OracleBoolean 構造体

定義

Oracle の複数のデータ型を比較する操作の結果としてデータベースから返される値を表し、また、データ型変換に使用するメソッドを提供します。

public value class OracleBoolean : IComparable
public struct OracleBoolean : IComparable
type OracleBoolean = struct
Public Structure OracleBoolean
Implements IComparable
継承
OracleBoolean
実装

注釈

構造体と標準のブール値の主な違いは、標準には2つの値があり、構造体には、、 OracleBoolean Boolean true false OracleBoolean True False 、またはの 3 Null つの値があることがあります。

OracleBoolean構造体は、Oracle データ型にはマップされず、 Boolean 便宜的なサポートクラスとして公開されます。

コンストラクター

OracleBoolean(Boolean)

Boolean を指定して、OracleBoolean 構造体の新しいインスタンスを初期化します。

OracleBoolean(Int32)

指定した整数を使用して、OracleBoolean 構造体の新しいインスタンスを初期化します。

フィールド

False

Value 構造体のインスタンスの OracleBoolean プロパティに割り当てることができる false 値を表します。

Null

Value 構造体のインスタンスの OracleBoolean プロパティに割り当てることができる null 値を表します。

One

Value 構造体のインスタンスの OracleBoolean プロパティに割り当てることができる 1 の値を表します。

True

Value 構造体のインスタンスの OracleBoolean プロパティに割り当てることができる true 値を表します。

Zero

Value 構造体のインスタンスの OracleBoolean プロパティに割り当てることができるゼロ値を表します。

プロパティ

IsFalse

現在の ValueFalse かどうかを示します。

IsNull

OracleBoolean 構造体の値が null かどうかを示します。

IsTrue

現在の ValueTrue かどうかを示します。

Value

OracleBoolean 構造体の値を取得します。 このプロパティは読み取り専用です。

メソッド

And(OracleBoolean, OracleBoolean)

指定した 2 つの OracleBoolean 構造体のビットごとの AND を計算します。

CompareTo(Object)

指定したオブジェクトとこの OracleBoolean 構造体を比較し、これらの相対値を示す値を返します。

Equals(Object)

指定したオブジェクト パラメーターを OracleBoolean と比較します。

Equals(OracleBoolean, OracleBoolean)

2 つの OracleBoolean 構造体を比較し、等しいかどうかを確認します。

GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

NotEquals(OracleBoolean, OracleBoolean)

OracleBoolean の 2 つのインスタンスを比較し、それらが等しくないかどうかを確認します。

OnesComplement(OracleBoolean)

指定した OracleBoolean 構造体で 1 の補数演算を実行します。

Or(OracleBoolean, OracleBoolean)

指定した 2 つの OracleBoolean 構造体のビットごとの OR 演算を実行します。

Parse(String)

論理値の指定した String 表現を等価の OracleBoolean に変換します。

ToString()

現在の Value を文字列に変換します。

Xor(OracleBoolean, OracleBoolean)

指定したパラメーターでビットごとの排他的 OR 演算を実行します。

演算子

BitwiseAnd(OracleBoolean, OracleBoolean)

指定した 2 つの OracleBoolean 構造体のビットごとの AND を計算します。

BitwiseOr(OracleBoolean, OracleBoolean)

2 つの OracleBoolean オペランドのビットごとの OR を計算します。

Equality(OracleBoolean, OracleBoolean)

OracleBoolean の 2 つのインスタンスを比較し、等しいかどうかを確認します。

ExclusiveOr(OracleBoolean, OracleBoolean)

指定した OracleBoolean パラメーターでビットごとの排他的 OR 演算を実行します。

Explicit(OracleBoolean to Boolean)

OracleBooleanBoolean に変換します。

Explicit(OracleNumber to OracleBoolean)

OracleNumber パラメーターを OracleBoolean 構造体に変換します。

Explicit(String to OracleBoolean)

文字列を OracleBoolean 構造体に変換します。

False(OracleBoolean)

ValueOracleBoolean をテストして false かどうかを確認するために使用します。

Implicit(Boolean to OracleBoolean)

Boolean 値を OracleBoolean に変換します。

Inequality(OracleBoolean, OracleBoolean)

OracleBoolean の 2 つのインスタンスを比較し、等しくないかどうかを判断します。

LogicalNot(OracleBoolean)

OracleBoolean に対して NOT 演算を実行します。

OnesComplement(OracleBoolean)

指定した OracleBoolean で 1 の補数演算を実行します。

True(OracleBoolean)

ValueOracleBoolean をテストして true かどうかを確認するために使用します。

適用対象