PipeWriter クラス

定義

データを書き込めるパイプラインを提供するクラスを定義します。

public ref class PipeWriter abstract : System::Buffers::IBufferWriter<System::Byte>
public abstract class PipeWriter : System.Buffers.IBufferWriter<byte>
type PipeWriter = class
    interface IBufferWriter<byte>
Public MustInherit Class PipeWriter
Implements IBufferWriter(Of Byte)
継承
PipeWriter
実装

コンストラクター

PipeWriter()

クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

CanGetUnflushedBytes

現在 PipeWriter の が、フラッシュされていないバイト数の報告をサポートしているかどうかを示す値を取得します。

UnflushedBytes

派生クラスでオーバーライドされると、現在のライター内のフラッシュされていないバイト数を取得します。

メソッド

Advance(Int32)

bytes バイトが出力 Span<T> または Memory<T> に書き込まれたことを PipeWriter に通知します。 さらにデータの書き込みを続けるには、Advance(Int32) を呼び出した後に新しいバッファーを要求する必要があります。前に取得したバッファーに書き込むことはできません。

AsStream(Boolean)

StreamPipeWriter 表現を返します。

CancelPendingFlush()

保留中の FlushAsync(CancellationToken) または WriteAsync(ReadOnlyMemory<Byte>, CancellationToken) 操作をキャンセルします。これによって操作でスローが発生したり、PipeWriter が終了したりすることはありません。 保留中の操作がない場合は、次の操作がキャンセルされます。

Complete(Exception)

完了していると PipeWriter をマークします。これ以上の項目は書き込まれないという意味です。

CompleteAsync(Exception)

現在のパイプの書き込み側のインスタンスを完了済みとしてマークします。これは、これ以上データが書き込まれなくなることを意味します。

CopyFromAsync(Stream, CancellationToken)

指定したストリームからバイトを非同期に読み取り、PipeWriter に書き込みます。

Create(Stream, StreamPipeWriterOptions)

指定した Stream をラップする PipeWriter を作成します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
FlushAsync(CancellationToken)

PipeReader に対して書き込みバイト数を使用できるようにし、ReadAsync(CancellationToken) 継続を実行します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetMemory(Int32)

少なくとも sizeHint パラメーターで指定した要求されたサイズを持つ、書き込み先の Memory<T> を返します。

GetSpan(Int32)

少なくとも sizeHint パラメーターで指定した要求されたサイズを持つ、書き込み先の Span<T> を返します。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
OnReaderCompleted(Action<Exception,Object>, Object)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

パイプの PipeReader 側が完了すると実行されるコールバックを登録します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
WriteAsync(ReadOnlyMemory<Byte>, CancellationToken)

指定されたバイト メモリ範囲をパイプに書き込み、PipeReader がデータにアクセスできるようにします。

適用対象