Debug.Listeners プロパティ

定義

デバッグ出力を監視するリスナーのコレクションを取得します。

public:
 static property System::Diagnostics::TraceListenerCollection ^ Listeners { System::Diagnostics::TraceListenerCollection ^ get(); };
public static System.Diagnostics.TraceListenerCollection Listeners { get; }
static member Listeners : System.Diagnostics.TraceListenerCollection
Public Shared ReadOnly Property Listeners As TraceListenerCollection

プロパティ値

TraceListenerCollection

デバッグ出力を監視する TraceListenerCollection 型のコレクションを表す TraceListener

次の例では、 TextWriterTraceListener コンソール画面に出力する を作成します。 次に、コードによって 新しいリスナーが に追加されます Listeners

// Create a listener that outputs to the console screen 
// and add it to the debug listeners.
#if defined(DEBUG)
TextWriterTraceListener^ myWriter = 
   gcnew TextWriterTraceListener( System::Console::Out );
Debug::Listeners->Add( myWriter );
#endif
/* Create a listener that outputs to the console screen, and
  * add it to the debug listeners. */
var myWriter = new TextWriterTraceListener(System.Console.Out);
Debug.Listeners.Add(myWriter);
' Create a listener that outputs to the console screen, and 
' add it to the debug listeners. 
Dim myWriter As New TextWriterTraceListener(System.Console.Out)
Debug.Listeners.Add(myWriter)

注釈

リスナーは、デバッグ出力から書式設定された出力を生成します。 既定では、コレクションには クラスのインスタンスが DefaultTraceListener 含まれています。 既定のリスナーを削除するには、 メソッドを Remove 呼び出し、 のインスタンスを DefaultTraceListener渡します。 出力をコンソール ウィンドウにリダイレクトするには、 のインスタンスを追加します ConsoleTraceListener。 出力をファイルまたはストリームにリダイレクトするには、 のインスタンスを追加します TextWriterTraceListener

Note

コレクションはListeners、 クラスと クラスのTrace両方Debugによって共有されます。いずれかのクラスにトレース リスナーを追加すると、リスナーが両方に追加されます。

適用対象

こちらもご覧ください