CodeChecksumPragma.ChecksumAlgorithmId プロパティ

定義

使用するチェックサム アルゴリズムを識別する GUID を取得または設定します。

public:
 property Guid ChecksumAlgorithmId { Guid get(); void set(Guid value); };
public Guid ChecksumAlgorithmId { get; set; }
member this.ChecksumAlgorithmId : Guid with get, set
Public Property ChecksumAlgorithmId As Guid

プロパティ値

Guid

使用するチェックサム アルゴリズムを識別する Guid

次のコード例は、プロパティの設定を ChecksumAlgorithmId 示しています。 このコード例は、CodeChecksumPragma クラスのために提供されている大規模な例の一部です。

pragma1.ChecksumAlgorithmId = HashMD5;
pragma1.ChecksumAlgorithmId = HashMD5

注釈

MD5 ハッシュと SHA1 ハッシュに対してアルゴリズムが提供されます。 MD5 ハッシュに使用する GUID 値は、{0x406ea660、0x64cf、0x4c82、0xb6、0xf0、0x42、0xd4、0x81、0x72、0xa7、0x99} です。 SHA1 ハッシュに使用する GUID は、{0xff1816ec、0xaa5e、0x4d10、0x87、0xf7、0x6f、0x49、0x63、0x83、0x34、0x60} です。

チェックサムの計算は言語固有です。 つまり、言語ベンダーは、デバッガーに認識されているハッシュ アルゴリズムのいずれかを使用してチェックサムを計算できます。 このプロパティに GUID を使用すると、ハッシュ アルゴリズムの拡張性が提供されます。

SHA1 と MD5 の衝突の問題のため、Microsoft では SHA256 以上に基づくセキュリティ モデルを推奨しています。

適用対象