ListenOptions クラス

定義

Kestrel が IPEndPointバインドまたは開く必要がある既に開いているソケットの、Unix ドメイン ソケット パス、またはファイル記述子を記述します。

public ref class ListenOptions : Microsoft::AspNetCore::Server::Kestrel::Transport::Abstractions::Internal::IEndPointInformation
public ref class ListenOptions : Microsoft::AspNetCore::Connections::IConnectionBuilder, Microsoft::AspNetCore::Server::Kestrel::Transport::Abstractions::Internal::IEndPointInformation
public ref class ListenOptions : Microsoft::AspNetCore::Connections::IConnectionBuilder
public class ListenOptions : Microsoft.AspNetCore.Server.Kestrel.Transport.Abstractions.Internal.IEndPointInformation
public class ListenOptions : Microsoft.AspNetCore.Connections.IConnectionBuilder, Microsoft.AspNetCore.Server.Kestrel.Transport.Abstractions.Internal.IEndPointInformation
public class ListenOptions : Microsoft.AspNetCore.Connections.IConnectionBuilder
public class ListenOptions : Microsoft.AspNetCore.Connections.IConnectionBuilder, Microsoft.AspNetCore.Connections.IMultiplexedConnectionBuilder
type ListenOptions = class
    interface IEndPointInformation
type ListenOptions = class
    interface IEndPointInformation
    interface IConnectionBuilder
type ListenOptions = class
    interface IConnectionBuilder
type ListenOptions = class
    interface IConnectionBuilder
    interface IMultiplexedConnectionBuilder
Public Class ListenOptions
Implements IEndPointInformation
Public Class ListenOptions
Implements IConnectionBuilder, IEndPointInformation
Public Class ListenOptions
Implements IConnectionBuilder
Public Class ListenOptions
Implements IConnectionBuilder, IMultiplexedConnectionBuilder
継承
ListenOptions
実装
Microsoft.AspNetCore.Server.Kestrel.Transport.Abstractions.Internal.IEndPointInformation IConnectionBuilder IMultiplexedConnectionBuilder

プロパティ

ApplicationServices

アプリケーション IServiceProviderを取得します。

ConnectionAdapters

各接続StreamList<T>インターセプトおよび変換できる値を取得します。 メソッドとUseConnectionLogging(ListenOptions)拡張メソッドによってUseHttps()構成されます。

DisableAltSvcHeader

"Alt-Svc" ヘッダーを応答ヘッダーに含めるかどうかを制御する値を取得または設定します。 "Alt-Svc" ヘッダーは、HTTP/1.1 および HTTP/2 接続を HTTP/3 にアップグレードするためにクライアントによって使用されます。

HTTP/1.1 または HTTP/2 が有効で、HTTP/3 が有効になっている場合 Protocols 、"Alt-Svc" ヘッダーは応答に自動的に含まれます。 "Alt-Svc" ヘッダー値がアプリによって既に設定されている場合は、変更されません。

EndPoint

EndPoint を取得します。

FileHandle

開くソケットのファイル記述子。 次の場合にのみ設定しますListenOptionsTypeFileHandleEndPoint

HandleType

Kestrel が IPEndPointバインドまたは開く必要がある既に開いているソケットの、Unix ドメイン ソケット パス、またはファイル記述子を記述します。

IPEndPoint

IPEndPointバインドする値。 次の場合にのみ設定しますListenOptionsTypeIPEndPoint

KestrelServerOptions

接続ミドルウェアが起動時にアプリケーションによって登録されたサービスを解決して使用できるようにします。 Listen* メソッドの KestrelServerOptions コールバックからアクセスした場合にのみ設定されます。

NoDelay

すべての接続に対して Nagle のアルゴリズムを有効にするには、false に設定します。

Protocols

このエンドポイントで有効になっているプロトコル。

SocketPath

バインドする Unix ドメイン ソケットへの絶対パス。 次の場合にのみ設定しますListenOptionsTypeUnixDomainSocketEndPoint

Type

記述されているインターフェイスの種類: IPEndPointUnix ドメイン ソケット パス、またはファイル記述子。

メソッド

Build()

をビルドします ConnectionDelegate

ToString()

