Graphics クラス

定義

GDI+ 描画サーフェイスをカプセル化します。 このクラスは継承できません。

public ref class Graphics sealed : MarshalByRefObject, IDisposable, System::Drawing::IDeviceContext
public ref class Graphics sealed : MarshalByRefObject, IDisposable
public sealed class Graphics : MarshalByRefObject, IDisposable, System.Drawing.IDeviceContext
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
public sealed class Graphics : MarshalByRefObject, IDisposable
type Graphics = class
    inherit MarshalByRefObject
    interface IDeviceContext
    interface IDisposable
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)>]
type Graphics = class
    inherit MarshalByRefObject
    interface IDisposable
type Graphics = class
    inherit MarshalByRefObject
    interface IDisposable
    interface IDeviceContext
Public NotInheritable Class Graphics
Inherits MarshalByRefObject
Implements IDeviceContext, IDisposable
Public NotInheritable Class Graphics
Inherits MarshalByRefObject
Implements IDisposable
継承
属性
実装

次のコード例は、Windows フォームで使用するように設計されており、オブジェクトが必要ですPaintEventArgs。 オブジェクトの PaintEventArgs 名前 e はイベント ハンドラーの Paint パラメーターです。 コードは、次のアクションを実行します。

  • JPEG ファイルからイメージを作成します。 ファイルはSampImag.jpgという名前で、例のフォルダーにあります。

  • イメージの左上隅を描画するポイントを作成します。

  • オブジェクトを使用して、スケーリングされていないイメージを画面に Graphics 描画します。

private:
   void DrawImagePointF( PaintEventArgs^ e )
   {
      // Create image.
      Image^ newImage = Image::FromFile( "SampImag.jpg" );

      // Create point for upper-left corner of image.
      PointF ulCorner = PointF(100.0F,100.0F);

      // Draw image to screen.
      e->Graphics->DrawImage( newImage, ulCorner );
   }
private void DrawImagePointF(PaintEventArgs e)
{
             
    // Create image.
    Image newImage = Image.FromFile("SampImag.jpg");
             
    // Create point for upper-left corner of image.
    PointF ulCorner = new PointF(100.0F, 100.0F);
             
    // Draw image to screen.
    e.Graphics.DrawImage(newImage, ulCorner);
}
Private Sub DrawImagePointF(ByVal e As PaintEventArgs)

    ' Create image.
    Dim newImage As Image = Image.FromFile("SampImag.jpg")

    ' Create point for upper-left corner of image.
    Dim ulCorner As New PointF(100.0F, 100.0F)

    ' Draw image to screen.
    e.Graphics.DrawImage(newImage, ulCorner)
End Sub

注釈

このクラスは Graphics 、オブジェクトをディスプレイ デバイスに描画するためのメソッドを提供します。 A Graphics は、特定のデバイス コンテキストに関連付けられています。

注意

.net 6 以降のバージョンでは、この種類が含まれている、一般的なパッケージは、Windows オペレーティングシステムでのみサポートされています。 クロスプラットフォームアプリでこの型を使用すると、コンパイル時の警告と実行時例外が発生します。 詳細については、「system.string」を参照してください。 Windows でのみサポートされています。

オブジェクトをGraphics取得するには、継承System.Windows.Forms.Control元のControl.CreateGraphicsオブジェクトでメソッドを呼び出すか、コントロールのControl.Paintイベントを処理し、クラスのプロパティにGraphicsSystem.Windows.Forms.PaintEventArgsアクセスします。 メソッドを Graphics 使用して、イメージからオブジェクトを FromImage 作成することもできます。 オブジェクトの Graphics 作成の詳細については、「 方法: 描画用のグラフィックス オブジェクトを作成する」を参照してください

オブジェクトを使用すると、さまざまな図形や線を Graphics 描画できます。 線や図形を描画する方法の詳細については、描画する線または図形の特定Drawグラフィカル要素 メソッドを参照してください。 これらのメソッドには、DrawArc、、DrawClosedCurveDrawPolygon、、およびDrawRectangleが含まれますDrawLine。 線と図形を描画する方法の詳細については、「 ペンを使用して線と図形を描画する」およびブラシを使用して図形を塗りつぶす」を参照してください

