Volatile.Read メソッド

定義

フィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

オーバーロード

Read(Boolean)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

Read(Byte)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

Read(Double)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

Read(Int16)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

Read(Int32)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

Read(Int64)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

Read(IntPtr)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

Read(SByte)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

Read(Single)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

Read(UInt16)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

Read(UInt32)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

Read(UInt64)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

Read(UIntPtr)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

Read<T>(T)

指定したフィールドからオブジェクト参照を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

Read(Boolean)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

public:
 static bool Read(bool % location);
public static bool Read (ref bool location);
static member Read : bool -> bool
Public Shared Function Read (ByRef location As Boolean) As Boolean

パラメーター

location
Boolean

読み取るフィールド。

戻り値

Boolean

読み取られた値。

注釈

詳細については、Volatile クラスを参照してください。

適用対象

Read(Byte)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

public:
 static System::Byte Read(System::Byte % location);
public static byte Read (ref byte location);
static member Read : byte -> byte
Public Shared Function Read (ByRef location As Byte) As Byte

パラメーター

location
Byte

読み取るフィールド。

戻り値

Byte

読み取られた値。

注釈

詳細については、Volatile クラスを参照してください。

適用対象

Read(Double)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

public:
 static double Read(double % location);
public static double Read (ref double location);
static member Read : double -> double
Public Shared Function Read (ByRef location As Double) As Double

パラメーター

location
Double

読み取るフィールド。

戻り値

Double

読み取られた値。

注釈

詳細については、Volatile クラスを参照してください。

適用対象

Read(Int16)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

public:
 static short Read(short % location);
public static short Read (ref short location);
static member Read : int16 -> int16
Public Shared Function Read (ByRef location As Short) As Short

パラメーター

location
Int16

読み取るフィールド。

戻り値

Int16

読み取られた値。

注釈

詳細については、Volatile クラスを参照してください。

適用対象

Read(Int32)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

public:
 static int Read(int % location);
public static int Read (ref int location);
static member Read : int -> int
Public Shared Function Read (ByRef location As Integer) As Integer

パラメーター

location
Int32

読み取るフィールド。

戻り値

Int32

読み取られた値。

注釈

詳細については、Volatile クラスを参照してください。

適用対象

Read(Int64)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

public:
 static long Read(long % location);
public static long Read (ref long location);
static member Read : int64 -> int64
Public Shared Function Read (ByRef location As Long) As Long

パラメーター

location
Int64

読み取るフィールド。

戻り値

Int64

読み取られた値。

注釈

詳細については、Volatile クラスを参照してください。

適用対象

Read(IntPtr)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

public:
 static IntPtr Read(IntPtr % location);
public static IntPtr Read (ref IntPtr location);
static member Read : nativeint -> nativeint
Public Shared Function Read (ByRef location As IntPtr) As IntPtr

パラメーター

location
IntPtr

nativeint

読み取るフィールド。

戻り値

IntPtr

nativeint

読み取られた値。

注釈

詳細については、Volatile クラスを参照してください。

適用対象

Read(SByte)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

public:
 static System::SByte Read(System::SByte % location);
[System.CLSCompliant(false)]
public static sbyte Read (ref sbyte location);
[<System.CLSCompliant(false)>]
static member Read : sbyte -> sbyte
Public Shared Function Read (ByRef location As SByte) As SByte

パラメーター

location
SByte

読み取るフィールド。

戻り値

SByte

読み取られた値。

属性

注釈

詳細については、Volatile クラスを参照してください。

適用対象

Read(Single)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

public:
 static float Read(float % location);
public static float Read (ref float location);
static member Read : single -> single
Public Shared Function Read (ByRef location As Single) As Single

パラメーター

location
Single

読み取るフィールド。

戻り値

Single

読み取られた値。

注釈

詳細については、Volatile クラスを参照してください。

適用対象

Read(UInt16)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

CLS 準拠の代替
System.Threading.Volatile.Read(Int16)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

public:
 static System::UInt16 Read(System::UInt16 % location);
[System.CLSCompliant(false)]
public static ushort Read (ref ushort location);
[<System.CLSCompliant(false)>]
static member Read : uint16 -> uint16
Public Shared Function Read (ByRef location As UShort) As UShort

パラメーター

location
UInt16

読み取るフィールド。

戻り値

UInt16

読み取られた値。

属性

注釈

詳細については、Volatile クラスを参照してください。

適用対象

Read(UInt32)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

CLS 準拠の代替
System.Threading.Volatile.Read(Int32)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

public:
 static System::UInt32 Read(System::UInt32 % location);
[System.CLSCompliant(false)]
public static uint Read (ref uint location);
[<System.CLSCompliant(false)>]
static member Read : uint32 -> uint32
Public Shared Function Read (ByRef location As UInteger) As UInteger

パラメーター

location
UInt32

読み取るフィールド。

戻り値

UInt32

読み取られた値。

属性

注釈

詳細については、Volatile クラスを参照してください。

適用対象

Read(UInt64)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

CLS 準拠の代替
System.Threading.Volatile.Read(Int64)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

public:
 static System::UInt64 Read(System::UInt64 % location);
[System.CLSCompliant(false)]
public static ulong Read (ref ulong location);
[<System.CLSCompliant(false)>]
static member Read : uint64 -> uint64
Public Shared Function Read (ByRef location As ULong) As ULong

パラメーター

location
UInt64

読み取るフィールド。

戻り値

UInt64

読み取られた値。

属性

注釈

詳細については、Volatile クラスを参照してください。

適用対象

Read(UIntPtr)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

CLS 準拠の代替
System.Threading.Volatile.Read(IntPtr)

指定されたフィールドの値を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

public:
 static UIntPtr Read(UIntPtr % location);
[System.CLSCompliant(false)]
public static UIntPtr Read (ref UIntPtr location);
[<System.CLSCompliant(false)>]
static member Read : unativeint -> unativeint
Public Shared Function Read (ByRef location As UIntPtr) As UIntPtr

パラメーター

location
UIntPtr

unativeint

読み取るフィールド。

戻り値

UIntPtr

unativeint

読み取られた値。

属性

注釈

詳細については、Volatile クラスを参照してください。

適用対象

Read<T>(T)

指定したフィールドからオブジェクト参照を読み取ります。 これが求められるシステムにおいて、プロセッサがメモリ操作を並べ替えるのを防止するメモリ バリアを挿入します。つまり、コード内でこのメソッドの後に読み取りまたは書き込みが配置されている場合、プロセッサはその操作をこのメソッドの前へ移動できなくなります。

public:
generic <typename T>
 where T : class static T Read(T % location);
public static T Read<T> (ref T location) where T : class;
static member Read : 'T -> 'T (requires 'T : null)
Public Shared Function Read(Of T As Class) (ByRef location As T) As T

型パラメーター

T

読み取るフィールドの型。 この型は、値型ではなく、参照型である必要があります。

パラメーター

location
T

読み取るフィールド。

戻り値

T

読み取られた T への参照。 この参照は、プロセッサの数やプロセッサ キャッシュの状態にかかわらず、コンピューター内のいずれかのプロセッサによって書き込まれた最新の値です。

注釈

詳細については、Volatile クラスを参照してください。

適用対象