Kestrel が IPEndPointバインドまたは開く必要がある既に開いているソケットの、Unix ドメイン ソケット パス、またはファイル記述子を記述します。

Use(Func<ConnectionDelegate,ConnectionDelegate>)

ミドルウェア デリゲートを接続パイプラインに追加します。 メソッドとUseConnectionLogging(ListenOptions)拡張メソッドによってUseHttps()構成されます。

明示的なインターフェイスの実装

IMultiplexedConnectionBuilder.Build()

Kestrel が IPEndPointバインドまたは開く必要がある既に開いているソケットの、Unix ドメイン ソケット パス、またはファイル記述子を記述します。

IMultiplexedConnectionBuilder.Use(Func<MultiplexedConnectionDelegate,MultiplexedConnectionDelegate>)

Kestrel が IPEndPointバインドまたは開く必要がある既に開いているソケットの、Unix ドメイン ソケット パス、またはファイル記述子を記述します。

拡張メソッド

Run(IConnectionBuilder, Func<ConnectionContext,Task>)

指定 middleware された接続を追加します。

Use(IConnectionBuilder, Func<ConnectionContext,Func<Task>,Task>)

指定 middleware された接続を追加します。

UseConnectionHandler<TConnectionHandler>(IConnectionBuilder)

指定 TConnectionHandlerConnectionHandlerされた .

UseConnectionLogging(ListenOptions)

接続から読み取られ、接続に書き込まれたバイトの詳細ログを出力します。

UseConnectionLogging(ListenOptions, String)

接続から読み取られ、接続に書き込まれたバイトの詳細ログを出力します。

UseHttps(ListenOptions)

使用可能な場合は、既定の証明書で HTTPS を使用するように Kestrel を構成します。 これは、既定の証明書が構成されていない場合にスローされます。

UseHttps(ListenOptions, HttpsConnectionAdapterOptions)

HTTPS を使用するように Kestrel を構成します。 これは、既定の証明書や、config または ConfigureHttpsDefaults(Action<HttpsConnectionAdapterOptions>).

UseHttps(ListenOptions, TlsHandshakeCallbackOptions)

HTTPS を使用するように Kestrel を構成します。 これは、既定の証明書や、config または ConfigureHttpsDefaults(Action<HttpsConnectionAdapterOptions>).

UseHttps(ListenOptions, Action<HttpsConnectionAdapterOptions>)

HTTPS を使用するように Kestrel を構成します。

UseHttps(ListenOptions, ServerOptionsSelectionCallback, Object)

HTTPS を使用するように Kestrel を構成します。 これは、既定の証明書や、config または ConfigureHttpsDefaults(Action<HttpsConnectionAdapterOptions>).

UseHttps(ListenOptions, ServerOptionsSelectionCallback, Object, TimeSpan)

HTTPS を使用するように Kestrel を構成します。 これは、既定の証明書や、config または ConfigureHttpsDefaults(Action<HttpsConnectionAdapterOptions>).

UseHttps(ListenOptions, StoreName, String)

HTTPS を使用するように Kestrel を構成します。

UseHttps(ListenOptions, StoreName, String, Boolean)

HTTPS を使用するように Kestrel を構成します。

UseHttps(ListenOptions, StoreName, String, Boolean, StoreLocation)

HTTPS を使用するように Kestrel を構成します。

UseHttps(ListenOptions, StoreName, String, Boolean, StoreLocation, Action<HttpsConnectionAdapterOptions>)

HTTPS を使用するように Kestrel を構成します。

UseHttps(ListenOptions, X509Certificate2)

HTTPS を使用するように Kestrel を構成します。

UseHttps(ListenOptions, X509Certificate2, Action<HttpsConnectionAdapterOptions>)

HTTPS を使用するように Kestrel を構成します。

UseHttps(ListenOptions, String)

HTTPS を使用するように Kestrel を構成します。

UseHttps(ListenOptions, String, String)

HTTPS を使用するように Kestrel を構成します。

UseHttps(ListenOptions, String, String, Action<HttpsConnectionAdapterOptions>)

HTTPS を使用するように Kestrel を構成します。

UseHub<THub>(IConnectionBuilder)

指定した Hub 種類をホストするように接続を構成します。

適用対象