また、それぞれおよびメソッドを DrawImage 使用して、画像と DrawIcon アイコンを描画することもできます。 画面からオブジェクトの描画サーフェイスへのカラー データのビット ブロック転送を実行するには、次を Graphics 参照してください CopyFromScreen。 オブジェクトで Graphics イメージを描画する方法の詳細については、「 イメージ、ビットマップ、アイコン、およびメタファイルの操作」を参照してください。

さらに、オブジェクトで使用される座標系を Graphics 操作することもできます。 座標系とその操作方法の詳細については、「座標系 と変換」を参照してください。

プロパティ

Clip

この Graphics の描画領域を限定する Region を取得または設定します。

ClipBounds

この Graphics オブジェクトのクリッピング領域に外接する RectangleF 構造体を取得します。

CompositingMode

この Graphics への複合イメージの描画方法を指定する値を取得します。

CompositingQuality

この Graphics に描画する複合イメージのレンダリング品質を取得または設定します。

DpiX

この Graphics の水平方向の解像度を取得します。

DpiY

この Graphics の垂直方向の解像度を取得します。

InterpolationMode

この Graphics に関連付けられている補間モードを取得または設定します。

IsClipEmpty

この Graphics のクリッピング領域が空かどうかを示す値を取得します。

IsVisibleClipEmpty

この Graphics の表示クリッピング領域が空かどうかを示す値を取得します。

PageScale

この Graphics のワールド単位とパージ単位の間のスケーリングを取得または設定します。

PageUnit

この Graphics のページ座標に使用される長さの単位を取得または設定します。

PixelOffsetMode

この Graphics のレンダリング時のピクセルのオフセット方法を指定する値が取得または設定されます。

RenderingOrigin

ディザリングおよびハッチ ブラシに使用する、この Graphics のレンダリングの原点を取得または設定します。

SmoothingMode

この Graphics のレンダリング品質を取得または設定します。

TextContrast

レンダリング テキストのガンマ補正値を取得または設定します。

TextRenderingHint

この Graphics に関連付けられているテキストのレンダリング モードを取得または設定します。

Transform

この Graphics のジオメトリック ワールド変換のコピーを取得または設定します。

TransformElements

この Graphicsワールド変換要素を取得または設定します。

VisibleClipBounds

この Graphics の表示クリッピング領域に外接する四角形を取得します。

メソッド

AddMetafileComment(Byte[])

現在の Metafile にコメントを追加します。

BeginContainer()

この Graphics の現在の状態でグラフィックス コンテナーを保存し、新しいグラフィックス コンテナーを開いて使用します。

BeginContainer(Rectangle, Rectangle, GraphicsUnit)

この Graphics の現在の状態でグラフィックス コンテナーを保存し、指定したスケール変換を行った新しいグラフィックス コンテナーを開いて使用します。

BeginContainer(RectangleF, RectangleF, GraphicsUnit)

この Graphics の現在の状態でグラフィックス コンテナーを保存し、指定したスケール変換を行った新しいグラフィックス コンテナーを開いて使用します。

Clear(Color)

描画サーフェイス全体を消去し、指定した背景色で塗りつぶします。

CopyFromScreen(Int32, Int32, Int32, Int32, Size)

画面から Graphics の描画サーフェイスへの、ピクセルの四角形に対応する色データのビット ブロック転送を実行します。

CopyFromScreen(Int32, Int32, Int32, Int32, Size, CopyPixelOperation)

画面から Graphics の描画サーフェイスへの、ピクセルの四角形に対応する色データのビット ブロック転送を実行します。

CopyFromScreen(Point, Point, Size)

画面から Graphics の描画サーフェイスへの、ピクセルの四角形に対応する色データのビット ブロック転送を実行します。

CopyFromScreen(Point, Point, Size, CopyPixelOperation)

画面から Graphics の描画サーフェイスへの、ピクセルの四角形に対応する色データのビット ブロック転送を実行します。

CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
Dispose()

この Graphics によって使用されているすべてのリソースを解放します。

DrawArc(Pen, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32)

座標ペア、幅、および高さで指定された楕円の一部を表す円弧を描画します。

DrawArc(Pen, Rectangle, Single, Single)

Rectangle 構造体によって指定される楕円の一部を表す円弧を描画します。

DrawArc(Pen, RectangleF, Single, Single)

RectangleF 構造体によって指定される楕円の一部を表す円弧を描画します。

DrawArc(Pen, Single, Single, Single, Single, Single, Single)

