ClaimsIdentity クラス

定義

クレーム ベースの ID を表します。

public ref class ClaimsIdentity : System::Security::Principal::IIdentity
public class ClaimsIdentity : System.Security.Principal.IIdentity
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public class ClaimsIdentity : System.Security.Principal.IIdentity
type ClaimsIdentity = class
    interface IIdentity
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
[<System.Serializable>]
type ClaimsIdentity = class
    interface IIdentity
Public Class ClaimsIdentity
Implements IIdentity
継承
ClaimsIdentity
派生
属性
実装

注釈

クラスは ClaimsIdentity 、クレーム ベースの ID の具体的な実装です。つまり、クレームのコレクションによって記述される ID です。 要求は、そのエンティティのプロパティ、権利、またはその他の品質を記述する発行者によって作成されたエンティティに関するステートメントです。 このようなエンティティは、クレームの対象と言われます。 要求は クラスによって Claim 表されます。 に ClaimsIdentity 含まれる要求は、対応する ID が表すエンティティを記述し、承認と認証の決定を行うために使用できます。 クレームベースのアクセス モデルには、ロールのみに依存する従来のアクセス モデルよりも多くの利点があります。 たとえば、クレームは、それらが表す ID に関するより豊富な情報を提供でき、はるかに具体的な方法で承認または認証を評価できます。

.NET Framework 4.5 以降、Windows Identity Foundation (WIF) とクレーム ベースの ID は、.NET Frameworkに完全に統合されています。 これは、.NET Framework内の ID を表す多くのクラスが、要求のコレクションをClaimsIdentity通じてから派生し、そのプロパティを記述することを意味します。 これは、インターフェイスを直接実装IIdentityした以前のバージョンの.NET Frameworkとは異なります。 ID を記述する要求のコレクションには、 プロパティを Claims 使用してアクセスできます。 クラスには ClaimsIdentity 、要求を検索および変更するためのメソッドがいくつか用意されており、言語統合クエリ (LINQ) が完全にサポートされています。 アプリケーション コードでは、ClaimsIdentityオブジェクトは通常、 によって返されるプリンシパルなど、オブジェクトをThread.CurrentPrincipal介してClaimsPrincipalアクセスされます。

注意

ClaimsPrincipalクラスにも プロパティがありますClaims。 ほとんどの場合、コレクションではなく、コレクションを通じて ClaimsPrincipal.Claims ユーザーの要求にアクセスする Claims 必要があります。 プリンシパルに複数ClaimsIdentityの ID が含まれ、特定の ID を評価または変更する必要がある場合にのみ、個人ClaimsIdentityの要求にアクセスする必要があります。

重要

コレクションに Claims 要求を追加または削除するには、呼び出し元が完全信頼を持っている必要があります。

クレーム ベース モデルでは、 IIdentity.Name プロパティと IPrincipal.IsInRole(String) メソッドは、ID に含まれる要求を評価することによって実装されます。 クレーム ベース モデルの基本実装は、 プロパティと ClaimsPrincipal.IsInRole メソッドによってClaimsIdentity.Name提供されます。 NameClaimTypeプロパティと RoleClaimType プロパティを使用すると、これらの操作の実行時に ID に含まれる要求を評価するために使用する要求の種類を指定できます。

委任シナリオは、 プロパティと BootstrapContext プロパティをActor使用してサポートされます。

コンストラクター

ClaimsIdentity()

空のクレーム コレクションを使用して、ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(BinaryReader)

BinaryReader を指定して、ClaimsIdentity のインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(ClaimsIdentity)

既存の ClaimsIdentity インスタンスを使用して ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(IEnumerable<Claim>)

ClaimsIdentity オブジェクトの列挙された配列を使用して、Claim クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(IEnumerable<Claim>, String)

指定したクレームと認証の種類を使用して ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(IEnumerable<Claim>, String, String, String)

指定したクレーム、認証の種類、名前クレームの種類、およびロール クレームの種類を使用して、ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(IIdentity)

指定した ClaimsIdentity の名前と認証の種類を使用して IIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(IIdentity, IEnumerable<Claim>)

指定したクレームと指定した ClaimsIdentity を使用して IIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(IIdentity, IEnumerable<Claim>, String, String, String)

指定したクレーム、認証の種類、名前クレームの種類、およびロール クレームの種類を使用して、指定した ClaimsIdentity から IIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(SerializationInfo)

ISerializable を使用して作成されたシリアル化ストリームから、ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(SerializationInfo, StreamingContext)

ISerializable を使用して作成されたシリアル化ストリームから、ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(String)

空のクレームのコレクションと指定した認証の種類で ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(String, String, String)

指定した認証の種類、名前クレームの種類、およびロール クレームの種類を使用して、ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

フィールド

DefaultIssuer

既定の発行者 “LOCAL AUTHORITY”。

DefaultNameClaimType

既定の名前クレームの種類、Name

DefaultRoleClaimType

既定のロール クレームの種類、Role

プロパティ

Actor

デリゲート権限が付与された呼び出しパーティの ID を取得または設定します。

AuthenticationType

認証の種類を取得します。

BootstrapContext

このクレーム ID を作成するために使用されたトークンを取得または設定します。

Claims

このクレーム ID に関連付けられているクレームを取得します。

CustomSerializationData

派生型によって提供される追加データが含まれています。 通常、WriteTo(BinaryWriter, Byte[]) の呼び出し時に設定されます。

IsAuthenticated

ID が認証されているかどうかを示す値を取得します。

Label

このクレーム識別子のラベルを取得または設定します。

Name

このクレーム ID の名前を取得します。

NameClaimType

このクレーム ID の Name プロパティにどのクレームが値を提供するかを判断するために使用されるクレームの種類を取得します。

RoleClaimType

このクレーム ID のクレームのうちで .NET のロールとして解釈されるクレームの種類を取得します。

メソッド

AddClaim(Claim)

このクレーム ID に単一のクレームを追加します。

AddClaims(IEnumerable<Claim>)

このクレーム ID にクレームの一覧を追加します。

Clone()

このクレーム ID からコピーした新しい ClaimsIdentity を返します。

CreateClaim(BinaryReader)

カスタム Claim を作成する拡張ポイントを派生型に提供します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
FindAll(Predicate<Claim>)

指定した述語に一致するすべてのクレームを取得します。

FindAll(String)

指定されたクレーム型のすべてのクレームを取得します。

FindFirst(Predicate<Claim>)

指定した述語に一致する最初のクレームを取得します。

FindFirst(String)

指定したクレームの種類の最初のクレームを取得します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

SerializationInfo オブジェクトに、現在の ClaimsIdentity オブジェクトをシリアル化するために必要なデータを格納します。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
HasClaim(Predicate<Claim>)

指定した述語に一致するクレーム ID がこのクレーム ID に含まれるかどうかを判断します。

HasClaim(String, String)

指定したクレームの種類と値を持つクレームがこのクレーム ID に含まれるかどうかを判断します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
RemoveClaim(Claim)

クレーム ID からクレームを削除します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
TryRemoveClaim(Claim)

クレーム ID からクレームを削除します。

WriteTo(BinaryWriter)

BinaryWriter を使用してシリアル化します。

WriteTo(BinaryWriter, Byte[])

BinaryWriter を使用してシリアル化します。

適用対象

こちらもご覧ください