Image.FromFile メソッド

定義

指定したファイルから Image を作成します。

オーバーロード

FromFile(String)

指定したファイルから Image を作成します。

FromFile(String, Boolean)

そのファイルの埋め込み色管理情報を使用して、指定したファイルから Image を作成します。

FromFile(String)

指定したファイルから Image を作成します。

public:
 static System::Drawing::Image ^ FromFile(System::String ^ filename);
public static System.Drawing.Image FromFile (string filename);
static member FromFile : string -> System.Drawing.Image
Public Shared Function FromFile (filename As String) As Image

パラメーター

filename
String

Image の作成元となるファイルの名前が含まれている文字列。

戻り値

Image

このメソッドが作成する Image

例外

ファイルのイメージ形式が有効ではありません。

  • または -

GDI+では、ファイルのピクセル形式はサポートされていません。

指定したファイルが存在しません。

filenameUri です。

次のコード例は、and SetPropertyItem メソッドの使用方法をFromFileGetPropertyItem示しています。 この例は、Windows フォームで使用するように設計されています。 この例を実行するには、フォームに貼り付け、メソッドを呼び出してフォームのPaintイベントをDemonstratePropertyItem処理し、次のようにPaintEventArgs渡しますe

private:
   void DemonstratePropertyItem( PaintEventArgs^ e )
   {
      // Create two images.
      Image^ image1 = Image::FromFile( "c:\\FakePhoto1.jpg" );
      Image^ image2 = Image::FromFile( "c:\\FakePhoto2.jpg" );

      // Get a PropertyItem from image1.
      PropertyItem^ propItem = image1->GetPropertyItem( 20624 );

      // Change the ID of the PropertyItem.
      propItem->Id = 20625;

      // Set the PropertyItem for image2.
      image2->SetPropertyItem( propItem );

      // Draw the image.
      e->Graphics->DrawImage( image2, 20.0F, 20.0F );
   }
private void DemonstratePropertyItem(PaintEventArgs e)
{

    // Create two images.
    Image image1 = Image.FromFile("c:\\FakePhoto1.jpg");
    Image image2 = Image.FromFile("c:\\FakePhoto2.jpg");

    // Get a PropertyItem from image1.
    PropertyItem propItem = image1.GetPropertyItem(20624);

    // Change the ID of the PropertyItem.
    propItem.Id = 20625;

    // Set the PropertyItem for image2.
    image2.SetPropertyItem(propItem);

    // Draw the image.
    e.Graphics.DrawImage(image2, 20.0F, 20.0F);
}
Private Sub DemonstratePropertyItem(ByVal e As PaintEventArgs)

    ' Create two images.
    Dim image1 As Image = Image.FromFile("c:\FakePhoto1.jpg")
    Dim image2 As Image = Image.FromFile("c:\FakePhoto2.jpg")

    ' Get a PropertyItem from image1.
    Dim propItem As PropertyItem = image1.GetPropertyItem(20624)

    ' Change the ID of the PropertyItem.
    propItem.Id = 20625

    ' Set the PropertyItem for image2.
    image2.SetPropertyItem(propItem)

    ' Draw the image.
    e.Graphics.DrawImage(image2, 20.0F, 20.0F)
End Sub

注釈

マネージド GDI+には、次の種類のファイルをサポートするエンコーダーとデコーダーが組み込まれています。

  • BMP

  • GIF

  • JPEG

  • PNG

  • TIFF

ファイルは破棄されるまで Image ロックされたままになります。

ファイルに有効なイメージ形式がない場合、またはGDI+がファイルのピクセル形式をサポートしていない場合、このメソッドは例外をOutOfMemoryExceptionスローします。

注意

このクラスでは Image 、ビットマップのアルファ透明度はサポートされていません。 アルファ透明度を有効にするには、ピクセルあたり 32 ビットの PNG 画像を使用します。

こちらもご覧ください

適用対象

FromFile(String, Boolean)

そのファイルの埋め込み色管理情報を使用して、指定したファイルから Image を作成します。

public:
 static System::Drawing::Image ^ FromFile(System::String ^ filename, bool useEmbeddedColorManagement);
public static System.Drawing.Image FromFile (string filename, bool useEmbeddedColorManagement);
static member FromFile : string * bool -> System.Drawing.Image
Public Shared Function FromFile (filename As String, useEmbeddedColorManagement As Boolean) As Image