座標ペア、幅、および高さで指定された楕円の一部を表す円弧を描画します。

DrawBezier(Pen, Point, Point, Point, Point)

4 つの Point 構造体で定義されるベジエ スプラインを描画します。

DrawBezier(Pen, PointF, PointF, PointF, PointF)

4 つの PointF 構造体で定義されるベジエ スプラインを描画します。

DrawBezier(Pen, Single, Single, Single, Single, Single, Single, Single, Single)

各点を表す 4 つの順序付けられた座標ペアで定義されるベジエ スプラインを描画します。

DrawBeziers(Pen, Point[])

Point 構造体の配列から一連のベジエ スプラインを描画します。

DrawBeziers(Pen, PointF[])

PointF 構造体の配列から一連のベジエ スプラインを描画します。

DrawClosedCurve(Pen, Point[])

Point 構造体の配列で定義された、閉じたカーディナル スプラインを描画します。

DrawClosedCurve(Pen, Point[], Single, FillMode)

指定したテンションを使用して、Point 構造体の配列で定義された、閉じたカーディナル スプラインを描画します。

DrawClosedCurve(Pen, PointF[])

PointF 構造体の配列で定義された、閉じたカーディナル スプラインを描画します。

DrawClosedCurve(Pen, PointF[], Single, FillMode)

指定したテンションを使用して、PointF 構造体の配列で定義された、閉じたカーディナル スプラインを描画します。

DrawCurve(Pen, Point[])

指定した Point 構造体の配列を通過するカーディナル スプラインを描画します。

DrawCurve(Pen, Point[], Int32, Int32, Single)

指定したテンションを使用して、指定した Point 構造体の配列を通過するカーディナル スプラインを描画します。

DrawCurve(Pen, Point[], Single)

指定したテンションを使用して、指定した Point 構造体の配列を通過するカーディナル スプラインを描画します。

DrawCurve(Pen, PointF[])

指定した PointF 構造体の配列を通過するカーディナル スプラインを描画します。

DrawCurve(Pen, PointF[], Int32, Int32)

指定した PointF 構造体の配列を通過するカーディナル スプラインを描画します。 この描画は、配列の先頭からのオフセットから開始されます。

DrawCurve(Pen, PointF[], Int32, Int32, Single)

指定したテンションを使用して、指定した PointF 構造体の配列を通過するカーディナル スプラインを描画します。 この描画は、配列の先頭からのオフセットから開始されます。

DrawCurve(Pen, PointF[], Single)

指定したテンションを使用して、指定した PointF 構造体の配列を通過するカーディナル スプラインを描画します。

DrawEllipse(Pen, Int32, Int32, Int32, Int32)

四角形の左上隅の座標、高さ、および幅によって指定される外接する四角形によって定義される楕円を描画します。

DrawEllipse(Pen, Rectangle)

外接する Rectangle 構造体で指定された楕円を描画します。

DrawEllipse(Pen, RectangleF)

外接する RectangleF で定義された楕円を描画します。

DrawEllipse(Pen, Single, Single, Single, Single)

座標ペア、高さ、および幅で指定された外接する四角形によって定義される楕円を描画します。

DrawIcon(Icon, Int32, Int32)

指定した Icon によって表されるイメージを指定した座標に描画します。

DrawIcon(Icon, Rectangle)

Rectangle 構造体で指定された領域内の指定した Icon によって表されるイメージを描画します。

DrawIconUnstretched(Icon, Rectangle)

指定した Icon によって表されるイメージをスケーリングしないで描画します。

DrawImage(Image, Int32, Int32)

指定したイメージを座標ペアで指定された位置に元の物理サイズで描画します。

DrawImage(Image, Int32, Int32, Int32, Int32)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image を描画します。

DrawImage(Image, Int32, Int32, Rectangle, GraphicsUnit)

イメージの一部を指定の位置に描画します。

DrawImage(Image, Point)

指定した位置に、指定した Image を元の物理サイズで描画します。

DrawImage(Image, Point[])

指定した Image を指定した場所に指定した形状とサイズで描画します。

DrawImage(Image, Point[], Rectangle, GraphicsUnit)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image の指定した部分を描画します。

DrawImage(Image, Point[], Rectangle, GraphicsUnit, ImageAttributes)

