TaskItems2.Add メソッド

定義

に新しいタスク項目を追加し TaskList ます。

EnvDTE::TaskItem Add(std::wstring const & Category, std::wstring const & SubCategory, std::wstring const & Description, EnvDTE::vsTaskPriority Priority = EnvDTE.vsTaskPriority.vsTaskPriorityMedium, winrt::Windows::Foundation::IInspectable const & Icon, bool Checkable = false, std::wstring const & File = "", int Line = -1, bool CanUserDelete = true, bool FlushItem = true);
[System.Runtime.InteropServices.DispId(4)]
public EnvDTE.TaskItem Add (string Category, string SubCategory, string Description, EnvDTE.vsTaskPriority Priority = EnvDTE.vsTaskPriority.vsTaskPriorityMedium, object Icon, bool Checkable = false, string File = "", int Line = -1, bool CanUserDelete = true, bool FlushItem = true);
[<System.Runtime.InteropServices.DispId(4)>]
abstract member Add : string * string * string * EnvDTE.vsTaskPriority * obj * bool * string * int * bool * bool -> EnvDTE.TaskItem
Public Function Add (Category As String, SubCategory As String, Description As String, Optional Priority As vsTaskPriority = EnvDTE.vsTaskPriority.vsTaskPriorityMedium, Optional Icon As Object, Optional Checkable As Boolean = false, Optional File As String = "", Optional Line As Integer = -1, Optional CanUserDelete As Boolean = true, Optional FlushItem As Boolean = true) As TaskItem

パラメーター

Category
String

必須。 タスク項目のカテゴリ名を表します。

SubCategory
String

必須。 タスク項目のサブカテゴリ名を表します。

Description
String

必須。 タスク項目について説明します。

Priority
vsTaskPriority

任意。 vsTaskPriorityタスク項目の優先順位 (高、中、低) を示す定数。 値がの場合 vsTaskPriorityHighタスク一覧 の最初の列に感嘆符アイコンが表示されます。 値がの場合は vsTaskPriorityMedium 、何も表示されません。 値がの場合は vsTaskPriorityLow 、下向きの矢印アイコンが表示されます。

Icon
Object

任意。 新しいタスク項目を表すアイコンの種類を決定します。 この設定は、またはのいずれかである必要があり vsTaskIcon IPictureDisp ます。

Checkable
Boolean

任意。 タスク項目で、ユーザーがタスクの完了を示すためにオンにできるチェック ボックスを提供するかどうかを示します。 既定値は false です。

File
String

任意。 新しいタスク項目に関連付けられたファイルまたはパスを示します。 既定値は空の文字列 ("") です。これを使用すると、 IsSettable[vsTaskListColumn] ( vsTaskListColumnFile ) はを返し false ます。 ファイル名は、完全パス、相対パス、または単純にファイル名にすることができます。 ファイルまたはパスを項目に関連付けることは、必ずしも何らかのアクションが実行されることを意味するものではありません。

Line
Int32

任意。 新しいタスク項目に関連付けられたソース コード内の行を示します。 既定値は0です。これを使用すると、 IsSettable[vsTaskListColumn] ( vsTaskListColumnLine ) はを返し false ます。 行番号を項目に関連付けることは、必ずしも何らかのアクションが実行されることを意味するものではありません。

CanUserDelete
Boolean

任意。 環境内で項目が選択されているときに、ユーザーが Delete キーを押して新しいタスク項目を削除できるかどうかを示します。 既定値は true です。

FlushItem
Boolean

任意。 タスク一覧 に新しい項目がすぐに表示されるかどうかを示します。 Flushitemがに設定されている場合 trueタスク一覧 はが呼び出された直後に更新され Add ます。 Flushitemがに設定されている場合 falseタスク一覧 は、すべての更新が行われた後で更新されます。 false設定は主に、一度に多数の項目を タスク一覧 に追加するときのパフォーマンスを向上させるために使用されます。 既定値は true です。

戻り値

TaskItem

TaskItem オブジェクト。

実装

属性

Imports EnvDTE  
Imports EnvDTE80  
Sub TaskItems2Example(ByVal dte As DTE2)  
    Dim win As Window = _applicationObject.Windows.Item _  
     (Constants.vsWindowKindTaskList)  
    Dim TL As TaskList = CType(win.Object, TaskList)  
    Dim TLItem As TaskItem  
    Dim TLItems As TaskItems2  
    TLItems = CType(TL.TaskItems, TaskItems2)  
    ' Add a couple of tasks to the Task List.  
    TLItem = TLItems.Add(" ", " ", "Test task 1.", _  
     vsTaskPriority.vsTaskPriorityHigh, vsTaskIcon.vsTaskIconUser _  
    , True, , 10, , )  
     TLItem = TLItems.Add(" ", " ", "Test task 2." _  
    , vsTaskPriority.vsTaskPriorityLow, vsTaskIcon.vsTaskIconComment _  
    , , , 20, , )  
    ' List the total number of task list items after adding the new   
    ' task items.  
    MsgBox("Task Item 1 description: " & TLItems.Item(2).Description)  
    MsgBox("Total number of task items: " & TLItems.Count)  
    ' Remove the second task item.  
    ' The items list in reverse numeric order.  
    MsgBox("Deleting the second task item")  
    TLItems.Item(1).Delete()  
    MsgBox("Total number of task items: " & TLItems.Count)  
End Sub  
using EnvDTE;  
using EnvDTE80;  
using System.Windows.Forms;  
public void TaskItems2Example(DTE2 dte)  
{  
    Window2 win = (Window2)_applicationObject.Windows.Item  
(Constants.vsWindowKindTaskList);  
    TaskList TL = (TaskList)win.Object;  
    TaskItem TLItem;  
    TaskItems2 TLItems;  
    TLItems = (TaskItems2)TL.TaskItems;  
    // Add a couple of tasks to the Task List.  
    TLItem = TLItems.Add("MyTask", "MyTask1", "Test task 1."  
, vsTaskPriority.vsTaskPriorityHigh, vsTaskIcon.vsTaskIconUser  
, true,null,10,true,true );  
    TLItem = TLItems.Add("MyTask", "MyTask1", "Test task 2."  
, vsTaskPriority.vsTaskPriorityLow, vsTaskIcon.vsTaskIconComment  
, true, null, 20, true, true);  
    // List the total number of task list items after adding the new  
    // task items.  
    MessageBox.Show("Task Item 1 description: " +   
TLItems.Item(2).Description);  
    MessageBox.Show("Total number of task items: "   
    + TLItems.Count.ToString());  
    // Remove the second task item.  
   // The items list in reverse numeric order.  
    MessageBox.Show("Deleting the second task item");  
    TLItems.Item(1).Delete();  
    MessageBox.Show("Total number of task items: " + TLItems.Count);  
}  

注釈

ビットマップを追加すると、RGB カラー 0x0000FF00 (緑) が透明になります。 この値を使用する画像内のすべての場所は透明であり、 タスク一覧 はを通じて表示されます。

ビットマップの幅と高さは、16 x 16 ピクセルである必要があります。

を使用する場合 IPictureDisp 、ピクチャ型引数はまたはのいずれかに設定する必要があり Icon Bitmap ます。 MetafilesUninitialized 、またはの設定が None 正しく機能しません。

適用対象