パラメーター

filename
String

Image の作成元となるファイルの名前が含まれている文字列。

useEmbeddedColorManagement
Boolean

イメージ ファイルに埋め込まれている色管理情報を使用する場合は true に設定されます。それ以外の場合は false に設定されます。

戻り値

Image

このメソッドが作成する Image

例外

ファイルのイメージ形式が有効ではありません。

  • または -

GDI+では、ファイルのピクセル形式はサポートされていません。

指定したファイルが存在しません。

filenameUri です。

次のコード例は、メソッドを使用して新しいビットマップを取得する方法を FromFile 示しています。 また、.TextureBrush

この例は、Windows フォームで使用するように設計されています。 という名前 Button2のボタンを含むフォームを作成します。 コードをフォームに貼り付け、メソッドを Button2_Click ボタンの Click イベントに関連付けます。

private:
   void Button2_Click( System::Object^ /*sender*/, System::EventArgs^ /*e*/ )
   {
      try
      {
         Bitmap^ image1 = dynamic_cast<Bitmap^>(Image::FromFile( "C:\\Documents and Settings\\"
         "All Users\\Documents\\My Music\\music.bmp", true ));
         TextureBrush^ texture = gcnew TextureBrush( image1 );
         texture->WrapMode = System::Drawing::Drawing2D::WrapMode::Tile;
         Graphics^ formGraphics = this->CreateGraphics();
         formGraphics->FillEllipse( texture, RectangleF(90.0F,110.0F,100,100) );
         delete formGraphics;
      }
      catch ( System::IO::FileNotFoundException^ ) 
      {
         MessageBox::Show( "There was an error opening the bitmap."
         "Please check the path." );
      }
   }
private void Button2_Click(System.Object sender, System.EventArgs e)
{
    try
    {
        Bitmap image1 = (Bitmap) Image.FromFile(@"C:\Documents and Settings\" +
            @"All Users\Documents\My Music\music.bmp", true);

        TextureBrush texture = new TextureBrush(image1);
        texture.WrapMode = System.Drawing.Drawing2D.WrapMode.Tile;
        Graphics formGraphics = this.CreateGraphics();
        formGraphics.FillEllipse(texture, 
            new RectangleF(90.0F, 110.0F, 100, 100));
        formGraphics.Dispose();
    }
    catch(System.IO.FileNotFoundException)
    {
        MessageBox.Show("There was an error opening the bitmap." +
            "Please check the path.");
    }
}
Private Sub Button2_Click(ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles Button2.Click
    Try
        Dim image1 As Bitmap = _
            CType(Image.FromFile("C:\Documents and Settings\" _
            & "All Users\Documents\My Music\music.bmp", True), Bitmap)

        Dim texture As New TextureBrush(image1)
        texture.WrapMode = Drawing2D.WrapMode.Tile
        Dim formGraphics As Graphics = Me.CreateGraphics()
        formGraphics.FillEllipse(texture, _
            New RectangleF(90.0F, 110.0F, 100, 100))
        formGraphics.Dispose()

    Catch ex As System.IO.FileNotFoundException
        MessageBox.Show("There was an error opening the bitmap." _
            & "Please check the path.")
    End Try

End Sub

注釈

マネージド GDI+には、次の種類のファイルをサポートするエンコーダーとデコーダーが組み込まれています。

  • BMP

  • GIF

  • JPEG

  • PNG

  • TIFF

ファイルに有効なイメージ形式がない場合、またはGDI+がファイルのピクセル形式をサポートしていない場合、このメソッドは例外をOutOfMemoryExceptionスローします。

ファイルは破棄されるまで Image ロックされたままになります。

このパラメーターは useEmbeddedColorManagement 、イメージ ファイルに埋め込まれている色管理情報に従って、新しい Image ユーザーが色補正を適用するかどうかを指定します。 埋め込み情報には、International Color Consortium (ICC) プロファイル、ガンマ値、色度情報を含めることができます。

注意

このクラスでは Image 、ビットマップのアルファ透明度はサポートされていません。 アルファ透明度を有効にするには、ピクセルあたり 32 ビットの PNG 画像を使用します。

こちらもご覧ください

適用対象