指定した位置に、指定した Image の指定した部分を描画します。

DrawImage(Image, Point[], Rectangle, GraphicsUnit, ImageAttributes, Graphics+DrawImageAbort)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image の指定した部分を描画します。

DrawImage(Image, Point[], Rectangle, GraphicsUnit, ImageAttributes, Graphics+DrawImageAbort, Int32)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image の指定した部分を描画します。

DrawImage(Image, PointF)

指定した位置に、指定した Image を元の物理サイズで描画します。

DrawImage(Image, PointF[])

指定した Image を指定した場所に指定した形状とサイズで描画します。

DrawImage(Image, PointF[], RectangleF, GraphicsUnit)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image の指定した部分を描画します。

DrawImage(Image, PointF[], RectangleF, GraphicsUnit, ImageAttributes)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image の指定した部分を描画します。

DrawImage(Image, PointF[], RectangleF, GraphicsUnit, ImageAttributes, Graphics+DrawImageAbort)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image の指定した部分を描画します。

DrawImage(Image, PointF[], RectangleF, GraphicsUnit, ImageAttributes, Graphics+DrawImageAbort, Int32)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image の指定した部分を描画します。

DrawImage(Image, Rectangle)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image を描画します。

DrawImage(Image, Rectangle, Int32, Int32, Int32, Int32, GraphicsUnit)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image の指定した部分を描画します。

DrawImage(Image, Rectangle, Int32, Int32, Int32, Int32, GraphicsUnit, ImageAttributes)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image の指定した部分を描画します。

DrawImage(Image, Rectangle, Int32, Int32, Int32, Int32, GraphicsUnit, ImageAttributes, Graphics+DrawImageAbort)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image の指定した部分を描画します。

DrawImage(Image, Rectangle, Int32, Int32, Int32, Int32, GraphicsUnit, ImageAttributes, Graphics+DrawImageAbort, IntPtr)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image の指定した部分を描画します。

DrawImage(Image, Rectangle, Rectangle, GraphicsUnit)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image の指定した部分を描画します。

DrawImage(Image, Rectangle, Single, Single, Single, Single, GraphicsUnit)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image の指定した部分を描画します。

DrawImage(Image, Rectangle, Single, Single, Single, Single, GraphicsUnit, ImageAttributes)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image の指定した部分を描画します。

DrawImage(Image, Rectangle, Single, Single, Single, Single, GraphicsUnit, ImageAttributes, Graphics+DrawImageAbort)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image の指定した部分を描画します。

DrawImage(Image, Rectangle, Single, Single, Single, Single, GraphicsUnit, ImageAttributes, Graphics+DrawImageAbort, IntPtr)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image の指定した部分を描画します。

DrawImage(Image, RectangleF)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image を描画します。

DrawImage(Image, RectangleF, RectangleF, GraphicsUnit)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image の指定した部分を描画します。

DrawImage(Image, Single, Single)

指定した位置に、指定した Image を元の物理サイズで描画します。

DrawImage(Image, Single, Single, RectangleF, GraphicsUnit)

イメージの一部を指定の位置に描画します。

DrawImage(Image, Single, Single, Single, Single)

指定した位置に指定したサイズで、指定した Image を描画します。

DrawImageUnscaled(Image, Int32, Int32)

指定したイメージを座標ペアで指定された位置に元の物理サイズで描画します。

DrawImageUnscaled(Image, Int32, Int32, Int32, Int32)

指定した位置に、指定したイメージを元の物理サイズで描画します。

DrawImageUnscaled(Image, Point)

指定した位置に、指定したイメージを元の物理サイズで描画します。

DrawImageUnscaled(Image, Rectangle)

指定した位置に、指定したイメージを元の物理サイズで描画します。

DrawImageUnscaledAndClipped(Image, Rectangle)

指定されたイメージをスケーリングせずに描画します。必要に応じて、指定された四角形内に収まるようにイメージをクリップします。

DrawLine(Pen, Int32, Int32, Int32, Int32)

座標ペアで指定された 2 つの点を結ぶ直線を描画します。

DrawLine(Pen, Point, Point)

2 つの Point 構造体を接続する直線を描画します。

DrawLine(Pen, PointF, PointF)

2 つの PointF 構造体を接続する直線を描画します。

DrawLine(Pen, Single, Single, Single, Single)

座標ペアで指定された 2 つの点を結ぶ直線を描画します。

DrawLines(Pen, Point[])

