WeakReference コンストラクター

定義

WeakReference クラスの新しいインスタンスを初期化します。

オーバーロード

WeakReference()
WeakReference(Object)

指定したオブジェクトを参照する、WeakReference クラスの新しいインスタンスを初期化します。

WeakReference(Object, Boolean)

指定したオブジェクトを参照し、指定した再生処理追跡を使用する WeakReference クラスの新しいインスタンスを初期化します。

WeakReference(SerializationInfo, StreamingContext)

指定したシリアル化およびストリーム オブジェクトからの逆シリアル化されたデータを使用して、WeakReference クラスの新しいインスタンスを初期化します。

WeakReference()

protected:
 WeakReference();
protected WeakReference ();
Protected Sub New ()

適用対象

WeakReference(Object)

指定したオブジェクトを参照する、WeakReference クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 WeakReference(System::Object ^ target);
public WeakReference (object target);
public WeakReference (object? target);
new WeakReference : obj -> WeakReference
Public Sub New (target As Object)

パラメーター

target
Object

追跡するオブジェクトまたは null

注釈

このコンストラクターでは、.への短い弱参照が target作成されます。

こちらもご覧ください

適用対象

WeakReference(Object, Boolean)

指定したオブジェクトを参照し、指定した再生処理追跡を使用する WeakReference クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 WeakReference(System::Object ^ target, bool trackResurrection);
public WeakReference (object target, bool trackResurrection);
public WeakReference (object? target, bool trackResurrection);
new WeakReference : obj * bool -> WeakReference
Public Sub New (target As Object, trackResurrection As Boolean)

パラメーター

target
Object

追跡するオブジェクト。

trackResurrection
Boolean

オブジェクト追跡の停止時期を示します。 true を設定すると、終了処理の後にオブジェクトが追跡されます。false を設定すると、オブジェクトの追跡は終了処理が実行される時点で停止します。

次の例では、短い弱参照を持つデータ オブジェクトのキャッシュを作成します。 この例は、クラスに提供されるより大きな例の WeakReference 一部です。

 // Add objects with a short weak reference to the cache.
for (int i = 0; i < count; i++) {
     _cache.Add(i, new WeakReference(new Data(i), false));
 }
// Add objects with a short weak reference to the cache.
for i = 0 to count - 1 do
    _cache.Add(i, WeakReference(Data i, false))
' Add data objects with a short weak reference to the cache. 
For ctr = 0 To count - 1
    _cache.Add(ctr, New WeakReference(New Data(ctr)))
Next

注釈

ある場合 trackResurrectionfalse、短い弱参照が作成されます。 ある場合 trackResurrectiontrue、長い弱参照が作成されます。

こちらもご覧ください

適用対象

WeakReference(SerializationInfo, StreamingContext)

指定したシリアル化およびストリーム オブジェクトからの逆シリアル化されたデータを使用して、WeakReference クラスの新しいインスタンスを初期化します。

protected:
 WeakReference(System::Runtime::Serialization::SerializationInfo ^ info, System::Runtime::Serialization::StreamingContext context);
protected WeakReference (System.Runtime.Serialization.SerializationInfo info, System.Runtime.Serialization.StreamingContext context);
new WeakReference : System.Runtime.Serialization.SerializationInfo * System.Runtime.Serialization.StreamingContext -> WeakReference
Protected Sub New (info As SerializationInfo, context As StreamingContext)

パラメーター

info
SerializationInfo

現在の WeakReference オブジェクトのシリアル化または逆シリアル化に必要なすべてのデータを保持するオブジェクト。

context
StreamingContext

(予約済み) info によって指定されたシリアル化ストリームの転送元と転送先の説明。

例外

infonullです。

注釈

パラメーターは context 予約されており、現在この操作には参加していません。

適用対象