String.Join メソッド

定義

指定した配列の要素またはコレクションのメンバーを連結します。各要素の間には、指定した区切り記号が挿入されます。

オーバーロード

Join(Char, Object[])

各メンバー間に指定した区切り記号を使用して、オブジェクトの配列の文字列表現を連結します。

Join(Char, String[])

各メンバー間に指定した区切り記号を使用して、文字列の配列を連結します。

Join(String, IEnumerable<String>)

IEnumerable<T> 型の構築された String コレクションのメンバーを連結します。各メンバーの間には、指定した区切り記号が挿入されます。

Join(String, Object[])

オブジェクト配列の要素を連結します。各要素の間には、指定した区切り記号が挿入されます。

Join(String, String[])

文字列配列のすべての要素を連結します。各要素の間には、指定した区切り記号が挿入されます。

Join(Char, String[], Int32, Int32)

各メンバー間に指定した区切り記号を使用して、文字列の配列を連結します。startIndex の位置に配置された value 内の要素から開始し、count 要素までを連結します。

Join(String, String[], Int32, Int32)

文字列配列の指定した要素を連結します。各要素の間には、指定した区切り記号が挿入されます。

Join<T>(Char, IEnumerable<T>)

コレクションのメンバーを連結します。各メンバーの間には、指定した区切り記号が挿入されます。

Join<T>(String, IEnumerable<T>)

コレクションのメンバーを連結します。各メンバーの間には、指定した区切り記号が挿入されます。

Join(Char, Object[])

各メンバー間に指定した区切り記号を使用して、オブジェクトの配列の文字列表現を連結します。

public:
 static System::String ^ Join(char separator, ... cli::array <System::Object ^> ^ values);
public static string Join (char separator, params object?[] values);
public static string Join (char separator, params object[] values);
static member Join : char * obj[] -> string
Public Shared Function Join (separator As Char, ParamArray values As Object()) As String

パラメーター

separator
Char

区切り記号として使用する文字。 value が 2 つ以上の要素を含む場合のみ、separator が返される文字列に含まれます。

values
Object[]

文字列表現が連結されるオブジェクトの配列。

戻り値

String

separator 文字で区切られた、values の要素で構成される文字列。

または

values の要素がゼロの場合は Empty

例外

valuenullです。

結果として生成される文字列の長さが、許容される最大長 (MaxValue) をオーバーフローしています。

適用対象

Join(Char, String[])

各メンバー間に指定した区切り記号を使用して、文字列の配列を連結します。

public:
 static System::String ^ Join(char separator, ... cli::array <System::String ^> ^ value);
public static string Join (char separator, params string?[] value);
public static string Join (char separator, params string[] value);
static member Join : char * string[] -> string
Public Shared Function Join (separator As Char, ParamArray value As String()) As String

パラメーター

separator
Char

区切り記号として使用する文字。 value が 2 つ以上の要素を含む場合のみ、separator が返される文字列に含まれます。

value
String[]

連結する文字列の配列。

戻り値

String

separator 文字で区切られた、value の要素で構成される文字列。

または

value の要素がゼロの場合は Empty

例外

valuenullです。

結果として生成される文字列の長さが、許容される最大長 (MaxValue) をオーバーフローしています。

適用対象

Join(String, IEnumerable<String>)

IEnumerable<T> 型の構築された String コレクションのメンバーを連結します。各メンバーの間には、指定した区切り記号が挿入されます。

public:
 static System::String ^ Join(System::String ^ separator, System::Collections::Generic::IEnumerable<System::String ^> ^ values);
public static string Join (string separator, System.Collections.Generic.IEnumerable<string> values);
public static string Join (string? separator, System.Collections.Generic.IEnumerable<string?> values);
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
public static string Join (string separator, System.Collections.Generic.IEnumerable<string> values);
static member Join : string * seq<string> -> string
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)>]
static member Join : string * seq<string> -> string
Public Shared Function Join (separator As String, values As IEnumerable(Of String)) As String

