FlowDocumentScrollViewer クラス

定義

連続スクロール モードでフロー コンテンツを表示するためのコントロールを提供します。

public ref class FlowDocumentScrollViewer : System::Windows::Controls::Control, IServiceProvider, System::Windows::Markup::IAddChild
[System.Windows.Markup.ContentProperty("Document")]
[System.Windows.TemplatePart(Name="PART_FindToolBarHost", Type=typeof(System.Windows.Controls.Decorator))]
[System.Windows.TemplatePart(Name="PART_ToolBarHost", Type=typeof(System.Windows.Controls.Decorator))]
[System.Windows.TemplatePart(Name="PART_ContentHost", Type=typeof(System.Windows.Controls.ScrollViewer))]
public class FlowDocumentScrollViewer : System.Windows.Controls.Control, IServiceProvider, System.Windows.Markup.IAddChild
[<System.Windows.Markup.ContentProperty("Document")>]
[<System.Windows.TemplatePart(Name="PART_FindToolBarHost", Type=typeof(System.Windows.Controls.Decorator))>]
[<System.Windows.TemplatePart(Name="PART_ToolBarHost", Type=typeof(System.Windows.Controls.Decorator))>]
[<System.Windows.TemplatePart(Name="PART_ContentHost", Type=typeof(System.Windows.Controls.ScrollViewer))>]
type FlowDocumentScrollViewer = class
    inherit Control
    interface IAddChild
    interface IServiceProvider
[<System.Windows.Markup.ContentProperty("Document")>]
[<System.Windows.TemplatePart(Name="PART_FindToolBarHost", Type=typeof(System.Windows.Controls.Decorator))>]
[<System.Windows.TemplatePart(Name="PART_ToolBarHost", Type=typeof(System.Windows.Controls.Decorator))>]
[<System.Windows.TemplatePart(Name="PART_ContentHost", Type=typeof(System.Windows.Controls.ScrollViewer))>]
type FlowDocumentScrollViewer = class
    inherit Control
    interface IServiceProvider
    interface IAddChild
Public Class FlowDocumentScrollViewer
Inherits Control
Implements IAddChild, IServiceProvider
継承
属性
実装

次の例では、上の FlowDocumentScrollViewer 図に示した図を定義します。

<FlowDocumentScrollViewer Margin="10" BorderBrush="Black" BorderThickness="1">
  <FlowDocument 
    ColumnWidth="400" 
    IsOptimalParagraphEnabled="True" IsHyphenationEnabled="True"
    >
    <Section FontSize="12">
      <Paragraph>
        <Bold>Neptune</Bold> (planet), major planet in the solar system, eighth planet
        from the Sun and fourth largest in diameter.  Neptune maintains an almost constant
        distance, about 4,490 million km (about 2,790 million mi), from the Sun.  Neptune
        revolves outside the orbit of Uranus and for most of its orbit moves inside the
        elliptical path of the outermost planet Pluto (see Solar System). Every 248 years,
        Pluto’s elliptical orbit brings the planet inside Neptune’s nearly circular orbit
        for about 20 years, temporarily making Neptune the farthest planet from the Sun.
        The last time Pluto’s orbit brought it inside Neptune’s orbit was in 1979. In
        1999 Pluto’s orbit carried it back outside Neptune’s orbit.
        <Figure 
          Width="140" Height="50" Background="GhostWhite" 
          HorizontalAnchor="PageLeft" 
          HorizontalOffset="100" VerticalOffset="20"
          >
          <Paragraph 
            FontStyle="Italic" TextAlignment="Left"
            Background="Beige" Foreground="DarkGreen"
            >
            Neptune has 72 times Earth's volume...
          </Paragraph>
        </Figure>

        <Floater 
          Background="GhostWhite" 
          Width="285" HorizontalAlignment="Left"
          >
          <Table CellSpacing="5">
            <Table.Columns>
              <TableColumn Width="155"/>
              <TableColumn Width="130"/>
            </Table.Columns>

            <TableRowGroup>
              <TableRow>
                <TableCell ColumnSpan="3">
                  <Paragraph>Neptune Stats</Paragraph>
                </TableCell>
              </TableRow>

              <TableRow Background="LightGoldenrodYellow" FontSize="12">
                <TableCell>
                  <Paragraph FontWeight="Bold">Mean Distance from Sun</Paragraph>
                </TableCell>
                <TableCell>
                  <Paragraph>4,504,000,000 km</Paragraph>
                </TableCell>
              </TableRow>

              <TableRow FontSize="12" Background="LightGray">
                <TableCell>
                  <Paragraph FontWeight="Bold">Mean Diameter</Paragraph>
                </TableCell>
                <TableCell>
                  <Paragraph>49,532 km</Paragraph>
                </TableCell>
              </TableRow>

              <TableRow Background="LightGoldenrodYellow" FontSize="12">
                <TableCell>
                  <Paragraph FontWeight="Bold">Approximate Mass</Paragraph>
                </TableCell>
                <TableCell>
                  <Paragraph>1.0247e26 kg</Paragraph>
                </TableCell>
              </TableRow>
              <TableRow>
                <TableCell ColumnSpan="4">
                  <Paragraph FontSize="10" FontStyle="Italic">
                    Information from the
                    <Hyperlink 
                      NavigateUri="http://encarta.msn.com/encnet/refpages/artcenter.aspx"
                      >Encarta</Hyperlink>
                    web site.
                  </Paragraph>
                </TableCell>
              </TableRow>
            </TableRowGroup>
          </Table>
        </Floater>
      </Paragraph>
      <Paragraph>
        Astronomers believe Neptune has an inner rocky core that is surrounded by a vast
        ocean of water mixed with rocky material. From the inner core, this ocean extends
        upward until it meets a gaseous atmosphere of hydrogen, helium, and trace amounts
        of methane. Neptune has four rings and 11 known moons. Even though Neptune's volume
        is 72 times Earth’s volume, its mass is only 17.15 times Earth’s mass. Because of
        its size, scientists classify Neptune—along with Jupiter, Saturn, and Uranus—as
        one of the giant or Jovian planets (so-called because they resemble Jupiter).
      </Paragraph>
      <Paragraph>
        <Figure 
          Width="140" Height="50" 
          Background="GhostWhite" TextAlignment="Left" 
          HorizontalAnchor="PageCenter" WrapDirection="Both"
          >
          <Paragraph FontStyle="Italic" Background="Beige" Foreground="DarkGreen" >
            Neptune has an orbital period of ~20 years...
          </Paragraph>
        </Figure>
        Mathematical theories of astronomy led to the discovery of Neptune. To account for
        wobbles in the orbit of the planet Uranus, British astronomer John Couch Adams and
        French astronomer Urbain Jean Joseph Leverrier independently calculated the existence
        and position of a new planet in 1845 and 1846, respectively. They theorized that the
        gravitational attraction of this planet for Uranus was causing the wobbles in Uranus’s
        orbit. Using information from Leverrier, German astronomer Johann Gottfried Galle first
        observed the planet in 1846.
      </Paragraph>
    </Section>
  </FlowDocument>
</FlowDocumentScrollViewer>

注釈

FlowDocumentScrollViewer は、連続スクロール モードのコンテンツを表示します。 同様のコントロールでは、 FlowDocumentPageViewerコンテンツが一度にページ表示モードで表示されます。 FlowDocumentPageViewerFlowDocumentScrollViewer は両方とも、特定の表示モードに固定されています。 一方、FlowDocumentReaderユーザーがさまざまなFlowDocumentPageViewerFlowDocumentScrollViewer表示モード (列挙体によってFlowDocumentReaderViewingMode提供される) を動的に選択できるようにする機能が含まれています。また、より重い重さを要します。

