DBDataPermission クラス

定義

注意事項

Code Access Security is not supported or honored by the runtime.

.NET データ プロバイダーによって、データにアクセスするための適切なセキュリティ レベルがユーザーに割り当てられるようにします。

public ref class DBDataPermission abstract : System::Security::CodeAccessPermission, System::Security::Permissions::IUnrestrictedPermission
public abstract class DBDataPermission : System.Security.CodeAccessPermission, System.Security.Permissions.IUnrestrictedPermission
[System.Obsolete("Code Access Security is not supported or honored by the runtime.", DiagnosticId="SYSLIB0003", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")]
public abstract class DBDataPermission : System.Security.CodeAccessPermission, System.Security.Permissions.IUnrestrictedPermission
[System.Serializable]
public abstract class DBDataPermission : System.Security.CodeAccessPermission, System.Security.Permissions.IUnrestrictedPermission
type DBDataPermission = class
    inherit CodeAccessPermission
    interface IUnrestrictedPermission
[<System.Obsolete("Code Access Security is not supported or honored by the runtime.", DiagnosticId="SYSLIB0003", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")>]
type DBDataPermission = class
    inherit CodeAccessPermission
    interface IUnrestrictedPermission
[<System.Serializable>]
type DBDataPermission = class
    inherit CodeAccessPermission
    interface IUnrestrictedPermission
Public MustInherit Class DBDataPermission
Inherits CodeAccessPermission
Implements IUnrestrictedPermission
継承
DBDataPermission
派生
属性
実装

コンストラクター

DBDataPermission()
互換性のために残されています。

DBDataPermission クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DBDataPermission(DBDataPermission)

既存DBDataPermissionのクラスを使用して、クラスのDBDataPermission新しいインスタンスを初期化します。

DBDataPermission(DBDataPermissionAttribute)

DBDataPermission を指定して、DBDataPermissionAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DBDataPermission(PermissionState)

指定した PermissionState 値を使用して、DBDataPermission クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DBDataPermission(PermissionState, Boolean)
互換性のために残されています。

指定したPermissionState値と、空のパスワードがDBDataPermission許可されるかどうかを示す値を使用して、クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

AllowBlankPassword

空白のパスワードを許可するかどうかを示す値を取得します。

メソッド

Add(String, String, KeyRestrictionBehavior)

DBDataPermission の既存の状態に、指定した接続文字列が表すアクセス権を追加します。

Assert()

呼び出し側コードが、このメソッドを呼び出すコードを通じて、アクセス許可要求によって保護されているリソースにアクセス可能であるということ、それも、スタックの中で上位に位置する呼び出し側にリソースへのアクセス許可が付与されていない場合でさえそれが可能であることを宣言します。 Assert() を使用すると、セキュリティ上の問題が発生することがあります。

(継承元 CodeAccessPermission)
Clear()

メソッドを使用して以前に追加されたすべてのアクセス許可を Add(String, String, KeyRestrictionBehavior) 削除します。

Copy()

現在のアクセス許可オブジェクトのコピーを作成して返します。

CreateInstance()

DBDataPermission クラスの新しいインスタンスを作成します。

Demand()

呼び出し履歴の上位にあるすべての呼び出し元に、現在のインスタンスによって指定されているアクセス許可が付与されていない場合、実行時に SecurityException を強制します。

(継承元 CodeAccessPermission)
Deny()
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

呼び出し履歴内の上位の呼び出し元が、このメソッドを呼び出すコードを使用して、現在のインスタンスで指定されたリソースにアクセスしないようにします。

(継承元 CodeAccessPermission)
Equals(Object)

指定した CodeAccessPermission オブジェクトが、現在の CodeAccessPermission と等しいかどうかを判断します。

(継承元 CodeAccessPermission)
FromXml(SecurityElement)

XML エンコードから指定された状態で、セキュリティ オブジェクトを再構築します。

GetHashCode()

ハッシュ アルゴリズムや、ハッシュ テーブルのようなデータ構造での使用に適している、CodeAccessPermission オブジェクトのハッシュ コードを取得します。

(継承元 CodeAccessPermission)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
Intersect(IPermission)

現在のアクセス許可オブジェクトと指定したアクセス許可オブジェクトの積集合を表す、新しいアクセス許可オブジェクトを返します。

IsSubsetOf(IPermission)

現在のアクセス許可オブジェクトが、指定したアクセス許可オブジェクトのサブセットかどうかを示す値を返します。

IsUnrestricted()

アクセス許可のセマンティクスがわからなくてもアクセス許可を無制限として表すことができるかどうかを示す値を返します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
PermitOnly()

呼び出し履歴内の上位の呼び出し元が、このメソッドを呼び出すコードでは一切リソースにアクセスできないようにします。ただし、現在のインスタンスで指定されているリソースは例外です。

(継承元 CodeAccessPermission)
ToString()

現在のアクセス許可オブジェクトの文字列形式を作成して返します。

(継承元 CodeAccessPermission)
ToXml()

セキュリティ オブジェクトとその現在の状態の XML エンコードを作成します。

Union(IPermission)

現在のアクセス許可オブジェクトと指定したアクセス許可オブジェクトの和集合である、新しいアクセス許可オブジェクトを返します。

明示的なインターフェイスの実装

IPermission.Demand()

セキュリティ要件が満たされない場合、実行時に SecurityException をスローします。

(継承元 CodeAccessPermission)
IStackWalk.Assert()

スタック内の上位の呼び出し元がリソースへのアクセス許可を付与されていない場合であっても、呼び出し元のコードが現在のアクセス許可で識別されるリソースにアクセスできることをアサートします。

(継承元 CodeAccessPermission)
IStackWalk.Demand()

呼び出し履歴のすべての呼び出し元に、現在のアクセス許可オブジェクトで指定されたアクセス許可が付与されているかどうかを判断します。

(継承元 CodeAccessPermission)
IStackWalk.Deny()

呼び出し元のコードを通過する現在のオブジェクトのすべての Demand() が失敗します。

(継承元 CodeAccessPermission)
IStackWalk.PermitOnly()

呼び出し側コードによってパススルーされる現在のものを除き、全オブジェクトのあらゆる Demand() を失敗させます。これは、呼び出しスタックの上位にあるコードに対して他のリソースにアクセスするためのアクセス権限が付与されている場合にも当てはまります。

(継承元 CodeAccessPermission)

適用対象

こちらもご覧ください