Point 構造体の配列を接続する一連の線分を描画します。

DrawLines(Pen, PointF[])

PointF 構造体の配列を接続する一連の線分を描画します。

DrawPath(Pen, GraphicsPath)

GraphicsPath を描画します。

DrawPie(Pen, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32)

座標ペア、幅、および高さで指定された楕円と 2 本の半径によって定義される扇形を描画します。

DrawPie(Pen, Rectangle, Single, Single)

Rectangle 構造体と 2 本の半径によって指定された楕円で定義される扇形を描画します。

DrawPie(Pen, RectangleF, Single, Single)

RectangleF 構造体と 2 本の半径によって指定された楕円で定義される扇形を描画します。

DrawPie(Pen, Single, Single, Single, Single, Single, Single)

座標ペア、幅、および高さで指定された楕円と 2 本の半径によって定義される扇形を描画します。

DrawPolygon(Pen, Point[])

Point 構造体の配列で定義された多角形を描画します。

DrawPolygon(Pen, PointF[])

PointF 構造体の配列で定義された多角形を描画します。

DrawRectangle(Pen, Int32, Int32, Int32, Int32)

座標ペア、幅、および高さで指定された四角形を描画します。

DrawRectangle(Pen, Rectangle)

Rectangle 構造体で指定された四角形を描画します。

DrawRectangle(Pen, RectangleF)

指定した四角形のアウトラインを描画します。

DrawRectangle(Pen, Single, Single, Single, Single)

座標ペア、幅、および高さで指定された四角形を描画します。

DrawRectangles(Pen, Rectangle[])

Rectangle 構造体で指定された一連の四角形を描画します。

DrawRectangles(Pen, RectangleF[])

RectangleF 構造体で指定された一連の四角形を描画します。

DrawString(String, Font, Brush, PointF)

指定した位置に、指定した Brush オブジェクトと Font オブジェクトで、指定した文字列を描画します。

DrawString(String, Font, Brush, PointF, StringFormat)

指定した Brush の書式属性を使用して、指定した Font オブジェクトおよび StringFormat オブジェクトで、指定した位置に指定した文字列を描画します。

DrawString(String, Font, Brush, RectangleF)

指定した Brush オブジェクトと Font オブジェクトで、指定した文字列を指定した四角形内に描画します。

DrawString(String, Font, Brush, RectangleF, StringFormat)

指定した Brush の書式属性を使用して、指定した Font オブジェクトおよび StringFormat オブジェクトで、指定した四角形に指定した文字列を描画します。

DrawString(String, Font, Brush, Single, Single)

指定した位置に、指定した Brush オブジェクトと Font オブジェクトで、指定した文字列を描画します。

DrawString(String, Font, Brush, Single, Single, StringFormat)

指定した Brush の書式属性を使用して、指定した Font オブジェクトおよび StringFormat オブジェクトで、指定した位置に指定した文字列を描画します。

EndContainer(GraphicsContainer)

現在のグラフィックス コンテナーを閉じ、この Graphics の状態を、BeginContainer() メソッドを呼び出すことによって保存されていた状態に復元します。

EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, Point, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, Point, Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, Point, Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, Point, Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、Metafile から選択された四角形のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, Point[], Graphics+EnumerateMetafileProc)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, Point[], Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, Point[], Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, Point[], Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, Point[], Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, Point[], Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、Metafile から選択された四角形のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, PointF, Graphics+EnumerateMetafileProc)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, PointF, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, PointF, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, PointF, RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, PointF, RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, PointF, RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、Metafile から選択された四角形のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した点に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, PointF[], Graphics+EnumerateMetafileProc)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, PointF[], Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, PointF[], Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, PointF[], RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, PointF[], RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, PointF[], RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、Metafile から選択された四角形のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した平行四辺形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, Rectangle, Graphics+EnumerateMetafileProc)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, Rectangle, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, Rectangle, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, Rectangle, Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, Rectangle, Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, Rectangle, Rectangle, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、Metafile から選択された四角形のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, RectangleF, Graphics+EnumerateMetafileProc)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, RectangleF, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, RectangleF, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、指定した Metafile のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, RectangleF, RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, RectangleF, RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr)

Metafile から選択した四角形内のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。

EnumerateMetafile(Metafile, RectangleF, RectangleF, GraphicsUnit, Graphics+EnumerateMetafileProc, IntPtr, ImageAttributes)

