HttpUtility.HtmlEncode メソッド

定義

文字列を HTML エンコードされた文字列に変換します。

WebUtility クラスを使用して、web アプリケーションの外部の値をエンコード、またはデコードします。

オーバーロード

HtmlEncode(Object)

HTML エンコードされた文字列にオブジェクトの文字列表現を変換し、エンコードされた文字列を返します。

HtmlEncode(String)

文字列を HTML エンコードされた文字列に変換します。

HtmlEncode(String, TextWriter)

文字列を HTML エンコードされた文字列に変換し、出力の TextWriter ストリームとして出力を返します。

HtmlEncode(Object)

HTML エンコードされた文字列にオブジェクトの文字列表現を変換し、エンコードされた文字列を返します。

public:
 static System::String ^ HtmlEncode(System::Object ^ value);
public static string? HtmlEncode (object? value);
public static string HtmlEncode (object value);
static member HtmlEncode : obj -> string
Public Shared Function HtmlEncode (value As Object) As String

パラメーター

value
Object

オブジェクト。

戻り値

String

エンコードされた文字列。

注釈

WebUtility クラスを使用して、web アプリケーションの外部の値をエンコード、またはデコードします。

適用対象

HtmlEncode(String)

文字列を HTML エンコードされた文字列に変換します。

public:
 static System::String ^ HtmlEncode(System::String ^ s);
public static string? HtmlEncode (string? s);
public static string HtmlEncode (string s);
static member HtmlEncode : string -> string
Public Shared Function HtmlEncode (s As String) As String

パラメーター

s
String

エンコードする文字列。

戻り値

String

エンコードされた文字列。

次のコード例では、 クラスの HtmlEncode メソッドと HtmlDecode メソッドを HttpUtility 示します。 入力文字列は、 メソッドを HtmlEncode 使用してエンコードされます。 取得したエンコードされた文字列は、 メソッドを HtmlDecode 使用してデコードされます。

using System;
using System.Web;
using System.IO;

class MyNewClass
{
    public static void Main()
    {
        Console.WriteLine("Enter a string having '&', '<', '>' or '\"' in it: ");
        string myString = Console.ReadLine();

        // Encode the string.
        string myEncodedString = HttpUtility.HtmlEncode(myString);

        Console.WriteLine($"HTML Encoded string is: {myEncodedString}");
        StringWriter myWriter = new StringWriter();

        // Decode the encoded string.
        HttpUtility.HtmlDecode(myEncodedString, myWriter);

        string myDecodedString = myWriter.ToString();
        Console.Write($"Decoded string of the above encoded string is: {myDecodedString}");
    }
}
Imports System.Web
Imports System.IO

Class MyNewClass
   Public Shared Sub Main()
      Dim myString As String
      Console.WriteLine("Enter a string having '&' or '""'  in it: ")
      myString = Console.ReadLine()
      Dim myEncodedString As String
      ' Encode the string.
      myEncodedString = HttpUtility.HtmlEncode(myString)
      Console.WriteLine("HTML Encoded string is " + myEncodedString)
      Dim myWriter As New StringWriter()
      ' Decode the encoded string.
      HttpUtility.HtmlDecode(myEncodedString, myWriter)
      Console.Write("Decoded string of the above encoded string is " + myWriter.ToString())
   End Sub
End Class

注釈

空白や句読点などの文字が HTTP ストリームで渡されると、受信側で誤って解釈される可能性があります。 HTML エンコードは、HTML で許可されていない文字を文字エンティティに変換します。HTML デコードはエンコードを反転します。 たとえば、テキストブロックに埋め込まれると、文字 < と > は HTTP 送信用と &gt; として&lt;エンコードされます。

WebUtility クラスを使用して、web アプリケーションの外部の値をエンコード、またはデコードします。

こちらもご覧ください

適用対象

HtmlEncode(String, TextWriter)

文字列を HTML エンコードされた文字列に変換し、出力の TextWriter ストリームとして出力を返します。

public:
 static void HtmlEncode(System::String ^ s, System::IO::TextWriter ^ output);
public static void HtmlEncode (string? s, System.IO.TextWriter output);
public static void HtmlEncode (string s, System.IO.TextWriter output);
static member HtmlEncode : string * System.IO.TextWriter -> unit
Public Shared Sub HtmlEncode (s As String, output As TextWriter)

パラメーター

s
String

エンコードする文字列。

output
TextWriter

TextWriter 出力ストリーム。

注釈

空白や句読点などの文字が HTTP ストリームで渡されると、受信側で誤って解釈される可能性があります。 HTML エンコードは、HTML で許可されていない文字を文字エンティティに変換します。HTML デコードはエンコードを反転します。 たとえば、テキスト ブロックに埋め込まれると、文字<と >は HTTP 送信用と &gt; として&lt;エンコードされます。

WebUtility クラスを使用して、web アプリケーションの外部の値をエンコード、またはデコードします。

こちらもご覧ください

適用対象