HtmlHelperEditorExtensions.Editor メソッド

定義

オーバーロード

Editor(IHtmlHelper, String)

エディター テンプレートを使用して、 expressionHTML マークアップを返します。 テンプレートは 'sModelMetadata. をexpression使用して見つかります。

Editor(IHtmlHelper, String, Object)

エディター テンプレートと指定された追加の expressionビュー データを使用して、その HTML マークアップを返します。 テンプレートは 'sModelMetadata. をexpression使用して見つかります。

Editor(IHtmlHelper, String, String)

エディター テンプレートを使用して、 expressionHTML マークアップを返します。 テンプレートは、または 's. をtemplateName使用して検出されますexpressionModelMetadata

Editor(IHtmlHelper, String, String, Object)

エディター テンプレートと指定された追加の expressionビュー データを使用して、その HTML マークアップを返します。 テンプレートは、または 's. をtemplateName使用して検出されますexpressionModelMetadata

Editor(IHtmlHelper, String, String, String)

エディター テンプレートと指定した HTML フィールド名を使用して、その HTML マークアップ expressionを返します。 テンプレートは、または 's. をtemplateName使用して検出されますexpressionModelMetadata

Editor(IHtmlHelper, String)

エディター テンプレートを使用して、 expressionHTML マークアップを返します。 テンプレートは 'sModelMetadata. をexpression使用して見つかります。

public:
[System::Runtime::CompilerServices::Extension]
 static Microsoft::AspNetCore::Html::IHtmlContent ^ Editor(Microsoft::AspNetCore::Mvc::Rendering::IHtmlHelper ^ htmlHelper, System::String ^ expression);
public static Microsoft.AspNetCore.Html.IHtmlContent Editor (this Microsoft.AspNetCore.Mvc.Rendering.IHtmlHelper htmlHelper, string expression);
static member Editor : Microsoft.AspNetCore.Mvc.Rendering.IHtmlHelper * string -> Microsoft.AspNetCore.Html.IHtmlContent
<Extension()>
Public Function Editor (htmlHelper As IHtmlHelper, expression As String) As IHtmlContent

パラメーター

htmlHelper
IHtmlHelper

このメソッドが IHtmlHelper 拡張するインスタンス。

expression
String

現在のモデルを基準とした式名。 1 つのプロパティ、または Object 編集するプロパティを含むプロパティを識別できます。

戻り値

IHtmlContent

入力>要素を<含む新しいIHtmlContent要素。

注釈

たとえば、既定Objectのエディター テンプレートには、's 値の各プロパティのラベル>と<入力>要素がexpression含まれています<。

現在のモデルを識別し、"prop"現在のモデルの "prop" プロパティを識別する例を示expressionstring.Emptyします。

カスタム テンプレートは、フォルダーの下にあります EditorTemplates 。 フォルダー名は、大文字と小文字が区別されるファイル システムでは大文字と小文字が区別されます。

適用対象

Editor(IHtmlHelper, String, Object)

エディター テンプレートと指定された追加の expressionビュー データを使用して、その HTML マークアップを返します。 テンプレートは 'sModelMetadata. をexpression使用して見つかります。

public:
[System::Runtime::CompilerServices::Extension]
 static Microsoft::AspNetCore::Html::IHtmlContent ^ Editor(Microsoft::AspNetCore::Mvc::Rendering::IHtmlHelper ^ htmlHelper, System::String ^ expression, System::Object ^ additionalViewData);
public static Microsoft.AspNetCore.Html.IHtmlContent Editor (this Microsoft.AspNetCore.Mvc.Rendering.IHtmlHelper htmlHelper, string expression, object additionalViewData);
static member Editor : Microsoft.AspNetCore.Mvc.Rendering.IHtmlHelper * string * obj -> Microsoft.AspNetCore.Html.IHtmlContent
<Extension()>
Public Function Editor (htmlHelper As IHtmlHelper, expression As String, additionalViewData As Object) As IHtmlContent

パラメーター

htmlHelper
IHtmlHelper

このメソッドが IHtmlHelper 拡張するインスタンス。

expression
String

現在のモデルを基準とした式名。 1 つのプロパティ、または Object 編集するプロパティを含むプロパティを識別できます。

additionalViewData
Object

匿名 Object または IDictionary<TKey,TValue> テンプレート用に作成されたインスタンスにマージされる追加の ViewDataDictionary<TModel> ビュー データを含めることができます。

戻り値

IHtmlContent

入力>要素を<含む新しいIHtmlContent要素。

注釈

たとえば、既定Objectのエディター テンプレートには、's 値の各プロパティのラベル>と<入力>要素がexpression含まれています<。

現在のモデルを識別し、"prop"現在のモデルの "prop" プロパティを識別する例を示expressionstring.Emptyします。

カスタム テンプレートは、フォルダーの下にあります EditorTemplates 。 フォルダー名は、大文字と小文字が区別されるファイル システムでは大文字と小文字が区別されます。

適用対象

Editor(IHtmlHelper, String, String)

エディター テンプレートを使用して、 expressionHTML マークアップを返します。 テンプレートは、または 's. をtemplateName使用して検出されますexpressionModelMetadata

public:
[System::Runtime::CompilerServices::Extension]
 static Microsoft::AspNetCore::Html::IHtmlContent ^ Editor(Microsoft::AspNetCore::Mvc::Rendering::IHtmlHelper ^ htmlHelper, System::String ^ expression, System::String ^ templateName);
public static Microsoft.AspNetCore.Html.IHtmlContent Editor (this Microsoft.AspNetCore.Mvc.Rendering.IHtmlHelper htmlHelper, string expression, string templateName);
static member Editor : Microsoft.AspNetCore.Mvc.Rendering.IHtmlHelper * string * string -> Microsoft.AspNetCore.Html.IHtmlContent
<Extension()>
Public Function Editor (htmlHelper As IHtmlHelper, expression As String, templateName As String) As IHtmlContent

