File.Move メソッド

定義

オーバーロード

Move(String, String)

指定したファイルを新しい場所に移動します。オプションで新しいファイル名を指定することもできます。

Move(String, String, Boolean)

指定したファイルを新しい場所に移動します。新しいファイル名を指定し、既に存在する場合は、対象ファイルを上書きするオプションが用意されています。

Move(String, String)

指定したファイルを新しい場所に移動します。オプションで新しいファイル名を指定することもできます。

public:
 static void Move(System::String ^ sourceFileName, System::String ^ destFileName);
public static void Move (string sourceFileName, string destFileName);
static member Move : string * string -> unit
Public Shared Sub Move (sourceFileName As String, destFileName As String)

パラメーター

sourceFileName
String

移動するファイルの名前。 相対パスまたは絶対パスを含めることができます。

destFileName
String

ファイルの新しいパスおよび名前。

例外

destFileName が既に存在します。

  • または -

ディスク ボリューム間でのファイルのコピー中など、I/O エラーが発生しました。

sourceFileName が見つかりませんでした。

sourceFileName または destFileNamenull です。

2.1 より前のバージョンの.NET Frameworkと .NET Core: sourceFileName またはdestFileName長さが 0 の文字列、空白のみを含む、または無効な文字を含む。 正しくない文字を照会するには、GetInvalidPathChars() メソッドを使用します。

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

指定したパス、ファイル名、またはその両方がシステム定義の最大長を超えています。

sourceFileName または destFileName で指定されたパスが正しくありません (マップされていないドライブ上のパスなど)。

sourceFileName または destFileName の形式が正しくありません。

次の例では、ファイルを移動します。

using namespace System;
using namespace System::IO;

int main()
{
   String^ path = "c:\\temp\\MyTest.txt";
   String^ path2 = "c:\\temp2\\MyTest.txt";
   try
   {
      if (  !File::Exists( path ) )
      {
         
         // This statement ensures that the file is created,
         // but the handle is not kept.
         FileStream^ fs = File::Create( path );
         if ( fs )
                  delete (IDisposable^)fs;
      }
      
      // Ensure that the target does not exist.
      if ( File::Exists( path2 ) )
            File::Delete( path2 );
      
      // Move the file.
      File::Move( path, path2 );
      Console::WriteLine( "{0} was moved to {1}.", path, path2 );
      
      // See if the original exists now.
      if ( File::Exists( path ) )
      {
         Console::WriteLine( "The original file still exists, which is unexpected." );
      }
      else
      {
         Console::WriteLine( "The original file no longer exists, which is expected." );
      }
   }
   catch ( Exception^ e ) 
   {
      Console::WriteLine( "The process failed: {0}", e );
   }
}
using System;
using System.IO;

class Test
{
    public static void Main()
    {
        string path = @"c:\temp\MyTest.txt";
        string path2 = @"c:\temp2\MyTest.txt";
        try
        {
            if (!File.Exists(path))
            {
                // This statement ensures that the file is created,
                // but the handle is not kept.
                using (FileStream fs = File.Create(path)) {}
            }

            // Ensure that the target does not exist.
            if (File.Exists(path2))	
            File.Delete(path2);

            // Move the file.
            File.Move(path, path2);
            Console.WriteLine("{0} was moved to {1}.", path, path2);

            // See if the original exists now.
            if (File.Exists(path))
            {
                Console.WriteLine("The original file still exists, which is unexpected.");
            }
            else
            {
                Console.WriteLine("The original file no longer exists, which is expected.");
            }			
        }
        catch (Exception e)
        {
            Console.WriteLine("The process failed: {0}", e.ToString());
        }
    }
}
Imports System.IO
Imports System.Text

Public Class Test
    Public Shared Sub Main()
        Dim path As String = "c:\temp\MyTest.txt"
        Dim path2 As String = "c:\temp2\MyTest.txt"

