IFloatingPoint<TSelf>.WriteSignificandBigEndian メソッド

定義

オーバーロード

WriteSignificandBigEndian(Byte[])

現在の仮数をビッグ エンディアン形式で指定された配列に書き込みます。

WriteSignificandBigEndian(Span<Byte>)

現在の仮数をビッグ エンディアン形式で特定のスパンに書き込みます。

WriteSignificandBigEndian(Byte[], Int32)

現在の仮数をビッグ エンディアン形式で指定された配列に書き込みます。

WriteSignificandBigEndian(Byte[])

現在の仮数をビッグ エンディアン形式で指定された配列に書き込みます。

public:
 virtual int WriteSignificandBigEndian(cli::array <System::Byte> ^ destination);
public virtual int WriteSignificandBigEndian (byte[] destination);
abstract member WriteSignificandBigEndian : byte[] -> int
override this.WriteSignificandBigEndian : byte[] -> int
Public Overridable Function WriteSignificandBigEndian (destination As Byte()) As Integer

パラメーター

destination
Byte[]

現在の仮数を書き込む配列。

戻り値

Int32

destination に書き込むバイト数。

適用対象

WriteSignificandBigEndian(Span<Byte>)

現在の仮数をビッグ エンディアン形式で特定のスパンに書き込みます。

public:
 virtual int WriteSignificandBigEndian(Span<System::Byte> destination);
public virtual int WriteSignificandBigEndian (Span<byte> destination);
abstract member WriteSignificandBigEndian : Span<byte> -> int
override this.WriteSignificandBigEndian : Span<byte> -> int
Public Overridable Function WriteSignificandBigEndian (destination As Span(Of Byte)) As Integer

パラメーター

destination
Span<Byte>

現在の仮数を書き込む必要があるスパン。

戻り値

Int32

destination に書き込むバイト数。

適用対象

WriteSignificandBigEndian(Byte[], Int32)

現在の仮数をビッグ エンディアン形式で指定された配列に書き込みます。

public:
 virtual int WriteSignificandBigEndian(cli::array <System::Byte> ^ destination, int startIndex);
public virtual int WriteSignificandBigEndian (byte[] destination, int startIndex);
abstract member WriteSignificandBigEndian : byte[] * int -> int
override this.WriteSignificandBigEndian : byte[] * int -> int
Public Overridable Function WriteSignificandBigEndian (destination As Byte(), startIndex As Integer) As Integer

パラメーター

destination
Byte[]

現在の仮数を書き込む配列。

startIndex
Int32

仮数を書き込む開始インデックス。

戻り値

Int32

からstartIndex始まるにdestination書き込まれたバイト数。

適用対象