FileSystemSecurity.AuditRuleFactory メソッド

定義

指定したユーザーの指定した監査規則を表す FileSystemAuditRule クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 override System::Security::AccessControl::AuditRule ^ AuditRuleFactory(System::Security::Principal::IdentityReference ^ identityReference, int accessMask, bool isInherited, System::Security::AccessControl::InheritanceFlags inheritanceFlags, System::Security::AccessControl::PropagationFlags propagationFlags, System::Security::AccessControl::AuditFlags flags);
public override sealed System.Security.AccessControl.AuditRule AuditRuleFactory (System.Security.Principal.IdentityReference identityReference, int accessMask, bool isInherited, System.Security.AccessControl.InheritanceFlags inheritanceFlags, System.Security.AccessControl.PropagationFlags propagationFlags, System.Security.AccessControl.AuditFlags flags);
override this.AuditRuleFactory : System.Security.Principal.IdentityReference * int * bool * System.Security.AccessControl.InheritanceFlags * System.Security.AccessControl.PropagationFlags * System.Security.AccessControl.AuditFlags -> System.Security.AccessControl.AuditRule
Public Overrides NotOverridable Function AuditRuleFactory (identityReference As IdentityReference, accessMask As Integer, isInherited As Boolean, inheritanceFlags As InheritanceFlags, propagationFlags As PropagationFlags, flags As AuditFlags) As AuditRule

パラメーター

identityReference
IdentityReference

ユーザー アカウントを表す IdentityReference オブジェクト。

accessMask
Int32

アクセスの種類を指定する整数。

isInherited
Boolean

アクセス規則が継承されている場合は true。それ以外の場合は false

inheritanceFlags
InheritanceFlags

子オブジェクトにアクセス マスクを反映する方法を指定する InheritanceFlags 値のいずれか。

propagationFlags
PropagationFlags

子オブジェクトにアクセス制御エントリ (ACE) を反映する方法を指定する PropagationFlags 値のいずれか。

flags
AuditFlags

実行する監査の種類を指定する AuditFlags 値のいずれか。

戻り値

AuditRule

指定したユーザーの指定した監査規則を表す新しい FileSystemAuditRule オブジェクト。

例外

accessMask プロパティ、inheritanceFlags プロパティ、propagationFlags プロパティ、または flags プロパティに無効な値が指定されています。

identityReference プロパティが null です。

  • または - accessMask プロパティが 0 です。

identityReference プロパティが SecurityIdentifier 型ではなく、NTAccount 型に変換できる SecurityIdentifier などの型でもありません。

注釈

監査規則を作成する推奨される方法は、クラスのコンストラクターを使用することです FileSystemAuditRule

メソッドの AuditRuleFactory 戻り値の型は基底クラスですが、 AuditRule戻り値は派生クラスに安全にキャストできます。

適用対象