パラメーター

separator
String

区切り記号として使用する文字列。separator が返される文字列に含まれるのは、values が 2 つ以上の要素を含む場合に限られます。

values
IEnumerable<String>

連結する文字列を格納しているコレクション。

戻り値

String

values の要素からなる、separator 文字列で区切られた文字列。

または

values の要素がゼロの場合は Empty

属性

例外

valuesnullです。

結果として生成される文字列の長さが、許容される最大長 (MaxValue) をオーバーフローしています。

次の例では、Eratosthenes の分割アルゴリズムを使用して、100 以下の素数を計算します。 結果を 型の オブジェクト List<T> に割り当て、その結果を String メソッドに渡 Join(String, IEnumerable<String>) します。

using System;
using System.Collections.Generic;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      int maxPrime = 100;
      List<int> primes = GetPrimes(maxPrime);
      Console.WriteLine("Primes less than {0}:", maxPrime);
      Console.WriteLine("   {0}", String.Join(" ", primes));
   }

   private static List<int> GetPrimes(int maxPrime)
   {
      Array values = Array.CreateInstance(typeof(int), 
                              new int[] { maxPrime - 1}, new int[] { 2 });
      // Use Sieve of Eratosthenes to determine prime numbers.
      for (int ctr = values.GetLowerBound(0); ctr <= (int) Math.Ceiling(Math.Sqrt(values.GetUpperBound(0))); ctr++)
      {
                           
         if ((int) values.GetValue(ctr) == 1) continue;
         
         for (int multiplier = ctr; multiplier <=  maxPrime / 2; multiplier++)
            if (ctr * multiplier <= maxPrime)
               values.SetValue(1, ctr * multiplier);
      }      
      
      List<int> primes = new List<int>();
      for (int ctr = values.GetLowerBound(0); ctr <= values.GetUpperBound(0); ctr++)
         if ((int) values.GetValue(ctr) == 0) 
            primes.Add(ctr);
      return primes;
   }   
}
// The example displays the following output:
//    Primes less than 100:
//       2 3 5 7 11 13 17 19 23 29 31 37 41 43 47 53 59 61 67 71 73 79 83 89 97
Imports System.Collections.Generic

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim maxPrime As Integer = 100
      Dim primes As List(Of String) = GetPrimes(maxPrime)
      Console.WriteLine("Primes less than {0}:", maxPrime)
      Console.WriteLine("   {0}", String.Join(" ", primes))
   End Sub
   
   Private Function GetPrimes(maxPrime As Integer) As List(Of String)
      Dim values As Array = Array.CreateInstance(GetType(Integer), _
                              New Integer() { maxPrime - 1}, New Integer(){ 2 }) 
        ' Use Sieve of Eratosthenes to determine prime numbers.
      For ctr As Integer = values.GetLowerBound(0) To _
                           CInt(Math.Ceiling(Math.Sqrt(values.GetUpperBound(0))))
         If CInt(values.GetValue(ctr)) = 1 Then Continue For
         
         For multiplier As Integer = ctr To maxPrime \ 2
            If ctr * multiplier <= maxPrime Then values.SetValue(1, ctr * multiplier)
         Next   
      Next      
      
      Dim primes As New List(Of String)
      For ctr As Integer = values.GetLowerBound(0) To values.GetUpperBound(0)
         If CInt(values.GetValue(ctr)) = 0 Then primes.Add(ctr.ToString())
      Next            
      Return primes
   End Function   
End Module
' The example displays the following output:
'    Primes less than 100:
'       2 3 5 7 11 13 17 19 23 29 31 37 41 43 47 53 59 61 67 71 73 79 83 89 97

注釈

separatornull 場合は、代わりに空の文字列 ( String.Empty ) が使用されます。 のメンバーが values の場合 null は、代わりに空の文字列が使用されます。