指定したイメージ属性を使用して、Metafile から選択された四角形のレコードをコールバック メソッドに一度に 1 つずつ送信して、指定した四角形内に表示します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
ExcludeClip(Rectangle)

Graphics 構造体で指定された領域が除外されるように、この Rectangle のクリップ領域を更新します。

ExcludeClip(Region)

Region で指定された領域が除外されるように、この Graphics のクリップ領域を更新します。

FillClosedCurve(Brush, Point[])

Point 構造体の配列で定義される、閉じたカーディナル スプライン曲線の内部を塗りつぶします。

FillClosedCurve(Brush, Point[], FillMode)

Point 構造体の配列で定義される、閉じたカーディナル スプライン曲線の内部を指定の塗りつぶしモードで塗りつぶします。

FillClosedCurve(Brush, Point[], FillMode, Single)

Point 構造体の配列で定義される、閉じたカーディナル スプライン曲線の内部を指定の塗りつぶしモードおよびテンションで塗りつぶします。

FillClosedCurve(Brush, PointF[])

PointF 構造体の配列で定義される、閉じたカーディナル スプライン曲線の内部を塗りつぶします。

FillClosedCurve(Brush, PointF[], FillMode)

PointF 構造体の配列で定義される、閉じたカーディナル スプライン曲線の内部を指定の塗りつぶしモードで塗りつぶします。

FillClosedCurve(Brush, PointF[], FillMode, Single)

PointF 構造体の配列で定義される、閉じたカーディナル スプライン曲線の内部を指定の塗りつぶしモードおよびテンションで塗りつぶします。

FillEllipse(Brush, Int32, Int32, Int32, Int32)

座標ペア、高さ、および幅で指定された外接する四角形によって定義される楕円を描画します。

FillEllipse(Brush, Rectangle)

Rectangle 構造体で指定された外接する四角形によって定義される楕円の内部を塗りつぶします。

FillEllipse(Brush, RectangleF)

RectangleF 構造体で指定された外接する四角形によって定義される楕円の内部を塗りつぶします。

FillEllipse(Brush, Single, Single, Single, Single)

座標ペア、高さ、および幅で指定された外接する四角形によって定義される楕円を描画します。

FillPath(Brush, GraphicsPath)

GraphicsPath の内部を塗りつぶします。

FillPie(Brush, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32, Int32)

座標ペア、幅、および高さで指定された楕円と 2 本の半径によって定義される扇形の内部を塗りつぶします。

FillPie(Brush, Rectangle, Single, Single)

RectangleF 構造体と 2 本の半径によって指定された楕円で定義される扇形の内部を塗りつぶします。

FillPie(Brush, RectangleF, Single, Single)

楕円と 2 つの放射状線で定義された円セクションの内部を塗りつぶします。

FillPie(Brush, Single, Single, Single, Single, Single, Single)

座標ペア、幅、および高さで指定された楕円と 2 本の半径によって定義される扇形の内部を塗りつぶします。

FillPolygon(Brush, Point[])

Point 構造体で指定された点の配列によって定義される多角形の内部を塗りつぶします。

FillPolygon(Brush, Point[], FillMode)

Point 構造体で指定された点の配列によって定義される多角形の内部を指定の塗りつぶしモードで塗りつぶします。

FillPolygon(Brush, PointF[])

PointF 構造体で指定された点の配列によって定義される多角形の内部を塗りつぶします。

FillPolygon(Brush, PointF[], FillMode)

PointF 構造体で指定された点の配列によって定義される多角形の内部を指定の塗りつぶしモードで塗りつぶします。

FillRectangle(Brush, Int32, Int32, Int32, Int32)

座標ペア、幅、および高さで指定された四角形の内部を塗りつぶします。

FillRectangle(Brush, Rectangle)

Rectangle 構造体で指定された四角形の内部を塗りつぶします。

FillRectangle(Brush, RectangleF)

RectangleF 構造体で指定された四角形の内部を塗りつぶします。

FillRectangle(Brush, Single, Single, Single, Single)

座標ペア、幅、および高さで指定された四角形の内部を塗りつぶします。

FillRectangles(Brush, Rectangle[])

Rectangle 構造体で指定された一連の四角形の内部を塗りつぶします。

FillRectangles(Brush, RectangleF[])

