Microsoft.AspNetCore.Authorization 名前空間

承認のサポートを有効にする型が含まれています。 主な型は IAuthorizationRequirement (満たす必要がある要件を表すマーカー インターフェイス) IAuthorizationHandler 、(要件が満たされているかどうかを判断するインターフェイス)、および AuthorizationPolicyBuilder (要件の名前付きリストを定義する AuthorizationPolicy オブジェクトを構築するために使用される) です。

クラス

AllowAnonymousAttribute

この属性を適用するクラスまたはメソッドが承認を必要としないことを指定します。

AuthorizationBuilder

承認の構成に使用されます

AuthorizationFailure

のエラー結果 AuthorizeAsync(ClaimsPrincipal, Object, IEnumerable<IAuthorizationRequirement>)をカプセル化します。

AuthorizationFailureReason

承認が失敗した理由をカプセル化します。

AuthorizationHandler<TRequirement>

特定の要件の種類に対して呼び出す必要がある承認ハンドラーの基本クラス。

AuthorizationHandler<TRequirement,TResource>

特定の要件とリソースの種類に対して呼び出す必要がある承認ハンドラーの基本クラス。

AuthorizationHandlerContext

によって IAuthorizationHandler使用される認証情報が含まれています。

AuthorizationMiddleware

承認機能を有効にするミドルウェア。

AuthorizationOptions

によって使用されるIAuthorizationServiceプログラムによる構成を提供します。IAuthorizationPolicyProvider

AuthorizationPolicy

承認要件のコレクションと、それらが評価されるスキームを表します。承認を成功させるには、すべて成功する必要があります。

AuthorizationPolicyBuilder

ポリシーの構築に使用されます。

AuthorizationResult

の結果 AuthorizeAsync(ClaimsPrincipal, Object, IEnumerable<IAuthorizationRequirement>)をカプセル化します。

AuthorizationServiceExtensions

IAuthorizationService の拡張メソッド。

AuthorizeAttribute

この属性を適用するクラスまたはメソッドに、指定した承認が必要であることを指定します。

DefaultAuthorizationEvaluator

承認要求が成功したかどうかを判断します。

DefaultAuthorizationHandlerContextFactory

承認に使用される型を AuthorizationHandlerContext 指定するために使用されます。

DefaultAuthorizationHandlerProvider

承認要求の s を提供するハンドラー プロバイダーの IAuthorizationHandler既定の実装。

DefaultAuthorizationPolicyProvider

特定の名前を提供するポリシー プロバイダーの AuthorizationPolicy 既定の実装。

DefaultAuthorizationService

の既定の IAuthorizationService実装。

インターフェイス

IAllowAnonymous

匿名ユーザーへのアクセスを許可するマーカー インターフェイス。

IAuthorizationEvaluator

承認要求が成功したかどうかを判断します。

IAuthorizationHandler

このインターフェイスを実装するクラスは、承認が許可されているかどうかを判断できます。

IAuthorizationHandlerContextFactory

承認に使用される型を AuthorizationHandlerContext 指定するために使用されます。

IAuthorizationHandlerProvider

承認要求に s を IAuthorizationHandler提供できる型。

IAuthorizationMiddlewareResultHandler

承認のカスタム処理と承認応答の処理を許可します。

IAuthorizationPolicyProvider

特定の名前を AuthorizationPolicy 指定できる型。

IAuthorizationRequirement

承認要件を表します。

IAuthorizationService

ユーザーのポリシー ベースのアクセス許可を確認します

IAuthorizeData

リソースに承認規則を適用するために必要なデータのセットを定義します。

注釈

承認の詳細については、「ASP.NET Coreでの承認の概要」を参照してください。