Join(String, IEnumerable<String>) は、最初に要素を文字列配列に変換することなく、コレクション内の各要素を連結 IEnumerable(Of String) できる便利なメソッドです。 これは、LINQ (Query) クエリLanguage-Integrated使用する場合に特に便利です。 次の例では、アルファベットの大文字または小文字を含む オブジェクトをラムダ式に渡します。この式では、特定の文字以上の文字を選択します (この例では List(Of String) "M" です)。 メソッド IEnumerable(Of String) によって返されるコレクションは Enumerable.Where 、 メソッドに渡され Join(String, IEnumerable<String>) 、結果が 1 つの文字列として表示されます。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      string output = String.Join(" ", GetAlphabet(true).Where( letter => 
                      letter.CompareTo("M") >= 0));
      Console.WriteLine(output);  
   }

   private static List<string> GetAlphabet(bool upper)
   {
      List<string> alphabet = new List<string>();
      int charValue = upper ? 65 : 97;
      for (int ctr = 0; ctr <= 25; ctr++)
         alphabet.Add(((char)(charValue + ctr)).ToString());
      return alphabet; 
   }
}
// The example displays the following output:
//      M N O P Q R S T U V W X Y Z
Imports System.Collections.Generic
Imports System.Linq

Module modMain
   Public Sub Main()
      Dim output As String = String.Join(" ", GetAlphabet(True).Where(Function(letter) _
                                                         letter >= "M"))
        
      Console.WriteLine(output)                                     
   End Sub
   
   Private Function GetAlphabet(upper As Boolean) As List(Of String)
      Dim alphabet As New List(Of String)
      Dim charValue As Integer = CInt(IIf(upper, 65, 97))
      For ctr As Integer = 0 To 25
         alphabet.Add(ChrW(charValue + ctr).ToString())
      Next
      Return alphabet 
   End Function
End Module
' The example displays the following output:
'      M N O P Q R S T U V W X Y Z

こちらもご覧ください

適用対象

Join(String, Object[])

オブジェクト配列の要素を連結します。各要素の間には、指定した区切り記号が挿入されます。

public:
 static System::String ^ Join(System::String ^ separator, ... cli::array <System::Object ^> ^ values);
public static string Join (string separator, params object[] values);
public static string Join (string? separator, params object?[] values);
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
public static string Join (string separator, params object[] values);
static member Join : string * obj[] -> string
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)>]
static member Join : string * obj[] -> string
Public Shared Function Join (separator As String, ParamArray values As Object()) As String

パラメーター

separator
String

区切り記号として使用する文字列。 values が 2 つ以上の要素を含む場合のみ、separator が返される文字列に含まれます。

values
Object[]

連結する要素を格納している配列。

戻り値

String

values の要素からなる、separator 文字列で区切られた文字列。

または

values の要素がゼロの場合は Empty

または

.NET Framework のみ: values の最初の要素が null である場合は Empty

属性

例外

valuesnullです。

結果として生成される文字列の長さが、許容される最大長 (MaxValue) をオーバーフローしています。

次の例では、Eratosthenes の分割アルゴリズムを使用して、100 以下の素数を計算します。 結果を整数配列に割り当て、それをメソッドに渡 Join(String, Object[]) します。

using System;
using System.Collections.Generic;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      int maxPrime = 100;
      int[] primes = GetPrimes(maxPrime);
      Console.WriteLine("Primes less than {0}:", maxPrime);
      Console.WriteLine("   {0}", String.Join(" ", primes));
   }

   private static int[] GetPrimes(int maxPrime)
   {
      Array values = Array.CreateInstance(typeof(int), 
                              new int[] { maxPrime - 1}, new int[] { 2 }); 
      // Use Sieve of Eratosthenes to determine prime numbers.
      for (int ctr = values.GetLowerBound(0); ctr <= (int) Math.Ceiling(Math.Sqrt(values.GetUpperBound(0))); ctr++)
      {
                           
         if ((int) values.GetValue(ctr) == 1) continue;
         
         for (int multiplier = ctr; multiplier <=  maxPrime / 2; multiplier++)
            if (ctr * multiplier <= maxPrime)
               values.SetValue(1, ctr * multiplier);
      }      
      
