してください。

Microsoft Configuration Manager (現在のブランチ) を使用する場合は、Microsoft 365 Apps準備ダッシュボードを使用できます。 または、 App Assure プログラムを通じて Microsoft からサポートを受けることができます。

インフラストラクチャと環境を評価する

Microsoft 365 Appsにアップグレードする方法を決定するには、次の領域を含むインフラストラクチャと環境を評価する必要があります。

  • 必要な言語を含む、クライアントの数と分布。
  • オペレーティング システム、モバイル デバイスのサポート、ユーザーのアクセス許可と管理、ソフトウェア配布方法などの IT インフラストラクチャ。
  • インターネットと内部ソフトウェア配布ポイントへの接続を含むネットワーク インフラストラクチャ。
  • 既存の Microsoft 365 (またはOffice 365) 機能、ユーザー ライセンス、ID などのクラウド インフラストラクチャ。

これらのコンポーネントの評価は、アップグレード方法に影響します。 詳細については、「Microsoft 365 Appsをデプロイするための環境と要件を評価する」を参照してください。

Microsoft 365 Appsをデプロイおよび更新する方法を選択する

クラウドから直接、ローカル ネットワーク上のローカル ソースから、またはConfiguration Manager (または別のソフトウェア配布ソリューション) を使用して、Microsoft 365 Appsをデプロイおよび更新できます。 選択するオプションは、環境とビジネス要件によって異なります。 たとえば、クラウドからデプロイする場合、管理オーバーヘッドは最小限に抑えられますが、より多くのネットワーク帯域幅が必要になる可能性があります。 一方、展開にConfiguration Managerまたはローカル ソースを使用する場合は、展開および更新されるデバイスと、それらの更新プログラムのタイミングをより詳細に制御できる場合があります。

詳細については、「Microsoft 365 Appsのエンタープライズ展開を計画する」を参照してください。

新機能を使用して Office を更新する頻度を選択する

Microsoft 365 Appsを使用すると、ユーザーが Office アプリケーションの機能更新プログラムを受け取る頻度を制御できます。 たとえば、新しい機能は、準備ができたらすぐに、月に 1 回、または 6 か月に 1 回取得できます。

詳細については、次のリソースを参照してください。

追加の言語を計画する

言語アクセサリ パックは、基本言語のいずれかでMicrosoft 365 Appsをデプロイした後にインストールできます。 言語アクセサリ パックをインストールするには、次の 2 つの方法があります。

  • ユーザーが自分用の言語アクセサリ パックをダウンロードしてインストールします。
  • Office 展開ツールを使用して、適切な言語アクセサリ パックをユーザーに展開します。

詳細については、「Microsoft 365 Appsの言語のデプロイの概要」を参照してください。

グループ ポリシーの新しいポリシー設定を確認する

Office の新しいバージョンと同様に、グループ ポリシー用の新しい管理テンプレート ファイル (ADMX/ADML) があります。 Microsoft 365 Appsのすべてのポリシー設定は、HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Office\16.0 と HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Office\16.0 にあります。

Microsoft 365 Apps用のグループ ポリシー用の管理用テンプレート ファイル (ADMX/ADML) は、Microsoft ダウンロード センターから無料でダウンロードできます。 ダウンロードには、Microsoft 365 Appsのすべてのポリシー設定を一覧表示する Excel ファイルが含まれています。

注:

Microsoft 365 Apps用の管理用テンプレート ファイル (ADMX/ADML) は、Office 2019 および Office 2016 と同じダウンロードを共有します。 これは、Microsoft 365 Apps、Office 2019、および Office 2016 で同じ製品バージョン番号 16.0 が使用されるためです。

Microsoft 365 Apps for enterpriseがある場合は、Cloud Policy を使用して、ほとんどのユーザー ベースのポリシー設定を適用することもできます。 詳細については、「 Microsoft 365 向けクラウド ポリシー サービスの概要」を参照してください。

アップグレード時に古いバージョンの Office を削除する

デバイスにMicrosoft 365 Appsをインストールする前に、以前のバージョンの Office をアンインストールすることをお勧めします。 これらの古いバージョンの Office は、Microsoft 365 Appsのインストールと同時に削除できます。

詳細については、「Microsoft 365 Appsにアップグレードするときに Office の既存の MSI バージョンを削除する」を参照してください。

Project と Visio の新しいバージョンへのアップグレード

Project と Visio のデスクトップ バージョンでは、これらのバージョンの Office スイートと同じサポート終了日が共有されます。 たとえば、Project 2013 のサポートは 2023 年 4 月 11 日に終了し、Visio 2016 のサポートは 2025 年 10 月 14 日に終了します。

Project と Visio のサブスクリプション プランを利用でき、定期的な機能更新プログラムが含まれています。 これらのプランは、Microsoft 365 Appsを含むプランとは別に販売されます。 詳細については、次のリソースを参照してください。

最新のボリューム ライセンス バージョンは Project 2021 と Visio LTSC 2021 です。 これらのバージョンは 2021 年 9 月にリリースされ、通常の機能更新プログラムを受け取りません。

詳細については、次の記事を参照してください。