パラメーター

htmlHelper
IHtmlHelper

このメソッドが IHtmlHelper 拡張するインスタンス。

expression
String

現在のモデルを基準とした式名。 1 つのプロパティ、または Object 編集するプロパティを含むプロパティを識別できます。

templateName
String

HTML マークアップの作成に使用するテンプレートの名前。

戻り値

IHtmlContent

入力>要素を<含む新しいIHtmlContent要素。

注釈

たとえば、既定Objectのエディター テンプレートには、's 値の各プロパティのラベル>と<入力>要素がexpression含まれています<。

現在のモデルを識別し、"prop"現在のモデルの "prop" プロパティを識別する例を示expressionstring.Emptyします。

カスタム テンプレートは、フォルダーの下にあります EditorTemplates 。 フォルダー名は、大文字と小文字が区別されるファイル システムでは大文字と小文字が区別されます。

適用対象

Editor(IHtmlHelper, String, String, Object)

エディター テンプレートと指定された追加の expressionビュー データを使用して、その HTML マークアップを返します。 テンプレートは、または 's. をtemplateName使用して検出されますexpressionModelMetadata

public:
[System::Runtime::CompilerServices::Extension]
 static Microsoft::AspNetCore::Html::IHtmlContent ^ Editor(Microsoft::AspNetCore::Mvc::Rendering::IHtmlHelper ^ htmlHelper, System::String ^ expression, System::String ^ templateName, System::Object ^ additionalViewData);
public static Microsoft.AspNetCore.Html.IHtmlContent Editor (this Microsoft.AspNetCore.Mvc.Rendering.IHtmlHelper htmlHelper, string expression, string templateName, object additionalViewData);
static member Editor : Microsoft.AspNetCore.Mvc.Rendering.IHtmlHelper * string * string * obj -> Microsoft.AspNetCore.Html.IHtmlContent
<Extension()>
Public Function Editor (htmlHelper As IHtmlHelper, expression As String, templateName As String, additionalViewData As Object) As IHtmlContent

パラメーター

htmlHelper
IHtmlHelper

このメソッドが IHtmlHelper 拡張するインスタンス。

expression
String

現在のモデルを基準とした式名。 1 つのプロパティ、または Object 編集するプロパティを含むプロパティを識別できます。

templateName
String

HTML マークアップの作成に使用するテンプレートの名前。

additionalViewData
Object

匿名 Object または IDictionary<TKey,TValue> テンプレート用に作成されたインスタンスにマージされる追加の ViewDataDictionary<TModel> ビュー データを含めることができます。

戻り値

IHtmlContent

入力>要素を<含む新しいIHtmlContent要素。

注釈

たとえば、既定Objectのエディター テンプレートには、's 値の各プロパティのラベル>と<入力>要素がexpression含まれています<。

現在のモデルを識別し、"prop"現在のモデルの "prop" プロパティを識別する例を示expressionstring.Emptyします。

カスタム テンプレートは、フォルダーの下にあります EditorTemplates 。 フォルダー名は、大文字と小文字が区別されるファイル システムでは大文字と小文字が区別されます。

適用対象

Editor(IHtmlHelper, String, String, String)

エディター テンプレートと指定した HTML フィールド名を使用して、その HTML マークアップ expressionを返します。 テンプレートは、または 's. をtemplateName使用して検出されますexpressionModelMetadata

public:
[System::Runtime::CompilerServices::Extension]
 static Microsoft::AspNetCore::Html::IHtmlContent ^ Editor(Microsoft::AspNetCore::Mvc::Rendering::IHtmlHelper ^ htmlHelper, System::String ^ expression, System::String ^ templateName, System::String ^ htmlFieldName);
public static Microsoft.AspNetCore.Html.IHtmlContent Editor (this Microsoft.AspNetCore.Mvc.Rendering.IHtmlHelper htmlHelper, string expression, string templateName, string htmlFieldName);
static member Editor : Microsoft.AspNetCore.Mvc.Rendering.IHtmlHelper * string * string * string -> Microsoft.AspNetCore.Html.IHtmlContent
<Extension()>
Public Function Editor (htmlHelper As IHtmlHelper, expression As String, templateName As String, htmlFieldName As String) As IHtmlContent

パラメーター

htmlHelper
IHtmlHelper

このメソッドが IHtmlHelper 拡張するインスタンス。

expression
String

現在のモデルを基準とした式名。 1 つのプロパティ、または Object 編集するプロパティを含むプロパティを識別できます。

templateName
String

HTML マークアップの作成に使用するテンプレートの名前。

htmlFieldName
String

String同じ名前のプロパティに対して作成される HTML 要素の名前を明確にするために使用されます。

戻り値

IHtmlContent

入力>要素を<含む新しいIHtmlContent要素。

注釈

たとえば、既定Objectのエディター テンプレートには、's 値の各プロパティのラベル>と<入力>要素がexpression含まれています<。

現在のモデルを識別し、"prop"現在のモデルの "prop" プロパティを識別する例を示expressionstring.Emptyします。

カスタム テンプレートは、フォルダーの下にあります EditorTemplates 。 フォルダー名は、大文字と小文字が区別されるファイル システムでは大文字と小文字が区別されます。

適用対象