      List<int> primes = new List<int>();
      for (int ctr = values.GetLowerBound(0); ctr <= values.GetUpperBound(0); ctr++)
         if ((int) values.GetValue(ctr) == 0) 
            primes.Add(ctr);
      return primes.ToArray();
   }   
}
// The example displays the following output:
//    Primes less than 100:
//       2 3 5 7 11 13 17 19 23 29 31 37 41 43 47 53 59 61 67 71 73 79 83 89 97
Module Example
   Public Sub Main()
      Dim maxPrime As Integer = 100
      Dim primes() As Integer = GetPrimes(maxPrime)
      Console.WriteLine("Primes less than {0}:", maxPrime)
      Console.WriteLine("   {0}", String.Join(" ", primes))
   End Sub
   
   Private Function GetPrimes(maxPrime As Integer) As Integer()
      Dim values As Array = Array.CreateInstance(GetType(Integer), _
                              New Integer() { maxPrime - 1}, New Integer(){ 2 }) 
        ' Use Sieve of Eratosthenes to determine prime numbers.
      For ctr As Integer = values.GetLowerBound(0) To _
                           CInt(Math.Ceiling(Math.Sqrt(values.GetUpperBound(0))))
         If CInt(values.GetValue(ctr)) = 1 Then Continue For
         
         For multiplier As Integer = ctr To maxPrime \ 2
            If ctr * multiplier <= maxPrime Then values.SetValue(1, ctr * multiplier)
         Next   
      Next      
      
      Dim primes As New System.Collections.Generic.List(Of Integer)
      For ctr As Integer = values.GetLowerBound(0) To values.GetUpperBound(0)
         If CInt(values.GetValue(ctr)) = 0 Then primes.Add(ctr)
      Next            
      Return primes.ToArray()
   End Function   
End Module
' The example displays the following output:
'    Primes less than 100:
'       2 3 5 7 11 13 17 19 23 29 31 37 41 43 47 53 59 61 67 71 73 79 83 89 97

注釈

separatornull 場合、または最初の要素以外の要素が の場合は、代わりに空の文字列 values ( ) null String.Empty が使用されます。 の最初の要素が の場合は、「呼び出し元に関する注意事項」セクションを values 参照してください null

Join(String, Object[]) は、要素を文字列に明示的に変換することなく、オブジェクト配列内の各要素を連結できる便利なメソッドです。 配列内の各オブジェクトの文字列形式は、そのオブジェクトの メソッドを呼び出すことによって派生 ToString します。

注意 (呼び出し元)

.NET Frameworkのみ: の最初の要素が の場合、 メソッドは 内の要素を連結するのではなく、 values null Join(String, Object[]) values を返します Empty 。 この問題の回避策は多数用意されています。 最も簡単なのは、次の例に示すように、 の値を配列の最初の要素 Empty に割り当てる方法です。

object[] values = { null, "Cobb", 4189, 11434, .366 };
if (values[0] == null) values[0] = String.Empty;
Console.WriteLine(String.Join("|", values));

// The example displays the following output:
//      |Cobb|4189|11434|0.366

こちらもご覧ください

適用対象

Join(String, String[])

文字列配列のすべての要素を連結します。各要素の間には、指定した区切り記号が挿入されます。

public:
 static System::String ^ Join(System::String ^ separator, ... cli::array <System::String ^> ^ value);
public:
 static System::String ^ Join(System::String ^ separator, cli::array <System::String ^> ^ value);
public static string Join (string separator, params string[] value);
public static string Join (string? separator, params string?[] value);
public static string Join (string separator, string[] value);
static member Join : string * string[] -> string
Public Shared Function Join (separator As String, ParamArray value As String()) As String
Public Shared Function Join (separator As String, value As String()) As String

パラメーター

separator
String

区切り記号として使用する文字列。 value が 2 つ以上の要素を含む場合のみ、separator が返される文字列に含まれます。

value
String[]