次の図は、既定の FlowDocumentScrollViewer ユーザー インターフェイス (UI) を持つコントロールを示しています。

スクリーンショット: 基本的な FlowDocumentScrollViewer

既定では、垂直スクロール バーは常に表示され、水平スクロール バーは必要に応じて表示されます。 IsToolBarVisible の既定の UI にはツール バーが含まれませんが、FlowDocumentScrollViewer プロパティを使用して組み込みツール バーを有効にできます。

FlowDocument は、〘 に対して許可される唯一の子要素です FlowDocumentScrollViewer。 要素は FlowDocumentScrollViewerFlowDocument複数の要素をホストする場合があります。

コンストラクター

FlowDocumentScrollViewer()

FlowDocumentScrollViewer クラスの新しいインスタンスを初期化します。

フィールド

CanDecreaseZoomProperty

CanDecreaseZoom 依存関係プロパティを識別します。

CanIncreaseZoomProperty

CanDecreaseZoomProperty 依存関係プロパティを識別します。

DocumentProperty

Document 依存関係プロパティを識別します。

HorizontalScrollBarVisibilityProperty

HorizontalScrollBarVisibility 依存関係プロパティを識別します。

IsInactiveSelectionHighlightEnabledProperty

IsInactiveSelectionHighlightEnabled 依存関係プロパティを識別します。

IsSelectionActiveProperty

IsSelectionActive 依存関係プロパティを識別します。

IsSelectionEnabledProperty

IsSelectionEnabled 依存関係プロパティを識別します。

IsToolBarVisibleProperty

IsToolBarVisible 依存関係プロパティを識別します。

MaxZoomProperty

MaxZoom 依存関係プロパティを識別します。

MinZoomProperty

MinZoom 依存関係プロパティを識別します。

SelectionBrushProperty

SelectionBrush 依存関係プロパティを識別します。

SelectionOpacityProperty

SelectionOpacity 依存関係プロパティを識別します。

VerticalScrollBarVisibilityProperty

VerticalScrollBarVisibility 依存関係プロパティを識別します。

ZoomIncrementProperty

ZoomIncrement 依存関係プロパティを識別します。

ZoomProperty

Zoom 依存関係プロパティを識別します。

プロパティ

ActualHeight

この要素の描画時の高さを取得します。

(継承元 FrameworkElement)
ActualWidth

この要素の描画時の幅を取得します。

(継承元 FrameworkElement)
AllowDrop

この要素をドラッグアンドドロップ操作の対象として使用できるかどうかを示す値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
AreAnyTouchesCaptured

少なくとも 1 つのタッチがこの要素にキャプチャされているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 UIElement)
AreAnyTouchesCapturedWithin

少なくとも 1 つのタッチがこの要素またはそのビジュアル ツリー内のいずれかの子要素にキャプチャされているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 UIElement)
AreAnyTouchesDirectlyOver

少なくとも 1 つのタッチがこの要素上で押されているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 UIElement)
AreAnyTouchesOver

少なくとも 1 つのタッチがこの要素またはそのビジュアル ツリー内のいずれかの子要素上で押されているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 UIElement)
Background

コントロールの背景を表すブラシを取得または設定します。

(継承元 Control)
BindingGroup

要素に使用される BindingGroup を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
BitmapEffect
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

この要素に描画された内容に直接適用するビットマップ効果を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
BitmapEffectInput
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

この要素に描画された内容に直接適用するビットマップ効果用の入力ソースを取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
BorderBrush

コントロールの境界線の背景を表すブラシを取得または設定します。

(継承元 Control)
BorderThickness

コントロールの境界線の太さを取得または設定します。

(継承元 Control)
CacheMode

UIElement のキャッシュされた表現を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
CanDecreaseZoom

Zoom レベルを下げることができるかどうかを示す値を取得します。

CanIncreaseZoom

Zoom レベルを上げることができるかどうかを示す値を取得します。

Clip

要素内容の輪郭の定義に使用するジオメトリを取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
ClipToBounds

親要素のサイズに合わせるために、この要素の内容 (またはこの要素の子要素の内容) を切り取るかどうかを示す値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
CommandBindings

この要素に関連付けられている CommandBinding オブジェクトのコレクションを取得します。 CommandBinding は、この要素のコマンド処理を有効にし、コマンド、コマンドのイベント、およびこの要素によってアタッチされるハンドラーの間の関連を宣言します。

(継承元 UIElement)
ContextMenu

この要素内からユーザー インターフェイス (UI) を介してコンテキスト メニューが要求されるたびに表示されるコンテキスト メニュー要素を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Cursor

この要素上にマウス ポインターが置かれたときに表示されるカーソルを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
DataContext

要素がデータ バインディングに含まれている場合に、その要素のデータ コンテキストを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
DefaultStyleKey

テーマ スタイルを使用または定義するときに、このコントロールのスタイルを参照するために使用されるキーを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
DependencyObjectType

このインスタンスの DependencyObjectType CLR 型をラップする値を取得します。

(継承元 DependencyObject)
DesiredSize

レイアウト処理の測定パスの実行中に、この要素が計算したサイズを取得します。

(継承元 UIElement)
Dispatcher

この Dispatcher が関連付けられている DispatcherObject を取得します。

(継承元 DispatcherObject)
Document

FlowDocumentScrollViewer によって表示されるコンテンツをホストする FlowDocument を取得または設定します。

Effect

UIElement に適用するビットマップ効果を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
FlowDirection

レイアウトを制御する任意の親要素内でテキストやその他のユーザー インターフェイス (UI) 要素が流れる方向を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Focusable

要素がフォーカスを得ることができるかどうかを示す値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
FocusVisualStyle

この要素がキーボード フォーカスを受け取ったときに適用される外観、効果、またはその他のスタイル特性のカスタマイズを可能にするプロパティを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
FontFamily

コントロールのフォント ファミリを取得または設定します。

(継承元 Control)
FontSize

フォント サイズを取得または設定します。

(継承元 Control)
FontStretch

画面上でのフォントの縮小率または拡大率を取得または設定します。

(継承元 Control)
FontStyle

フォント スタイルを取得または設定します。

(継承元 Control)
FontWeight

指定したフォントの太さを取得または設定します。

(継承元 Control)
ForceCursor

プロパティによってCursor宣言されたカーソルをユーザー インターフェイス (UI) に強制的にレンダリングするかどうかをFrameworkElement示す値を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Foreground

前景色を表すブラシを取得または設定します。

(継承元 Control)
HandlesScrolling

コントロールがスクロールをサポートしているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 Control)
HasAnimatedProperties

この要素にアニメーション化されたプロパティがあるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 UIElement)
HasEffectiveKeyboardFocus

UIElement にフォーカスがあるかどうかを示す値を取得します。

(継承元 UIElement)
Height

要素の推奨される高さを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
HorizontalAlignment

この要素が、Panel またはアイテム コントロールのような親要素内に構成されるときに適用される水平方向の配置特性を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
HorizontalContentAlignment

コントロールのコンテンツの水平方向の配置を取得または設定します。

(継承元 Control)
HorizontalScrollBarVisibility

水平スクロール バーが表示されるかどうかを示す値を取得または設定します。

InheritanceBehavior

プロパティ値の継承、リソース キーのルックアップ、および RelativeSource FindAncestor 検索のスコープの制限を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
InputBindings

この要素に関連付けられている入力バインドのコレクションを取得します。

(継承元 UIElement)
InputScope

この FrameworkElement で使用される入力のコンテキストを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
IsArrangeValid

この要素のレイアウトにおける子要素の計算済みのサイズと位置が有効かどうかを示す値を取得します。

(継承元 UIElement)
IsEnabled

ユーザー インターフェイス (UI) でこの要素が有効かどうかを示す値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsEnabledCore

派生クラス内で IsEnabled の戻り値になる値を取得します。

(継承元 UIElement)
IsFocused

この要素に論理フォーカスがあるかどうかを判断する値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsHitTestVisible

この要素が、表示される内容のある部分からのヒット テストの結果として返されるかどうかを宣言する値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsInactiveSelectionHighlightEnabled

コントロールにフォーカスがない場合に FlowDocumentScrollViewer が選択されたテキストを表示するかどうかを示す値を取得または設定します。

IsInitialized

XAML プロセッサによる処理中、またはメソッドを明示的に呼び出すことによって、この要素が初期化されているかどうかを示す値を EndInit() 取得します。

(継承元 FrameworkElement)
IsInputMethodEnabled

入力メソッド エディター (IME) などの入力メソッド システムがこの要素への入力を処理するために有効になっているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 UIElement)
IsKeyboardFocused

この要素にキーボード フォーカスがあるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsKeyboardFocusWithin

キーボード フォーカスがその要素またはそのビジュアル ツリーの子要素内の任意の場所にあるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsLoaded

この要素が表示のために読み込まれているかどうかを示す値を取得します。

(継承元 FrameworkElement)
IsManipulationEnabled

この UIElement で操作イベントが有効かどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 UIElement)
IsMeasureValid

レイアウト測定パスから返された現在のサイズが有効かどうかを示す値を取得します。

(継承元 UIElement)
IsMouseCaptured

この要素にマウスがキャプチャされるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsMouseCaptureWithin

この要素またはビジュアル ツリー内の子要素がマウスのキャプチャを保持するかどうかを決定する値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsMouseDirectlyOver

マウス ポインターの位置が、要素の構成を考慮したヒット テストの結果に対応しているかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsMouseOver

マウス ポインターがこの要素 (ビジュアル ツリー内の子要素を含む) の上にあるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsSealed

このインスタンスが現在シールされている (読み取り専用である) かどうかを示す値を取得します。

(継承元 DependencyObject)
IsSelectionActive

FlowDocumentScrollViewer にフォーカスがあり、選択されたテキストがあるかどうかを示す値を取得します。

IsSelectionEnabled

FlowDocumentScrollViewer 内のコンテンツの選択が有効かどうかを示す値を取得または設定します。

IsStylusCaptured

この要素によってスタイラスがキャプチャされるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsStylusCaptureWithin

この要素、または要素の境界とそのビジュアル ツリー内の要素がスタイラス キャプチャを保持するかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsStylusDirectlyOver

スタイラスの位置が、要素の構成を考慮したヒット テストの結果に対応しているかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsStylusOver

スタイラスのカーソルがこの要素 (子ビジュアル要素を含む) の上にあるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
IsTabStop

コントロールがタブ ナビゲーションに含まれるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 Control)
IsToolBarVisible

FlowDocumentScrollViewer ツール バーが表示されているかどうかを示す値を取得または設定します。

IsVisible

この要素がユーザー インターフェイス (UI) に表示されるかどうかを示す値を取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
Language

要素に適用されるローカライズ/グローバリゼーション言語情報を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
LayoutTransform

レイアウトの実行時にこの要素に適用するグラフィック変換を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
LogicalChildren

FlowDocumentScrollViewer の論理的な子を反復処理できる列挙子を取得します。

Margin

要素の外側の余白を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
MaxHeight

要素の高さの最大値を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
MaxWidth

要素の幅の最大値を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
MaxZoom

Zoom に使用できる最大の FlowDocumentScrollViewer レベルを取得または設定します。

MinHeight

要素の高さの最小値を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
MinWidth

要素の幅の最小値を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
MinZoom

Zoom に使用できる最小の FlowDocumentScrollViewer レベルを取得または設定します。

Name

要素の識別名を取得または設定します。 この名前は、イベント ハンドラー コードなどの分離コードが XAML プロセッサによる処理中に構築された後にマークアップ要素を参照できるように、参照を提供します。

(継承元 FrameworkElement)
Opacity

ユーザー インターフェイス (UI) でレンダリングされるときに全体 UIElement に適用される不透明度係数を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
OpacityMask

この要素の描画されるコンテンツのアルファ チャネル マスクに適用される Brush 実装として、不透明マスクを取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
OverridesDefaultStyle

この要素に、テーマのスタイルのスタイル プロパティが含まれるかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Padding

コントロールのパディングを取得または設定します。

(継承元 Control)
Parent

この要素の論理上の親要素を取得します。

(継承元 FrameworkElement)
PersistId
互換性のために残されています。

この要素を一意に識別する値を取得します。

(継承元 UIElement)
RenderSize

この要素の最終的な描画サイズを取得します (または、設定します)。

(継承元 UIElement)
RenderTransform

この要素の描画位置に影響する変換情報を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
RenderTransformOrigin

RenderTransform によって宣言されるすべての使用可能な表示変換の中心点を、要素の境界からの相対位置で取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
Resources

ローカルで定義されたリソース ディクショナリを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Selection

FlowDocumentScrollViewer の選択されたコンテンツを取得します。

SelectionBrush

選択されているテキストを強調表示するブラシを取得または設定します。

SelectionOpacity

SelectionBrush の不透明度を取得または設定します。

SnapsToDevicePixels

この要素のレンダリングがレンダリング中にデバイスに固有のピクセルの設定を使用するかどうかを決定する値を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
Style

この要素が使用するスタイルを、表示されるときに取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
StylusPlugIns

この要素に関連付けられているすべてのスタイラス プラグイン (カスタマイズ) オブジェクトのコレクションを取得します。

(継承元 UIElement)
TabIndex

ユーザーが Tab キーを使用してコントロール間を移動するときに、要素がフォーカスを受け取る順序を決定する値を取得または設定します

(継承元 Control)
Tag

この要素に関するユーザー定義情報の格納に使用できる任意のオブジェクト値を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Template

コントロール テンプレートを取得または設定します。

(継承元 Control)
TemplatedParent

この要素の親テンプレートへの参照を取得します。 このプロパティは、要素がテンプレートによって作成されていない場合は無効です。

(継承元 FrameworkElement)
ToolTip

ユーザー インターフェイス (UI) でこの要素に表示されるツール ヒント オブジェクトを取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
TouchesCaptured

この要素にキャプチャされているすべてのタッチ デバイスを取得します。

(継承元 UIElement)
TouchesCapturedWithin

この要素またはそのビジュアル ツリー内のいずれかの子要素にキャプチャされているすべてのタッチ デバイスを取得します。

(継承元 UIElement)
TouchesDirectlyOver

この要素上にあるすべてのタッチ デバイスを取得します。

(継承元 UIElement)
TouchesOver

この要素またはそのビジュアル ツリー内のいずれかの子要素上にあるすべてのタッチ デバイスを取得します。

(継承元 UIElement)
Triggers

この要素に直接、または子要素で設定されているトリガーのコレクションを取得します。

(継承元 FrameworkElement)
Uid

この要素の一意の識別子 (ローカライズ用) を設定または取得します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
UseLayoutRounding

レイアウトの間に、この要素のサイズおよび位置にレイアウトの丸めを適用するかどうかを示す値を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
VerticalAlignment

この要素が、Panel またはアイテム コントロールのような親要素内に作成されるときに適用される垂直方向の配置特性を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
VerticalContentAlignment

コントロールのコンテンツの垂直方向の配置を取得または設定します。

(継承元 Control)
VerticalScrollBarVisibility

垂直スクロール バーが表示されるかどうかを示す値を取得または設定します。

Visibility

この要素のユーザー インターフェイス (UI) の可視性を取得または設定します。 これは依存関係プロパティです。

(継承元 UIElement)
VisualBitmapEffect
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

BitmapEffectVisual 値を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualBitmapEffectInput
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

BitmapEffectInputVisual 値を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualBitmapScalingMode

BitmapScalingModeVisual を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualCacheMode

Visual のキャッシュされた表現を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualChildrenCount

この要素内でビジュアル子要素の数を取得します。

(継承元 FrameworkElement)
VisualClearTypeHint

ClearTypeHint での ClearType のレンダリング方法を決定する Visual を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualClip

Visual 値としての Geometry のクリップ領域を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualEdgeMode

Visual のエッジ モードを EdgeMode 値として取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualEffect

Visual に適用するビットマップ効果を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualOffset

ビジュアル オブジェクトのオフセット値を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualOpacity

Visual の不透明度を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualOpacityMask

Brush の不透明マスクを表す Visual 値を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualParent

ビジュアル オブジェクトのビジュアル ツリーの親を取得します。

(継承元 Visual)
VisualScrollableAreaClip

Visual のクリップ対象のスクロール可能な領域を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualTextHintingMode

VisualTextHintingMode を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualTextRenderingMode

VisualTextRenderingMode を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualTransform

TransformVisual 値を取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualXSnappingGuidelines

X 座標 (垂直) ガイドライン コレクションを取得または設定します。

(継承元 Visual)
VisualYSnappingGuidelines

Y 座標 (水平) ガイドライン コレクションを取得または設定します。

(継承元 Visual)
Width

要素の幅を取得または設定します。

(継承元 FrameworkElement)
Zoom

現在のズーム レベルを取得または設定します。

ZoomIncrement

ズーム インクリメントを取得または設定します。

メソッド

AddHandler(RoutedEvent, Delegate)

指定したルーティング イベントのルーティング イベント ハンドラーを追加します。このハンドラーは、現在の要素のハンドラー コレクションに追加されます。

(継承元 UIElement)
AddHandler(RoutedEvent, Delegate, Boolean)

指定したルーティング イベントのルーティング イベント ハンドラーを追加します。このハンドラーは、現在の要素のハンドラー コレクションに追加されます。 イベント ルート上の別の要素により既にハンドル済みとしてマークされているルーティング イベントに対し、指定したハンドラーが呼び出されるようにするには、handledEventsTootrue に指定します。

(継承元 UIElement)
AddLogicalChild(Object)

指定したオブジェクトをこの要素の論理ツリーに追加します。

(継承元 FrameworkElement)
AddToEventRoute(EventRoute, RoutedEventArgs)

現在の EventRoute イベント ハンドラー コレクションのハンドラーを、指定した UIElement に追加します。

(継承元 UIElement)
AddVisualChild(Visual)

2 つのビジュアル間の親子リレーションシップを定義します。

(継承元 Visual)
ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock)

この要素の指定した依存関係プロパティにアニメーションを適用します。 既存のアニメーションは停止され、新しいアニメーションに置き換えられます。

(継承元 UIElement)
ApplyAnimationClock(DependencyProperty, AnimationClock, HandoffBehavior)

この要素の指定した依存関係プロパティにアニメーションを適用し、プロパティでアニメーションが既に適用されているときに行われる処理を指定する機能も提供します。

(継承元 UIElement)
ApplyTemplate()

必要に応じて現在のテンプレートのビジュアル ツリーを構築し、この呼び出しによってビジュアル ツリーが再構築されたかどうかを示す値を返します。

(継承元 FrameworkElement)
Arrange(Rect)

子要素を配置し、UIElement のサイズを決定します。 親要素はそれぞれの ArrangeCore(Rect) 実装 (または WPF フレームワーク レベルの同等実装) からこのメソッドを呼び出し、レイアウトを再帰的に更新します。 このメソッドは、レイアウト更新の 2 番目のパスを構成します。

(継承元 UIElement)
ArrangeCore(Rect)

ArrangeCore(Rect) (UIElement で仮想メソッドとして定義されています) を実装し、その実装をシールします。

(継承元 FrameworkElement)
ArrangeOverride(Size)

Control オブジェクトのコンテンツを配置し、そのサイズを設定するために呼び出されます。

(継承元 Control)
BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline)

この要素のアニメーション化対象のプロパティを指定して、アニメーションを開始します。

(継承元 UIElement)
BeginAnimation(DependencyProperty, AnimationTimeline, HandoffBehavior)

この要素のアニメーション化対象のプロパティを指定して、特定のアニメーションを開始します。プロパティの既存のアニメーションが実行中である場合の動作も指定できます。

(継承元 UIElement)
BeginInit()

この要素の初期化プロセスを開始します。

(継承元 FrameworkElement)
BeginStoryboard(Storyboard)

指定したストーリーボードに含まれるアクションのシーケンスを開始します。

(継承元 FrameworkElement)
BeginStoryboard(Storyboard, HandoffBehavior)

プロパティが既にアニメーション化されていた場合にどうするかを指定するオプションを使用して、指定したストーリーボードに含まれるアクションのシーケンスを開始します。

(継承元 FrameworkElement)
BeginStoryboard(Storyboard, HandoffBehavior, Boolean)

開始後のアニメーションの制御の状態を指定して、指定したストーリーボードに含まれるアクションのシーケンスを開始します。

(継承元 FrameworkElement)
BringIntoView()

この要素が含まれているスクロール可能な領域内に、この要素を表示することを試みます。

(継承元 FrameworkElement)
BringIntoView(Rect)

この要素が含まれているスクロール可能な領域内で、この要素の指定したサイズの領域が表示されるように試みます。

(継承元 FrameworkElement)
CancelPrint()

現在印刷中のジョブがあればキャンセルします。

CaptureMouse()

この要素にマウスをキャプチャするように強制することを試みます。

(継承元 UIElement)
CaptureStylus()

この要素にスタイラスをキャプチャするように強制することを試みます。

(継承元 UIElement)
CaptureTouch(TouchDevice)

この要素にタッチをキャプチャするように強制することを試みます。

(継承元 UIElement)
CheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるかどうかを確認します。

(継承元 DispatcherObject)
ClearValue(DependencyProperty)

プロパティのローカル値をクリアします。 クリアするプロパティは DependencyProperty 識別子で指定されます。

(継承元 DependencyObject)
ClearValue(DependencyPropertyKey)

読み取り専用プロパティのローカル値を消去します。 消去するプロパティは、DependencyPropertyKey で指定します。

(継承元 DependencyObject)
CoerceValue(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの値を強制します。 これは、呼び出し元の DependencyObject の依存関係プロパティのプロパティ メタデータで指定されている CoerceValueCallback 関数を呼び出すことによって実現されます。

(継承元 DependencyObject)
DecreaseZoom()

DecreaseZoom ルーティング コマンドを実行します。

EndInit()

この要素の初期化プロセスが完了したことを示します。

(継承元 FrameworkElement)
Equals(Object)

指定した DependencyObject が現在の DependencyObject と等しいかどうかを判断します。

(継承元 DependencyObject)
Find()

[検索] ダイアログ ボックスを切り替えます。

FindCommonVisualAncestor(DependencyObject)

2 つのビジュアル オブジェクトの共通の先祖を返します。

(継承元 Visual)
FindName(String)

指定した識別名を持つ要素を検索します。

(継承元 FrameworkElement)
FindResource(Object)

指定したキーを持つリソースを検索します。要求したリソースが見つからない場合は例外がスローされます。

(継承元 FrameworkElement)
Focus()

この要素にフォーカスを設定することを試みます。

(継承元 UIElement)
GetAnimationBaseValue(DependencyProperty)

この要素の、指定したプロパティの基本プロパティ値を返します。実行中または停止済みのアニメーションでアニメーション化される値は無視されます。

(継承元 UIElement)
GetBindingExpression(DependencyProperty)

指定したプロパティでのバインディングを表す BindingExpression を返します。

(継承元 FrameworkElement)
GetHashCode()

この DependencyObject のハッシュ コードを取得します。

(継承元 DependencyObject)
GetLayoutClip(Size)

クリッピング マスクのジオメトリを返します。 クリッピング マスクは、利用可能な表示領域より大きな要素をレイアウト システムが配置しようとすると適用されます。

(継承元 FrameworkElement)
GetLocalValueEnumerator()