RectangleF 構造体で指定された一連の四角形の内部を塗りつぶします。

FillRegion(Brush, Region)

Region の内部を塗りつぶします。

Finalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。

Flush()

保留中のグラフィックス操作をすべて強制実行し、操作の終了を待機せずにすぐに制御を戻します。

Flush(FlushIntention)

メソッドが保留中のグラフィックス操作を待機しているかどうかにかかわらず、すべての保留中のグラフィックス操作を指定どおりに強制実行し、操作が終了する前に制御を戻します。

FromHdc(IntPtr)

デバイス コンテキストを識別する指定のハンドルから新しい Graphics を作成します。

FromHdc(IntPtr, IntPtr)

デバイス コンテキストを識別する指定のハンドルと、デバイスを識別する指定のハンドルから、新しい Graphics を作成します。

FromHdcInternal(IntPtr)

指定したデバイス コンテキストの Graphics を返します。

FromHwnd(IntPtr)

ウィンドウを識別する指定のハンドルから新しい Graphics を作成します。

FromHwndInternal(IntPtr)

指定したウィンドウ ハンドルに新しい Graphics を作成します。

FromImage(Image)

指定した Image の新しい Graphics を作成します。

GetContextInfo()
互換性のために残されています。

累積的なグラフィックス コンテキストを取得します。

GetContextInfo(PointF)

累積オフセットを取得します。

GetContextInfo(PointF, Region)

累積オフセットとクリップ領域を取得します。

GetHalftonePalette()

現在の Windows ハーフトーン パレットを識別するハンドルを取得します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetHdc()

この Graphics に関連付けられているデバイス コンテキストを識別するハンドルを取得します。

GetLifetimeService()
互換性のために残されています。

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
GetNearestColor(Color)

指定した Color 構造体に最も近い色を取得します。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()
互換性のために残されています。

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
IntersectClip(Rectangle)

この Graphics のクリップ領域を現在のクリップ領域と指定した Rectangle 構造体との交差部分に更新します。

IntersectClip(RectangleF)

この Graphics のクリップ領域を現在のクリップ領域と指定した RectangleF 構造体との交差部分に更新します。

IntersectClip(Region)

この Graphics のクリップ領域を現在のクリップ領域と指定した Region との交差部分に更新します。

IsVisible(Int32, Int32)

座標ペアで指定された点が、この Graphics の表示クリップ領域内にあるかどうかを示します。

IsVisible(Int32, Int32, Int32, Int32)

この Graphics の表示クリップ領域内に、座標ペア、幅、および高さで指定された四角形が含まれるかどうかを示します。

IsVisible(Point)

この Graphics の表示クリップ領域内に、指定した Point 構造体が含まれるかどうかを示します。

IsVisible(PointF)

この Graphics の表示クリップ領域内に、指定した PointF 構造体が含まれるかどうかを示します。

IsVisible(Rectangle)

この Graphics の表示クリップ領域内に、Rectangle 構造体で指定された四角形が含まれるかどうかを示します。

IsVisible(RectangleF)

この Graphics の表示クリップ領域内に、RectangleF 構造体で指定された四角形が含まれるかどうかを示します。

IsVisible(Single, Single)

座標ペアで指定された点が、この Graphics の表示クリップ領域内にあるかどうかを示します。

IsVisible(Single, Single, Single, Single)

この Graphics の表示クリップ領域内に、座標ペア、幅、および高さで指定された四角形が含まれるかどうかを示します。

MeasureCharacterRanges(String, Font, RectangleF, StringFormat)

指定した文字列内の文字位置の範囲にそれぞれが外接する Region オブジェクトの配列を取得します。

MeasureString(String, Font)

指定した Font で描画した場合の、指定した文字列を計測します。

MeasureString(String, Font, Int32)

指定した Font で描画した場合の、指定した文字列を計測します。

MeasureString(String, Font, Int32, StringFormat)

指定した Font を使用し、指定した StringFormat で書式指定して描画した場合の、指定した文字列を計測します。

MeasureString(String, Font, PointF, StringFormat)

指定した Font を使用し、指定した StringFormat で書式指定して描画した場合の、指定した文字列を計測します。

MeasureString(String, Font, SizeF)

指定したレイアウト領域内に指定した Font で描画した場合の、指定した文字列を計測します。

MeasureString(String, Font, SizeF, StringFormat)