連結する要素を格納している配列。

戻り値

String

value 内の要素からなる、separator 文字列で区切られた文字列。

または

values の要素がゼロの場合は Empty

例外

valuenullです。

結果として生成される文字列の長さが、許容される最大長 (MaxValue) をオーバーフローしています。

Joinメソッドの例を次に示します。

using namespace System;
String^ MakeLine( int initVal, int multVal, String^ sep )
{
   array<String^>^sArr = gcnew array<String^>(10);
   for ( int i = initVal; i < initVal + 10; i++ )
      sArr[ i - initVal ] = String::Format( "{0, -3}", i * multVal );
   return String::Join( sep, sArr );
}

int main()
{
   Console::WriteLine( MakeLine( 0, 5, ", " ) );
   Console::WriteLine( MakeLine( 1, 6, "  " ) );
   Console::WriteLine( MakeLine( 9, 9, ": " ) );
   Console::WriteLine( MakeLine( 4, 7, "< " ) );
}
// The example displays the following output:
//       0  , 5  , 10 , 15 , 20 , 25 , 30 , 35 , 40 , 45
//       6    12   18   24   30   36   42   48   54   60
//       81 : 90 : 99 : 108: 117: 126: 135: 144: 153: 162
//       28 < 35 < 42 < 49 < 56 < 63 < 70 < 77 < 84 < 91
using System;

public class JoinTest
{
    public static void Main()
    {
        Console.WriteLine(MakeLine(0, 5, ", "));
        Console.WriteLine(MakeLine(1, 6, "  "));
        Console.WriteLine(MakeLine(9, 9, ": "));
        Console.WriteLine(MakeLine(4, 7, "< "));
    }

    private static string MakeLine(int initVal, int multVal, string sep)
    {
        string [] sArr = new string [10];

        for (int i = initVal; i < initVal + 10; i++)
            sArr[i - initVal] = String.Format("{0,-3}", i * multVal);

        return String.Join(sep, sArr);
    }
}
// The example displays the following output:
//       0  , 5  , 10 , 15 , 20 , 25 , 30 , 35 , 40 , 45
//       6    12   18   24   30   36   42   48   54   60
//       81 : 90 : 99 : 108: 117: 126: 135: 144: 153: 162
//       28 < 35 < 42 < 49 < 56 < 63 < 70 < 77 < 84 < 91
Public Class JoinTest
    
    Public Shared Sub Main()
        
        Console.WriteLine(MakeLine(0, 5, ", "))
        Console.WriteLine(MakeLine(1, 6, "  "))
        Console.WriteLine(MakeLine(9, 9, ": "))
        Console.WriteLine(MakeLine(4, 7, "< "))
    End Sub
    
    
    Private Shared Function MakeLine(initVal As Integer, multVal As Integer, sep As String) As String
        Dim sArr(10) As String
        Dim i As Integer
        
        
        For i = initVal To (initVal + 10) - 1
            sArr((i - initVal)) = [String].Format("{0,-3}", i * multVal)
        
        Next i
        Return [String].Join(sep, sArr)
    End Function 'MakeLine
End Class
' The example displays the following output:
'       0  , 5  , 10 , 15 , 20 , 25 , 30 , 35 , 40 , 45
'       6    12   18   24   30   36   42   48   54   60
'       81 : 90 : 99 : 108: 117: 126: 135: 144: 153: 162
'       28 < 35 < 42 < 49 < 56 < 63 < 70 < 77 < 84 < 91

注釈

たとえば、 が ", " で、 の要素が separator value "apple"、"orange"、"orange"、"pear" の場合、 は Join(separator, value) "apple, orange, orange, orange, pear" を返します。

separatornull 場合は、代わりに空の文字列 ( String.Empty ) が使用されます。 内の要素が value の場合 null は、代わりに空の文字列が使用されます。

こちらもご覧ください

適用対象

Join(Char, String[], Int32, Int32)

各メンバー間に指定した区切り記号を使用して、文字列の配列を連結します。startIndex の位置に配置された value 内の要素から開始し、count 要素までを連結します。

public:
 static System::String ^ Join(char separator, cli::array <System::String ^> ^ value, int startIndex, int count);
public static string Join (char separator, string?[] value, int startIndex, int count);
public static string Join (char separator, string[] value, int startIndex, int count);
static member Join : char * string[] * int * int -> string
Public Shared Function Join (separator As Char, value As String(), startIndex As Integer, count As Integer) As String

パラメーター

separator
Char

各メンバー間に指定した区切り記号を使用して、文字列の配列を連結します。指定したインデックス位置にある要素から開始し、指定した数の要素を含めます。

value
String[]