どの依存関係プロパティがこの DependencyObject 上にローカルに設定された値を持つかを確認するための、専用の列挙子を作成します。

(継承元 DependencyObject)
GetTemplateChild(String)

インスタンス化された ControlTemplate のビジュアル ツリー内にある名前付き要素を返します。

(継承元 FrameworkElement)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
GetUIParentCore()

ビジュアル親が存在しない場合に、この要素に対する代替の論理上の親を返します。

(継承元 FrameworkElement)
GetValue(DependencyProperty)

DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。

(継承元 DependencyObject)
GetVisualChild(Int32)

GetVisualChild(Int32) をオーバーライドし、子要素のコレクションから指定したインデックス位置の子を返します。

(継承元 FrameworkElement)
HitTestCore(GeometryHitTestParameters)

HitTestCore(GeometryHitTestParameters) を実装して、要素のヒット テストの基本動作を提供します (GeometryHitTestResult を返します)。

(継承元 UIElement)
HitTestCore(PointHitTestParameters)

HitTestCore(PointHitTestParameters) を実装して、要素のヒット テストの基本動作を提供します (HitTestResult を返します)。

(継承元 UIElement)
IncreaseZoom()

IncreaseZoom ルーティング コマンドを実行します。

InputHitTest(Point)

現在の要素の原点からの指定した相対座標にある、現在の要素内の入力要素を返します。

(継承元 UIElement)
InvalidateArrange()

要素の配置状態 (レイアウト) を無効にします。 無効にした後、要素のレイアウトが更新されます。更新は、UpdateLayout() によって強制されない限り非同期に行われます。

(継承元 UIElement)
InvalidateMeasure()

要素の測定状態 (レイアウト) を無効にします。

(継承元 UIElement)
InvalidateProperty(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの有効値を再評価します。

(継承元 DependencyObject)
InvalidateVisual()

要素の描画を無効にして、新しい完全なレイアウト パスを強制します。 レイアウト サイクルが完了した後に、OnRender(DrawingContext) が呼び出されます。

(継承元 UIElement)
IsAncestorOf(DependencyObject)

ビジュアル オブジェクトが、指定した子孫ビジュアル オブジェクトの先祖かどうかを判定します。

(継承元 Visual)
IsDescendantOf(DependencyObject)

ビジュアル オブジェクトが、指定した先祖ビジュアル オブジェクトの子孫かどうかを判定します。

(継承元 Visual)
Measure(Size)

UIElementDesiredSize を更新します。 親要素は、独自の MeasureCore(Size) 実装からこのメソッドを呼び出し、レイアウトを再帰的に更新します。 このメソッドの呼び出しは、レイアウト更新の最初のパス (「メジャー」パス) となります。

(継承元 UIElement)
MeasureCore(Size)

FrameworkElement の測定パス レイアウト システムの基本動作を実装します。

(継承元 FrameworkElement)
MeasureOverride(Size)

コントロールを再測定するために呼び出されます。

(継承元 Control)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
MoveFocus(TraversalRequest)

指定した移動方向の別の要素にこの要素からキーボード フォーカスを移動します。

(継承元 FrameworkElement)
OnAccessKey(AccessKeyEventArgs)

この要素に対して有効なアクセス キーが呼び出されたときのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnApplyTemplate()

FlowDocumentScrollViewer のビジュアル ツリーを構築します。

OnCancelPrintCommand()

CancelPrint ルーティング コマンドを処理します。

OnChildDesiredSizeChanged(UIElement)

子要素のサイズが変更されるときのレイアウト動作をサポートします。

(継承元 UIElement)
OnContextMenuClosing(ContextMenuEventArgs)

未処理の ContextMenuClosing ルーティング イベントが、その経路上でこのクラスに到達するたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 FrameworkElement)
OnContextMenuOpening(ContextMenuEventArgs)

未処理の ContextMenuOpening ルーティング イベントが、その経路上でこのクラスに到達するたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

OnCreateAutomationPeer()

この AutomationPeerFlowDocumentScrollViewer オブジェクトを作成して返します。

OnDecreaseZoomCommand()

DecreaseZoom ルーティング コマンドを処理します。

OnDpiChanged(DpiScale, DpiScale)

このビューが表示される DPI が変更するときに呼び出されます。

(継承元 Visual)
OnDragEnter(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の DragEnter イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnDragLeave(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の DragLeave イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnDragOver(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の DragOver イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnDrop(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の DragEnter イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnFindCommand()

Find ルーティング コマンドを処理します。

OnGiveFeedback(GiveFeedbackEventArgs)

アタッチされた未処理の GiveFeedback イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnGotFocus(RoutedEventArgs)

未処理の GotFocus イベントが、その経路上でこの要素に到達するたびに呼び出されます。

(継承元 FrameworkElement)
OnGotKeyboardFocus(KeyboardFocusChangedEventArgs)

アタッチされた未処理の GotKeyboardFocus イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnGotMouseCapture(MouseEventArgs)

アタッチされた未処理の GotMouseCapture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnGotStylusCapture(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の GotStylusCapture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnGotTouchCapture(TouchEventArgs)

タッチがこの要素にキャプチャされているときに発生する GotTouchCapture ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnIncreaseZoomCommand()

IncreaseZoom ルーティング コマンドを処理します。

OnInitialized(EventArgs)

Initialized イベントを発生させます。 このメソッドは、IsInitialized が内部で true に設定されるたびに呼び出されます。

(継承元 FrameworkElement)
OnIsKeyboardFocusedChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsKeyboardFocusedChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnIsKeyboardFocusWithinChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素によって IsKeyboardFocusWithinChanged イベントが発生する直前に呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnIsMouseCapturedChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsMouseCapturedChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnIsMouseCaptureWithinChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsMouseCaptureWithinChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnIsMouseDirectlyOverChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsMouseDirectlyOverChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnIsStylusCapturedChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsStylusCapturedChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnIsStylusCaptureWithinChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsStylusCaptureWithinChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnIsStylusDirectlyOverChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この要素上で未処理の IsStylusDirectlyOverChanged イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnKeyDown(KeyEventArgs)

KeyDown ルーティング イベントを処理します。

OnKeyUp(KeyEventArgs)

アタッチされた未処理の KeyUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnLostFocus(RoutedEventArgs)

提供されたイベント データを使って、LostFocus ルーティング イベントを発生させます。

(継承元 UIElement)
OnLostKeyboardFocus(KeyboardFocusChangedEventArgs)

アタッチされた未処理の LostKeyboardFocus イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnLostMouseCapture(MouseEventArgs)

アタッチされた未処理の LostMouseCapture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnLostStylusCapture(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の LostStylusCapture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnLostTouchCapture(TouchEventArgs)

この要素がタッチのキャプチャを失ったときに発生する LostTouchCapture ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnManipulationBoundaryFeedback(ManipulationBoundaryFeedbackEventArgs)

ManipulationBoundaryFeedback イベントが発生すると呼び出されます。

(継承元 UIElement)
OnManipulationCompleted(ManipulationCompletedEventArgs)

ManipulationCompleted イベントが発生すると呼び出されます。

(継承元 UIElement)
OnManipulationDelta(ManipulationDeltaEventArgs)

ManipulationDelta イベントが発生すると呼び出されます。

(継承元 UIElement)
OnManipulationInertiaStarting(ManipulationInertiaStartingEventArgs)

ManipulationInertiaStarting イベントが発生すると呼び出されます。

(継承元 UIElement)
OnManipulationStarted(ManipulationStartedEventArgs)

ManipulationStarted イベントが発生すると呼び出されます。

(継承元 UIElement)
OnManipulationStarting(ManipulationStartingEventArgs)