        Try
            If File.Exists(path) = False Then
                ' This statement ensures that the file is created,
                ' but the handle is not kept.
                Dim fs As FileStream = File.Create(path)
                fs.Close()
            End If

            ' Ensure that the target does not exist.
            If File.Exists(path2) Then
                File.Delete(path2)
            End If

            ' Move the file.
            File.Move(path, path2)
            Console.WriteLine("{0} moved to {1}", path, path2)

            ' See if the original file exists now.
            If File.Exists(path) Then
                Console.WriteLine("The original file still exists, which is unexpected.")
            Else
                Console.WriteLine("The original file no longer exists, which is expected.")
            End If
        Catch e As Exception
            Console.WriteLine("The process failed: {0}", e.ToString())
        End Try
    End Sub
End Class

注釈

このメソッドはディスク ボリューム間で機能し、ソースと宛先が同じ場合は例外をスローしません。

同じ名前のファイルをそのディレクトリに移動してファイルを置き換えようとすると、an IOException がスローされることに注意してください。 この問題を回避するには、次の操作を行います。

  • .NET Core 3.0 以降のバージョンでは、パラメーターの設定を呼び出すことができます。このパラメーター overwrite trueを呼び出Move(String, String, Boolean)すと、ファイルが存在する場合はファイルが置き換えられます。

  • すべての .NET バージョンでは、overwrite を使用してコピーを呼び出 Copy(String, String, Boolean) し、余分なソース ファイルを削除するために呼び出 Delete すことができます。 この方法は、コピーするファイルが小さく、"アトミック" ファイル操作を探している場合に推奨されます。 Delete最初にファイルがクラッシュし、システムまたはプログラムがクラッシュした場合、コピー先のファイルは存在しなくなります。

  • すべての .NET バージョンでは、呼び出す前に呼び出すことができます。呼び出Delete(String)Moveすと、ファイルが存在する場合にのみファイルが削除されます。

sourceFileName引数にはdestFileName、相対パスまたは絶対パス情報を含めることができます。 相対パス情報は、現在の作業ディレクトリに対する相対パスとして解釈されます。 現在の作業ディレクトリを取得するには、次を参照してください GetCurrentDirectory

ファイルをディスク ボリューム間で移動することは、ファイルをコピーし、コピーが成功した場合にソースから削除することと同じです。

ファイルをディスク ボリューム間で移動しようとして、そのファイルが使用中の場合、ファイルはコピー先にコピーされますが、ソースから削除されません。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象

Move(String, String, Boolean)

指定したファイルを新しい場所に移動します。新しいファイル名を指定し、既に存在する場合は、対象ファイルを上書きするオプションが用意されています。

public:
 static void Move(System::String ^ sourceFileName, System::String ^ destFileName, bool overwrite);
public static void Move (string sourceFileName, string destFileName, bool overwrite);
static member Move : string * string * bool -> unit
Public Shared Sub Move (sourceFileName As String, destFileName As String, overwrite As Boolean)

パラメーター

sourceFileName
String

移動するファイルの名前。 相対パスまたは絶対パスを含めることができます。

destFileName
String

ファイルの新しいパスおよび名前。

overwrite
Boolean

宛先ファイルが既に存在する場合にそれを上書きする場合は true。それ以外の場合は false

例外

destFileName が既に存在し、overwritefalse です。

  • または -

ディスク ボリューム間でのファイルのコピー中など、I/O エラーが発生しました。

sourceFileName が見つかりませんでした。

sourceFileName または destFileNamenull です。

2.1 より前のバージョンの.NET Frameworkと .NET Core: sourceFileName またはdestFileName長さが 0 の文字列、空白のみを含む、または無効な文字を含む。 正しくない文字を照会するには、GetInvalidPathChars() メソッドを使用します。