連結する文字列の配列。

startIndex
Int32

連結する value の最初の項目。

count
Int32

startIndex の位置にある要素で始まる、連結する value からの要素の数。

戻り値

String

separator 文字で区切られた startIndex から始まる valuecount 要素で構成される文字列。

または

count がゼロの場合は Empty

例外

valuenullです。

startIndex または count が負の値です。

または

startIndexvalue - count の長さを超えています。

結果として生成される文字列の長さが、許容される最大長 (MaxValue) をオーバーフローしています。

適用対象

Join(String, String[], Int32, Int32)

文字列配列の指定した要素を連結します。各要素の間には、指定した区切り記号が挿入されます。

public:
 static System::String ^ Join(System::String ^ separator, cli::array <System::String ^> ^ value, int startIndex, int count);
public static string Join (string separator, string[] value, int startIndex, int count);
public static string Join (string? separator, string?[] value, int startIndex, int count);
static member Join : string * string[] * int * int -> string
Public Shared Function Join (separator As String, value As String(), startIndex As Integer, count As Integer) As String

パラメーター

separator
String

区切り記号として使用する文字列。 value が 2 つ以上の要素を含む場合のみ、separator が返される文字列に含まれます。

value
String[]

連結する要素を格納している配列。

startIndex
Int32

使用する value の最初の要素。

count
Int32

使用する value の要素の数。

戻り値

String

separator 文字で区切られた startIndex から始まる valuecount 要素で構成される文字列。

または

count がゼロの場合は Empty

例外

valuenullです。

startIndex または count が 0 未満です。

または

startIndexcount を加算すると、 valueにある要素の数を超えます。

メモリが不足しています。

次の例では、果物の名前の配列から 2 つの要素を連結します。

// Sample for String::Join(String, String[], int int)
using namespace System;
int main()
{
   array<String^>^val = {"apple","orange","grape","pear"};
   String^ sep = ", ";
   String^ result;
   Console::WriteLine( "sep = '{0}'", sep );
   Console::WriteLine( "val[] = {{'{0}' '{1}' '{2}' '{3}'}}", val[ 0 ], val[ 1 ], val[ 2 ], val[ 3 ] );
   result = String::Join( sep, val, 1, 2 );
   Console::WriteLine( "String::Join(sep, val, 1, 2) = '{0}'", result );
}

/*
This example produces the following results:
sep = ', '
val[] = {'apple' 'orange' 'grape' 'pear'}
String::Join(sep, val, 1, 2) = 'orange, grape'
*/
String[] val = {"apple", "orange", "grape", "pear"};
String sep   = ", ";
String result;

Console.WriteLine("sep = '{0}'", sep);
Console.WriteLine("val[] = {{'{0}' '{1}' '{2}' '{3}'}}", val[0], val[1], val[2], val[3]);
result = String.Join(sep, val, 1, 2);
Console.WriteLine("String.Join(sep, val, 1, 2) = '{0}'", result);

// This example produces the following results:
// sep = ', '
// val[] = {'apple' 'orange' 'grape' 'pear'}
// String.Join(sep, val, 1, 2) = 'orange, grape'
Class Sample
   Public Shared Sub Main()
      Dim val As [String]() =  {"apple", "orange", "grape", "pear"}
      Dim sep As [String] = ", "
      Dim result As [String]
      
      Console.WriteLine("sep = '{0}'", sep)
      Console.WriteLine("val() = {{'{0}' '{1}' '{2}' '{3}'}}", val(0), val(1), val(2), val(3))
      result = [String].Join(sep, val, 1, 2)
      Console.WriteLine("String.Join(sep, val, 1, 2) = '{0}'", result)
   End Sub
End Class 
'This example displays the following output:
'       sep = ', '
'       val() = {'apple' 'orange' 'grape' 'pear'}
'       String.Join(sep, val, 1, 2) = 'orange, grape'

注釈

たとえば、 が ", " で、 の要素が separator value "apple"、"orange"、"orange"、および "pear" の場合、 は Join(separator, value, 1, 2) "orange, orange, orange" を返します。

separatornull 場合は、代わりに空の文字列 ( String.Empty ) が使用されます。 内の要素が value の場合 null は、代わりに空の文字列が使用されます。