操作プロセッサを初めて作成するときに発生する ManipulationStarting ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnMouseDoubleClick(MouseButtonEventArgs)

MouseDoubleClick ルーティング イベントを発生させます。

(継承元 Control)
OnMouseDown(MouseButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の MouseDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnMouseEnter(MouseEventArgs)

未処理の MouseEnter 添付イベントがこの要素で発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnMouseLeave(MouseEventArgs)

未処理の MouseLeave 添付イベントがこの要素で発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnMouseLeftButtonDown(MouseButtonEventArgs)

この要素上で未処理の MouseLeftButtonDown ルーティング イベントが発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnMouseLeftButtonUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の MouseLeftButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnMouseMove(MouseEventArgs)

アタッチされた未処理の MouseMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnMouseRightButtonDown(MouseButtonEventArgs)

未処理の MouseRightButtonDown ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnMouseRightButtonUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の MouseRightButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnMouseUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の MouseUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnMouseWheel(MouseWheelEventArgs)

MouseWheel ルーティング イベントを処理します。

OnPreviewDragEnter(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewDragEnter イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewDragLeave(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewDragLeave イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewDragOver(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewDragOver イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewDrop(DragEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewDrop イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewGiveFeedback(GiveFeedbackEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewGiveFeedback イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewGotKeyboardFocus(KeyboardFocusChangedEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewGotKeyboardFocus イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewKeyDown(KeyEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewKeyDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewKeyUp(KeyEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewKeyUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewLostKeyboardFocus(KeyboardFocusChangedEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewKeyDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewMouseDoubleClick(MouseButtonEventArgs)

PreviewMouseDoubleClick ルーティング イベントを発生させます。

(継承元 Control)
OnPreviewMouseDown(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseDown 添付ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewMouseLeftButtonDown(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseLeftButtonDown ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewMouseLeftButtonUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseLeftButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewMouseMove(MouseEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewMouseMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewMouseRightButtonDown(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseRightButtonDown ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewMouseRightButtonUp(MouseButtonEventArgs)

未処理の PreviewMouseRightButtonUp ルーティング イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewMouseUp(MouseButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewMouseUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewMouseWheel(MouseWheelEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewMouseWheel イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewQueryContinueDrag(QueryContinueDragEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewQueryContinueDrag イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewStylusButtonDown(StylusButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusButtonDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewStylusButtonUp(StylusButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusButtonUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewStylusDown(StylusDownEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewStylusInAirMove(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusInAirMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewStylusInRange(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusInRange イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewStylusMove(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewStylusOutOfRange(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusOutOfRange イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewStylusSystemGesture(StylusSystemGestureEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusSystemGesture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewStylusUp(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewStylusUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewTextInput(TextCompositionEventArgs)

アタッチされた未処理の PreviewTextInput イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewTouchDown(TouchEventArgs)

この要素がタッチで押されたときに発生する PreviewTouchDown ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewTouchMove(TouchEventArgs)

タッチがこの要素の内部にある間にタッチが移動すると発生する PreviewTouchMove ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnPreviewTouchUp(TouchEventArgs)

この要素の内部のタッチが解放されたときに発生する PreviewTouchUp ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnPrintCommand()

Print ルーティング コマンドを処理します。

OnPrintCompleted()

印刷ジョブが完了すると呼び出されます。

OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この FrameworkElement の依存関係プロパティの有効値が更新された場合に必ず呼び出されます。 変更が発生した特定の依存関係プロパティが引数パラメーターで報告されます。 OnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs) をオーバーライドします。

(継承元 FrameworkElement)
OnQueryContinueDrag(QueryContinueDragEventArgs)

アタッチされた未処理の QueryContinueDrag イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnQueryCursor(QueryCursorEventArgs)

アタッチされた未処理の QueryCursor イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnRender(DrawingContext)

派生クラスでオーバーライドされると、レイアウト システムの指示で行われるレンダリング操作に参加します。 この要素に対するレンダリング指示は、このメソッドの呼び出し時に直接使用されるわけではなく、後からレイアウト処理や描画処理で非同期に使用されるときまで保存されます。

(継承元 UIElement)
OnRenderSizeChanged(SizeChangedInfo)

指定した情報を最終的なイベント データの一部として使用して、SizeChanged イベントを発生させます。

(継承元 FrameworkElement)
OnStyleChanged(Style, Style)

この要素で使用されているスタイルが変更された場合に呼び出されます。スタイルが変更されるとレイアウトが無効になります。

(継承元 FrameworkElement)
OnStylusButtonDown(StylusButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusButtonDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnStylusButtonUp(StylusButtonEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusButtonUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnStylusDown(StylusDownEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusDown イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnStylusEnter(StylusEventArgs)

未処理の StylusEnter 添付イベントがこの要素で発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnStylusInAirMove(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusInAirMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnStylusInRange(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusInRange イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnStylusLeave(StylusEventArgs)

未処理の StylusLeave 添付イベントがこの要素で発生したときに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnStylusMove(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusMove イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnStylusOutOfRange(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusOutOfRange イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnStylusSystemGesture(StylusSystemGestureEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusSystemGesture イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnStylusUp(StylusEventArgs)

アタッチされた未処理の StylusUp イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnTemplateChanged(ControlTemplate, ControlTemplate)

コントロールのテンプレートが変更されるたびに呼び出されます。

(継承元 Control)
OnTextInput(TextCompositionEventArgs)

アタッチされた未処理の TextInput イベントが、そのルート上で、このクラスから派生した要素に到達すると呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 UIElement)
OnToolTipClosing(ToolTipEventArgs)

未処理の ToolTipClosing ルーティング イベントが、その経路上でこのクラスに到達するたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 FrameworkElement)
OnToolTipOpening(ToolTipEventArgs)

ToolTipOpening ルーティング イベントが、その経路上でこのクラスに到達するたびに呼び出されます。 このイベントに対するクラス処理を追加するには、このメソッドを実装します。

(継承元 FrameworkElement)
OnTouchDown(TouchEventArgs)

この要素の内部がタッチで押されたときに発生する TouchDown ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnTouchEnter(TouchEventArgs)

この要素の境界の外部から内部にタッチが移動したときに発生する TouchEnter ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnTouchLeave(TouchEventArgs)

タッチがこの TouchLeave の境界の内部から外部に移動したときに発生する UIElement ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnTouchMove(TouchEventArgs)

タッチがこの要素の内部にある間にタッチが移動すると発生する TouchMove ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnTouchUp(TouchEventArgs)

この要素の内部のタッチが解放されたときに発生する TouchUp ルーティング イベントのクラス処理を提供します。

(継承元 UIElement)
OnVisualChildrenChanged(DependencyObject, DependencyObject)

ビジュアル オブジェクトの VisualCollection が変更されると呼び出されます。

(継承元 Visual)
OnVisualParentChanged(DependencyObject)

ビジュアル ツリー内のこの要素の親が変更されたときに呼び出されます。 OnVisualParentChanged(DependencyObject) をオーバーライドします。

(継承元 FrameworkElement)
ParentLayoutInvalidated(UIElement)

FrameworkElement の特殊化されたサブクラスでインクリメンタル レイアウトの実装をサポートします。 レイアウト中に親のメジャーまたは整列パスに影響を与えるものとしてメタデータ内でマークされているプロパティを子要素が無効にすると、ParentLayoutInvalidated(UIElement) が呼び出されます。

(継承元 FrameworkElement)
PointFromScreen(Point)

画面座標における Point を、Point の現在の座標系を表す Visual に変換します。

(継承元 Visual)
PointToScreen(Point)

Point の現在の座標系を表す Visual を、画面座標における Point に変換します。

(継承元 Visual)
PredictFocus(FocusNavigationDirection)