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

指定したパス、ファイル名、またはその両方がシステム定義の最大長を超えています。

sourceFileName または destFileName で指定されたパスが正しくありません (マップされていないドライブ上のパスなど)。

sourceFileName または destFileName の形式が正しくありません。

次の例では、ファイルを移動します。

using namespace System;
using namespace System::IO;

int main()
{
   String^ path = "c:\\temp\\MyTest.txt";
   String^ path2 = "c:\\temp2\\MyTest.txt";
   try
   {
      if (  !File::Exists( path ) )
      {
         
         // This statement ensures that the file is created,
         // but the handle is not kept.
         FileStream^ fs = File::Create( path );
         if ( fs )
                  delete (IDisposable^)fs;
      }
      
      // Ensure that the target does not exist.
      if ( File::Exists( path2 ) )
            File::Delete( path2 );
      
      // Move the file.
      File::Move( path, path2 );
      Console::WriteLine( "{0} was moved to {1}.", path, path2 );
      
      // See if the original exists now.
      if ( File::Exists( path ) )
      {
         Console::WriteLine( "The original file still exists, which is unexpected." );
      }
      else
      {
         Console::WriteLine( "The original file no longer exists, which is expected." );
      }
   }
   catch ( Exception^ e ) 
   {
      Console::WriteLine( "The process failed: {0}", e );
   }
}
using System;
using System.IO;

class Test
{
    public static void Main()
    {
        string path = @"c:\temp\MyTest.txt";
        string path2 = @"c:\temp2\MyTest.txt";
        try
        {
            if (!File.Exists(path))
            {
                // This statement ensures that the file is created,
                // but the handle is not kept.
                using (FileStream fs = File.Create(path)) {}
            }

            // Ensure that the target does not exist.
            if (File.Exists(path2))	
            File.Delete(path2);

            // Move the file.
            File.Move(path, path2);
            Console.WriteLine("{0} was moved to {1}.", path, path2);

            // See if the original exists now.
            if (File.Exists(path))
            {
                Console.WriteLine("The original file still exists, which is unexpected.");
            }
            else
            {
                Console.WriteLine("The original file no longer exists, which is expected.");
            }			
        }
        catch (Exception e)
        {
            Console.WriteLine("The process failed: {0}", e.ToString());
        }
    }
}
Imports System.IO
Imports System.Text

Public Class Test
    Public Shared Sub Main()
        Dim path As String = "c:\temp\MyTest.txt"
        Dim path2 As String = "c:\temp2\MyTest.txt"

        Try
            If File.Exists(path) = False Then
                ' This statement ensures that the file is created,
                ' but the handle is not kept.
                Dim fs As FileStream = File.Create(path)
                fs.Close()
            End If

            ' Ensure that the target does not exist.
            If File.Exists(path2) Then
                File.Delete(path2)
            End If

            ' Move the file.
            File.Move(path, path2)
            Console.WriteLine("{0} moved to {1}", path, path2)

            ' See if the original file exists now.
            If File.Exists(path) Then
                Console.WriteLine("The original file still exists, which is unexpected.")
            Else
                Console.WriteLine("The original file no longer exists, which is expected.")
            End If
        Catch e As Exception
            Console.WriteLine("The process failed: {0}", e.ToString())
        End Try
    End Sub
End Class

注釈

このメソッドはディスク ボリューム間で機能し、ソースと宛先が同じ場合は例外をスローしません。

sourceFileName引数にはdestFileName、相対パスまたは絶対パス情報を含めることができます。 相対パス情報は、現在の作業ディレクトリに対する相対パスとして解釈されます。 現在の作業ディレクトリを取得するには、次を参照してください GetCurrentDirectory

ファイルをディスク ボリューム間で移動することは、ファイルをコピーし、コピーが成功した場合にソースから削除することと同じです。

ファイルをディスク ボリューム間で移動しようとして、そのファイルが使用中の場合、ファイルはコピー先にコピーされますが、ソースから削除されません。

共通 I/O タスクの一覧は、 共通 I/O タスク を参照してください。

こちらもご覧ください

適用対象