こちらもご覧ください

適用対象

Join<T>(Char, IEnumerable<T>)

コレクションのメンバーを連結します。各メンバーの間には、指定した区切り記号が挿入されます。

public:
generic <typename T>
 static System::String ^ Join(char separator, System::Collections::Generic::IEnumerable<T> ^ values);
public static string Join<T> (char separator, System.Collections.Generic.IEnumerable<T> values);
static member Join : char * seq<'T> -> string
Public Shared Function Join(Of T) (separator As Char, values As IEnumerable(Of T)) As String

型パラメーター

T

values のメンバーの型。

パラメーター

separator
Char

区切り記号として使用する文字。 values が 2 つ以上の要素を含む場合のみ、separator が返される文字列に含まれます。

values
IEnumerable<T>

連結するオブジェクトを格納しているコレクション。

戻り値

String

separator 文字で区切られた values のメンバーで構成される文字列。

または

values の要素がない場合は Empty

例外

valuesnullです。

結果として生成される文字列の長さが、許容される最大長 (MaxValue) をオーバーフローしています。

適用対象

Join<T>(String, IEnumerable<T>)

コレクションのメンバーを連結します。各メンバーの間には、指定した区切り記号が挿入されます。

public:
generic <typename T>
 static System::String ^ Join(System::String ^ separator, System::Collections::Generic::IEnumerable<T> ^ values);
public static string Join<T> (string separator, System.Collections.Generic.IEnumerable<T> values);
public static string Join<T> (string? separator, System.Collections.Generic.IEnumerable<T> values);
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
public static string Join<T> (string separator, System.Collections.Generic.IEnumerable<T> values);
static member Join : string * seq<'T> -> string
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)>]
static member Join : string * seq<'T> -> string
Public Shared Function Join(Of T) (separator As String, values As IEnumerable(Of T)) As String

型パラメーター

T

values のメンバーの型。

パラメーター

separator
String

区切り記号として使用する文字列。 values が 2 つ以上の要素を含む場合のみ、separator が返される文字列に含まれます。

values
IEnumerable<T>

連結するオブジェクトを格納しているコレクション。

戻り値

String

values の要素からなる、separator 文字列で区切られた文字列。

または

values の要素がない場合は Empty

属性

例外

valuesnullです。

結果として生成される文字列の長さが、許容される最大長 (MaxValue) をオーバーフローしています。

次の例では、Eratosthenes の分割アルゴリズムを使用して、100 以下の素数を計算します。 整数型のオブジェクトに結果を割り当て、その結果を List<T> メソッドに渡 Join<T>(String, IEnumerable<T>) します。

using System;
using System.Collections.Generic;

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      int maxPrime = 100;
      List<int> primes = GetPrimes(maxPrime);
      Console.WriteLine("Primes less than {0}:", maxPrime);
      Console.WriteLine("   {0}", String.Join(" ", primes));
   }

   private static List<int> GetPrimes(int maxPrime)
   {
      Array values = Array.CreateInstance(typeof(int), 
                              new int[] { maxPrime - 1}, new int[] { 2 });
      // Use Sieve of Eratosthenes to determine prime numbers.
      for (int ctr = values.GetLowerBound(0); ctr <= (int) Math.Ceiling(Math.Sqrt(values.GetUpperBound(0))); ctr++)
      {
                           
         if ((int) values.GetValue(ctr) == 1) continue;
         
         for (int multiplier = ctr; multiplier <=  maxPrime / 2; multiplier++)
            if (ctr * multiplier <= maxPrime)
               values.SetValue(1, ctr * multiplier);
      }      
      
      List<int> primes = new List<int>();
      for (int ctr = values.GetLowerBound(0); ctr <= values.GetUpperBound(0); ctr++)
         if ((int) values.GetValue(ctr) == 0) 
            primes.Add(ctr);
      return primes;
   }   
}
// The example displays the following output:
//    Primes less than 100:
//       2 3 5 7 11 13 17 19 23 29 31 37 41 43 47 53 59 61 67 71 73 79 83 89 97
Imports System.Collections.Generic