この要素を基準に、指定したフォーカスの移動方向で次にフォーカスを受け取る要素を特定します。ただし、実際のフォーカスの移動は行われません。

(継承元 FrameworkElement)
Print()

印刷設定の内容を印刷および構成するために使用できる標準の 印刷 ダイアログを FlowDocumentScrollViewer 呼び出します。

RaiseEvent(RoutedEventArgs)

特定のルーティング イベントを発生させます。 発生する RoutedEvent は、提供された RoutedEventArgs インスタンス内で識別されます (そのイベント データの RoutedEvent プロパティとして)。

(継承元 UIElement)
ReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカルの依存関係プロパティの値を返します (存在する場合)。

(継承元 DependencyObject)
RegisterName(String, Object)

NameScope の登録メソッドへのアクセスを簡略化するアクセサーを提供します。

(継承元 FrameworkElement)
ReleaseAllTouchCaptures()

キャプチャされているすべてのタッチ デバイスをこの要素から解放します。

(継承元 UIElement)
ReleaseMouseCapture()

この要素がマウス キャプチャを保持していた場合、キャプチャを解放します。

(継承元 UIElement)
ReleaseStylusCapture()

この要素がスタイラス デバイス キャプチャを保持していた場合、キャプチャを解放します。

(継承元 UIElement)
ReleaseTouchCapture(TouchDevice)

指定されたタッチ デバイスをこの要素から解放することを試みます。

(継承元 UIElement)
RemoveHandler(RoutedEvent, Delegate)

指定したルーティング イベント ハンドラーをこの要素から削除します。

(継承元 UIElement)
RemoveLogicalChild(Object)

指定されたオブジェクトをこの要素の論理ツリーから削除します。 FrameworkElement は、この削除との同期を維持するために影響を受ける論理ツリーの親ポインターを更新します。

(継承元 FrameworkElement)
RemoveVisualChild(Visual)

2 つのビジュアル間の親子リレーションシップを削除します。

(継承元 Visual)
SetBinding(DependencyProperty, BindingBase)

指定したバインディング オブジェクトに基づいて、この要素にバインドをアタッチします。

(継承元 FrameworkElement)
SetBinding(DependencyProperty, String)

指定したソース プロパティ名をデータ ソースへのパスの修飾として使用して、この要素にバインディングを添付します。

(継承元 FrameworkElement)
SetCurrentValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ値のソースを変更せずにその値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
SetResourceReference(DependencyProperty, Object)

指定した名前のリソースを検索し、指定したプロパティにそのリソースへのリソース参照を設定します。

(継承元 FrameworkElement)
SetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
SetValue(DependencyPropertyKey, Object)

依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子で指定した読み取り専用の依存関係プロパティのローカル値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
ShouldSerializeCommandBindings()

シリアル化プロセスが、このクラスのインスタンスに関する CommandBindings プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 UIElement)
ShouldSerializeInputBindings()

シリアル化プロセスが、このクラスのインスタンスに関する InputBindings プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 UIElement)
ShouldSerializeProperty(DependencyProperty)

シリアル化プロセスが、指定された依存関係プロパティの値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 DependencyObject)
ShouldSerializeResources()

シリアル化プロセスが、Resources プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 FrameworkElement)
ShouldSerializeStyle()

シリアル化プロセスが、Style プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 FrameworkElement)
ShouldSerializeTriggers()

シリアル化プロセスが、Triggers プロパティの内容をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。

(継承元 FrameworkElement)
ToString()

Control オブジェクトの文字列表現を返します。

(継承元 Control)
TransformToAncestor(Visual)

Visual からビジュアル オブジェクトの指定した Visual の先祖に座標を変換するために使用できる変換を返します。

(継承元 Visual)
TransformToAncestor(Visual3D)

Visual からビジュアル オブジェクトの指定した Visual3D の先祖に座標を変換するために使用できる変換を返します。

(継承元 Visual)
TransformToDescendant(Visual)

Visual から指定したビジュアル オブジェクトの子孫に座標を変換するために使用できる変換を返します。

(継承元 Visual)
TransformToVisual(Visual)

Visual から指定したビジュアル オブジェクトに座標を変換するために使用できる変換を返します。

(継承元 Visual)
TranslatePoint(Point, UIElement)

この要素に相対的なポイントを、指定した要素に対する相対座標に変換します。

(継承元 UIElement)
TryFindResource(Object)

指定されたキーを使用してリソースを検索し、見つかった場合はそのリソースを返します。

(継承元 FrameworkElement)
UnregisterName(String)

NameScope の登録解除メソッドへのアクセスを簡略化します。

(継承元 FrameworkElement)
UpdateDefaultStyle()

現在の FrameworkElement に既定のスタイルを再度適用します。

(継承元 FrameworkElement)
UpdateLayout()

この要素のすべての子ビジュアル要素のレイアウトが正常に更新されるようにします。

(継承元 UIElement)
VerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがこの DispatcherObject にアクセスできるように強制します。

(継承元 DispatcherObject)

events

ContextMenuClosing

要素のコンテキスト メニューが閉じる直前に発生します。

(継承元 FrameworkElement)
ContextMenuOpening

要素のコンテキスト メニューが開くときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
DataContextChanged

この要素のデータ コンテキストが変更されたときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
DragEnter

この要素をドラッグ先とする、基になるドラッグ イベントが入力システムによって報告されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
DragLeave

入力システムが、この要素をドラッグ元とする、基になるドラッグ イベントを報告したときに発生します。

(継承元 UIElement)
DragOver

この要素がドロップ先となる可能性のある、基になるドラッグ イベントを入力システムが報告したときに発生します。

(継承元 UIElement)
Drop

入力システムがこの要素をドロップ先とするドロップ イベントを報告したときに発生します。

(継承元 UIElement)
FocusableChanged

Focusable プロパティの値が変化したときに発生します。

(継承元 UIElement)
GiveFeedback

入力システムがこの要素を対象とするドラッグ アンド ドロップ イベントを報告したときに発生します。

(継承元 UIElement)
GotFocus

この要素が論理フォーカスを取得したときに発生します。

(継承元 UIElement)
GotKeyboardFocus

この要素にキーボード フォーカスが移動したときに発生します。

(継承元 UIElement)
GotMouseCapture

この要素がマウスをキャプチャしたときに発生します。

(継承元 UIElement)
GotStylusCapture

この要素がスタイラスをキャプチャしたときに発生します。

(継承元 UIElement)
GotTouchCapture

タッチがこの要素にキャプチャされると発生します。

(継承元 UIElement)
Initialized

この FrameworkElement が初期化されるときに発生します。 このイベントと同時に、IsInitialized プロパティの値が false (未定義) から true に変更されます。

(継承元 FrameworkElement)
IsEnabledChanged

この要素の IsEnabled プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsHitTestVisibleChanged

この要素の IsHitTestVisible 依存関係プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsKeyboardFocusedChanged

この要素の IsKeyboardFocused プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsKeyboardFocusWithinChanged

この要素の IsKeyboardFocusWithin プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsMouseCapturedChanged

この要素の IsMouseCaptured プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsMouseCaptureWithinChanged

この要素の IsMouseCaptureWithinProperty の値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsMouseDirectlyOverChanged

この要素の IsMouseDirectlyOver プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsStylusCapturedChanged

この要素の IsStylusCaptured プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsStylusCaptureWithinChanged

この要素の IsStylusCaptureWithin プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsStylusDirectlyOverChanged

この要素の IsStylusDirectlyOver プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
IsVisibleChanged

この要素の IsVisible プロパティの値が変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
KeyDown

この要素にフォーカスがある状態でキーが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
KeyUp

この要素にフォーカスがあるときにキーが離されると発生します。

(継承元 UIElement)
LayoutUpdated

現在の Dispatcher に関連付けられた各種ビジュアル要素のレイアウトが変更されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
Loaded

