SHA1 クラス

定義

入力データの SHA1 ハッシュを計算します。

public ref class SHA1 abstract : System::Security::Cryptography::HashAlgorithm
public abstract class SHA1 : System.Security.Cryptography.HashAlgorithm
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public abstract class SHA1 : System.Security.Cryptography.HashAlgorithm
type SHA1 = class
    inherit HashAlgorithm
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type SHA1 = class
    inherit HashAlgorithm
Public MustInherit Class SHA1
Inherits HashAlgorithm
継承
派生
属性

注釈

ハッシュは、大量のデータを表す固定サイズの一意の値として使用されます。 対応するデータも一致する場合は、2 つのデータ セットのハッシュが一致する必要があります。 データを小さく変更すると、ハッシュの大きく予測できない変更が発生します。

アルゴリズムの SHA1 ハッシュ サイズは 160 ビットです。

SHA1 との競合問題のため、Microsoft では SHA256 以上に基づくセキュリティ モデルを推奨しています。

コンストラクター

SHA1()

SHA1 の新しいインスタンスを初期化します。

フィールド

HashSizeInBits

SHA1 アルゴリズムによって生成されるハッシュ サイズ (ビット単位)。

HashSizeInBytes

SHA1 アルゴリズムによって生成されるハッシュ サイズ (バイト単位)。

HashSizeValue

計算されたハッシュ コードのサイズをビット単位で表します。

(継承元 HashAlgorithm)
HashValue

計算されたハッシュ コードの値を表します。

(継承元 HashAlgorithm)
State

ハッシュ計算の状態を表します。

(継承元 HashAlgorithm)

プロパティ

CanReuseTransform

現在の変換を再利用できるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 HashAlgorithm)
CanTransformMultipleBlocks

派生クラスでオーバーライドされると、複数のブロックを変換できるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 HashAlgorithm)
Hash

計算されたハッシュ コードの値を取得します。

(継承元 HashAlgorithm)
HashSize

計算されたハッシュ コードのサイズをビット単位で取得します。

(継承元 HashAlgorithm)
InputBlockSize

派生クラスでオーバーライドされると、入力ブロック サイズを取得します。

(継承元 HashAlgorithm)
OutputBlockSize

派生クラスでオーバーライドされると、出力ブロック サイズを取得します。

(継承元 HashAlgorithm)

メソッド

Clear()

HashAlgorithm クラスによって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 HashAlgorithm)
ComputeHash(Byte[])

指定したバイト配列のハッシュ値を計算します。

(継承元 HashAlgorithm)
ComputeHash(Byte[], Int32, Int32)

指定したバイト配列の指定した領域のハッシュ値を計算します。

(継承元 HashAlgorithm)
ComputeHash(Stream)

指定された Stream オブジェクトのハッシュ値を計算します。

(継承元 HashAlgorithm)
ComputeHashAsync(Stream, CancellationToken)

指定された Stream オブジェクトのハッシュ値を非同期に計算します。

(継承元 HashAlgorithm)
Create()

SHA1 の既定の実装のインスタンスを作成します。

Create(String)
互換性のために残されています。

SHA1 の指定した実装のインスタンスを作成します。

Dispose()

HashAlgorithm クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 HashAlgorithm)
Dispose(Boolean)

HashAlgorithm によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

(継承元 HashAlgorithm)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
HashCore(Byte[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされると、ハッシュを計算するために、オブジェクトに書き込まれたデータをハッシュ アルゴリズムにルーティングします。

(継承元 HashAlgorithm)
HashCore(ReadOnlySpan<Byte>)

ハッシュを計算するために、オブジェクトに書き込んだデータをハッシュ アルゴリズムにルーティングします。

(継承元 HashAlgorithm)
HashData(Byte[])

SHA1 アルゴリズムを使用してデータのハッシュを計算します。

HashData(ReadOnlySpan<Byte>)

SHA1 アルゴリズムを使用してデータのハッシュを計算します。

HashData(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>)

SHA1 アルゴリズムを使用してデータのハッシュを計算します。

HashData(Stream)

SHA1 アルゴリズムを使用してストリームのハッシュを計算します。

HashData(Stream, Span<Byte>)

SHA1 アルゴリズムを使用してストリームのハッシュを計算します。

HashDataAsync(Stream, CancellationToken)

SHA1 アルゴリズムを使用してストリームのハッシュを非同期的に計算します。

HashDataAsync(Stream, Memory<Byte>, CancellationToken)

SHA1 アルゴリズムを使用してストリームのハッシュを非同期的に計算します。

HashFinal()

派生クラスでオーバーライドされると、暗号化ハッシュ アルゴリズムによって最後のデータが処理された後に、ハッシュ計算を終了します。

(継承元 HashAlgorithm)
Initialize()

ハッシュ アルゴリズムを初期状態にリセットします。

(継承元 HashAlgorithm)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
TransformBlock(Byte[], Int32, Int32, Byte[], Int32)

入力バイト配列の指定した領域のハッシュ値を計算し、入力バイト配列の指定した領域を出力バイト配列の指定した領域にコピーします。

(継承元 HashAlgorithm)
TransformFinalBlock(Byte[], Int32, Int32)

指定したバイト配列の指定した領域のハッシュ値を計算します。

(継承元 HashAlgorithm)
TryComputeHash(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, Int32)

指定したバイト配列のハッシュ値の計算を試みます。

(継承元 HashAlgorithm)
TryHashData(ReadOnlySpan<Byte>, Span<Byte>, Int32)

SHA1 アルゴリズムを使用してデータのハッシュの計算を試みます。

TryHashFinal(Span<Byte>, Int32)

ハッシュ アルゴリズムによって最後のデータが処理された後、ハッシュ計算の終了を試みます。

(継承元 HashAlgorithm)

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

HashAlgorithm によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

(継承元 HashAlgorithm)

適用対象

こちらもご覧ください