OpCodes.Ldloca フィールド

定義

特定のインデックスのローカル変数のアドレスを評価スタックに読み込みます。

public: static initonly System::Reflection::Emit::OpCode Ldloca;
public static readonly System.Reflection.Emit.OpCode Ldloca;
 staticval mutable Ldloca : System.Reflection.Emit.OpCode
Public Shared ReadOnly Ldloca As OpCode 

フィールド値

OpCode

注釈

次の表に、命令の 16 進数およびMicrosoft中間言語 (MSIL) アセンブリ形式と、簡単なリファレンス概要を示します。

形式 アセンブリ形式 説明
FE OD <unsigned int16> ldloca index index ローカル変数のアドレスを評価スタックに読み込みます。

スタック遷移の動作は、順番に次のようになります。

  1. 指定したインデックスのローカル変数に格納されているアドレスがスタックにプッシュされます。

命令は ldloca 、渡されたインデックスにあるローカル変数番号のアドレスをスタックにプッシュします。この場合、ローカル変数には 0 以降の番号が付きます。 スタックにプッシュされた値は、 や Stind_IなどのLdind_I命令で使用するために、既に正しく配置されています。 結果は一時的なポインター (型 *) です。

Emit のメソッド オーバーロードでは、オペコードを ldloca 使用できます。

適用対象