指定した Font を使用し、指定した StringFormat で書式指定して描画した場合の、指定した文字列を計測します。

MeasureString(String, Font, SizeF, StringFormat, Int32, Int32)

指定した Font を使用し、指定した StringFormat で書式指定して描画した場合の、指定した文字列を計測します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
MultiplyTransform(Matrix)

この Graphics と指定した Matrix のワールド変換を乗算します。

MultiplyTransform(Matrix, MatrixOrder)

この Graphics と指定した Matrix のワールド変換を指定した順序で乗算します。

ReleaseHdc()

この GraphicsGetHdc() メソッドを前回呼び出したときに取得したデバイス コンテキスト ハンドルを解放します。

ReleaseHdc(IntPtr)

この GraphicsGetHdc() メソッドを前回呼び出したときに取得したデバイス コンテキスト ハンドルを解放します。

ReleaseHdcInternal(IntPtr)

デバイス コンテキストを識別するハンドルを解放します。

ResetClip()

この Graphics のクリップ領域を無制限領域にリセットします。

ResetTransform()

対象の Graphics のワールド変換行列を単位行列にリセットします。

Restore(GraphicsState)

この Graphics の状態を GraphicsState によって表される状態に復元します。

RotateTransform(Single)

この Graphics の変換行列に、指定した回転を適用します。

RotateTransform(Single, MatrixOrder)

この Graphics の変換行列に、指定した回転を指定した順序で適用します。

Save()

この Graphics の現在の状態を保存し、保存した状態を GraphicsState で識別します。

ScaleTransform(Single, Single)

この Graphics の変換行列の前に指定したスケーリング操作を付加することによって、この変換行列にスケーリング操作を適用します。

ScaleTransform(Single, Single, MatrixOrder)

この Graphics の変換行列に、指定したスケーリング操作を指定した順序で適用します。

SetClip(Graphics)

この Graphics のクリッピング領域を指定した GraphicsClip プロパティに設定します。

SetClip(Graphics, CombineMode)

この Graphics のクリッピング領域を、現在のクリップ領域と指定した GraphicsClip プロパティとを組み合わせる指定の操作の結果に設定します。

SetClip(GraphicsPath)

この Graphics のクリッピング領域を指定した GraphicsPath オブジェクトに設定します。

SetClip(GraphicsPath, CombineMode)

この Graphics のクリッピング領域を、現在のクリップ領域と指定した GraphicsPath とを組み合わせる指定の操作の結果に設定します。

SetClip(Rectangle)

この Graphics のクリッピング領域を Rectangle 構造体で指定された四角形に設定します。

SetClip(Rectangle, CombineMode)

この Graphics のクリッピング領域を現在のクリップ領域と Rectangle 構造体で指定された四角形とを組み合わせる指定の操作の結果に設定します。

SetClip(RectangleF)

この Graphics のクリッピング領域を RectangleF 構造体で指定された四角形に設定します。

SetClip(RectangleF, CombineMode)

この Graphics のクリッピング領域を現在のクリップ領域と RectangleF 構造体で指定された四角形とを組み合わせる指定の操作の結果に設定します。

SetClip(Region, CombineMode)

この Graphics のクリッピング領域を、現在のクリップ領域と指定した Region とを組み合わせる指定の操作の結果に設定します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
TransformPoints(CoordinateSpace, CoordinateSpace, Point[])

この Graphics の現在のワールド変換とページ変換を使用して、点の配列をある座標空間から別の座標空間に変換します。

TransformPoints(CoordinateSpace, CoordinateSpace, PointF[])

この Graphics の現在のワールド変換とページ変換を使用して、点の配列をある座標空間から別の座標空間に変換します。

TranslateClip(Int32, Int32)

指定した量だけ水平方向および垂直方向に、この Graphics のクリッピング領域を平行移動します。

TranslateClip(Single, Single)

指定した量だけ水平方向および垂直方向に、この Graphics のクリッピング領域を平行移動します。

TranslateTransform(Single, Single)

この Graphics の変換行列の前に指定の平行移動を付加することによって、座標系の原点を変更します。

TranslateTransform(Single, Single, MatrixOrder)

この Graphics の変換行列に指定の平行移動を指定の順序で適用することによって、座標系の原点を変更します。

適用対象

こちらもご覧ください