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim maxPrime As Integer = 100
      Dim primes As List(Of Integer) = GetPrimes(maxPrime)
      Console.WriteLine("Primes less than {0}:", maxPrime)
      Console.WriteLine("   {0}", String.Join(" ", primes))
   End Sub
   
   Private Function GetPrimes(maxPrime As Integer) As List(Of Integer)
      Dim values As Array = Array.CreateInstance(GetType(Integer), _
                              New Integer() { maxPrime - 1}, New Integer(){ 2 }) 
        ' Use Sieve of Eratosthenes to determine prime numbers.
      For ctr As Integer = values.GetLowerBound(0) To _
                           CInt(Math.Ceiling(Math.Sqrt(values.GetUpperBound(0))))
         If CInt(values.GetValue(ctr)) = 1 Then Continue For
         
         For multiplier As Integer = ctr To maxPrime \ 2
            If ctr * multiplier <= maxPrime Then values.SetValue(1, ctr * multiplier)
         Next   
      Next      
      
      Dim primes As New System.Collections.Generic.List(Of Integer)
      For ctr As Integer = values.GetLowerBound(0) To values.GetUpperBound(0)
         If CInt(values.GetValue(ctr)) = 0 Then primes.Add(ctr)
      Next            
      Return primes
   End Function   
End Module
' The example displays the following output:
'    Primes less than 100:
'       2 3 5 7 11 13 17 19 23 29 31 37 41 43 47 53 59 61 67 71 73 79 83 89 97

注釈

separatornull 場合は、代わりに空の文字列 ( String.Empty ) が使用されます。 のメンバーが values の場合 null は、代わりに空の文字列が使用されます。

Join<T>(String, IEnumerable<T>) は、コレクションの各メンバーを文字列に変換せずに連結できる便利 IEnumerable<T> なメソッドです。 コレクション内の各オブジェクトの文字列形式は IEnumerable<T> 、そのオブジェクトの メソッドを呼び出すことによって派生 ToString します。

このメソッドは、クエリ (LINQ) Language-Integrated使用する場合に特に便利です。 たとえば、次のコードでは、動物の名前とそれが属する順序を含む非常に単純 Animal なクラスを定義します。 次に、多数の List<T> オブジェクトを含む オブジェクトを定義 Animal します。 拡張 Enumerable.Where メソッドを呼び出して、プロパティ AnimalOrder "Rodent" と等しいオブジェクトを抽出します。 結果は メソッドに渡 Join<T>(String, IEnumerable<T>) されます。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;

public class Animal
{
   public string Kind;
   public string Order;
   
   public Animal(string kind, string order)
   {
      this.Kind = kind;
      this.Order = order;
   }
   
   public override string ToString()
   {
      return this.Kind;
   }
}

public class Example
{
   public static void Main()
   {
      List<Animal> animals = new List<Animal>();
      animals.Add(new Animal("Squirrel", "Rodent"));
      animals.Add(new Animal("Gray Wolf", "Carnivora"));
      animals.Add(new Animal("Capybara", "Rodent"));
      string output = String.Join(" ", animals.Where( animal => 
                      (animal.Order == "Rodent")));
      Console.WriteLine(output);  
   }
}
// The example displays the following output:
//      Squirrel Capybara
Imports System.Collections.Generic

Public Class Animal
   Public Kind As String
   Public Order As String
   
   Public Sub New(kind As String, order As String)
      Me.Kind = kind
      Me.Order = order
   End Sub
   
   Public Overrides Function ToString() As String
      Return Me.Kind
   End Function
End Class

Module Example
   Public Sub Main()
      Dim animals As New List(Of Animal)
      animals.Add(New Animal("Squirrel", "Rodent"))
      animals.Add(New Animal("Gray Wolf", "Carnivora"))
      animals.Add(New Animal("Capybara", "Rodent")) 
      Dim output As String = String.Join(" ", animals.Where(Function(animal) _
                                           animal.Order = "Rodent"))
      Console.WriteLine(output)                                           
   End Sub
End Module
' The example displays the following output:
'      Squirrel Capybara

こちらもご覧ください

適用対象