要素のレイアウトやレンダリングが完了し、操作を受け入れる準備が整ったときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
LostFocus

この要素が論理フォーカスを失ったときに発生します。

(継承元 UIElement)
LostKeyboardFocus

この要素からキーボード フォーカスが離れたときに発生します。

(継承元 UIElement)
LostMouseCapture

この要素がマウス キャプチャを失ったときに発生します。

(継承元 UIElement)
LostStylusCapture

この要素がスタイラス キャプチャを失ったときに発生します。

(継承元 UIElement)
LostTouchCapture

この要素がタッチのキャプチャを失うと発生します。

(継承元 UIElement)
ManipulationBoundaryFeedback

操作中に境界に到達したときに発生します。

(継承元 UIElement)
ManipulationCompleted

UIElement オブジェクトの操作および慣性による処理が完了すると発生します。

(継承元 UIElement)
ManipulationDelta

操作中に入力デバイスが位置を変更したときに発生します。

(継承元 UIElement)
ManipulationInertiaStarting

入力デバイスが操作中に UIElement オブジェクトとの接続を失い、慣性による処理が開始されると発生します。

(継承元 UIElement)
ManipulationStarted

入力デバイスで UIElement オブジェクトの操作を開始すると発生します。

(継承元 UIElement)
ManipulationStarting

操作プロセッサを初めて作成するときに発生します。

(継承元 UIElement)
MouseDoubleClick

マウス ボタンが複数回クリックされると発生します。

(継承元 Control)
MouseDown

この要素の上にポインターがある状態でマウス ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
MouseEnter

マウス ポインターがこの要素の境界内に入ったときに発生します。

(継承元 UIElement)
MouseLeave

マウス ポインターがこの要素の境界内から出たときに発生します。

(継承元 UIElement)
MouseLeftButtonDown

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
MouseLeftButtonUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
MouseMove

この要素の上でマウス ポインターが動かされたときに発生します。

(継承元 UIElement)
MouseRightButtonDown

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
MouseRightButtonUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
MouseUp

この要素の上でいずれかのマウス ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
MouseWheel

この要素の上にマウス ポインターがある状態でユーザーがマウス ホイールを使用したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewDragEnter

この要素をドラッグ先とする、基になるドラッグ イベントが入力システムによって報告されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewDragLeave

入力システムが、この要素をドラッグ元とする、基になるドラッグ イベントを報告したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewDragOver

この要素がドロップ先となる可能性のある、基になるドラッグ イベントを入力システムが報告したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewDrop

入力システムがこの要素をドロップ先とするドロップ イベントを報告したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewGiveFeedback

ドラッグ アンド ドロップ操作が開始されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewGotKeyboardFocus

この要素にキーボード フォーカスが移動したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewKeyDown

この要素にフォーカスがある状態でキーが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewKeyUp

この要素にフォーカスがあるときにキーが離されると発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewLostKeyboardFocus

この要素からキーボード フォーカスが離れたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewMouseDoubleClick

ユーザーがマウス ボタンを 2 回以上クリックしたときに発生します。

(継承元 Control)
PreviewMouseDown

この要素の上にポインターがある状態でマウス ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewMouseLeftButtonDown

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewMouseLeftButtonUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの左ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewMouseMove

この要素上でマウス ポインターが動かされたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewMouseRightButtonDown

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewMouseRightButtonUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でマウスの右ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewMouseUp

この要素の上にマウス ポインターがある状態でいずれかのマウス ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewMouseWheel

この要素の上にマウス ポインターがある状態でユーザーがマウス ホイールを使用したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewQueryContinueDrag

ドラッグ アンド ドロップ操作の実行中にキーボードまたはマウス ボタンの状態が変化したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewStylusButtonDown

この要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewStylusButtonUp

この要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewStylusDown

この要素上でスタイラスがデジタイザーに触れたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewStylusInAirMove

デジタイザーに実際に触れることなく、要素上でスタイラスを動かしたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewStylusInRange

この要素上で検出可能になるまでスタイラスがデジタイザーに近づいたときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewStylusMove

スタイラスが要素上にあるときにスタイラスが移動すると発生します。 このイベントを発生させるためには、デジタイザーによって検出されている間にスタイラスが移動する必要があります。それ以外の場合には、代わりに PreviewStylusInAirMove が発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewStylusOutOfRange

スタイラスがデジタイザーから離れすぎているために検出されないときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewStylusSystemGesture

ユーザーがいずれかのスタイラス ジェスチャを実行したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewStylusUp

ユーザーがこの要素上でスタイラスをデジタイザーから離したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewTextInput

この要素がデバイスに依存しない方法でテキストを取得したときに発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewTouchDown

指がこの要素の上にある間に、その指で画面に触れると発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewTouchMove

この要素の上に指があるときに、その指を画面上で動かすと発生します。

(継承元 UIElement)
PreviewTouchUp

この要素の上に指があるときに、その指が画面から離れると発生します。

(継承元 UIElement)
QueryContinueDrag

ドラッグ アンド ドロップ操作の実行中にキーボードまたはマウス ボタンの状態が変化したときに発生します。

(継承元 UIElement)
QueryCursor

カーソルの表示が要求されると発生します。 このイベントは、マウス ポインターが別の位置へ移動するたびに要素上で発生します。したがって、場合によってはカーソル オブジェクトを移動先の位置に基づいて変更する必要があります。

(継承元 UIElement)
RequestBringIntoView

この要素で BringIntoView(Rect) が呼び出されると発生します。

(継承元 FrameworkElement)
SizeChanged

この要素の ActualHeight プロパティまたは ActualWidth プロパティの値が変更されると発生します。

(継承元 FrameworkElement)
SourceUpdated

この要素の既存のプロパティ バインディングのソース値が変更されると発生します。

(継承元 FrameworkElement)
StylusButtonDown

この要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが押されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
StylusButtonUp

この要素の上にポインターがある状態でスタイラス ボタンが離されたときに発生します。

(継承元 UIElement)
StylusDown

この要素上でスタイラスがデジタイザーに触れたときに発生します。

(継承元 UIElement)
StylusEnter

スタイラスがこの要素の境界内に入ったときに発生します。

(継承元 UIElement)
StylusInAirMove

デジタイザーに実際に触れることなく、要素上でスタイラスを動かしたときに発生します。

(継承元 UIElement)
StylusInRange

この要素上で検出可能になるまでスタイラスがデジタイザーに近づいたときに発生します。

(継承元 UIElement)
StylusLeave

スタイラスが要素の境界内から出たときに発生します。

(継承元 UIElement)
StylusMove

スタイラスがこの要素上を移動すると発生します。 このイベントを発生させるには、デジタイザー上でスタイラスを移動する必要があります。 それ以外の場合は、代わりに StylusInAirMove が発生します。

(継承元 UIElement)
StylusOutOfRange

この要素上でスタイラスが検出可能になるにはデジタイザーから離れすぎているときに発生します。

(継承元 UIElement)
StylusSystemGesture

ユーザーがいずれかのスタイラス ジェスチャを実行したときに発生します。

(継承元 UIElement)
StylusUp

ユーザーがこの要素上でスタイラスをデジタイザーから離したときに発生します。

(継承元 UIElement)
TargetUpdated

この要素のプロパティ バインディングのターゲット値が変更されると発生します。

(継承元 FrameworkElement)
TextInput

この要素がデバイスに依存しない方法でテキストを取得したときに発生します。

(継承元 UIElement)
ToolTipClosing

要素のツールヒントが閉じる直前に発生します。

(継承元 FrameworkElement)
ToolTipOpening

要素のツールヒントが開かれたときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)
TouchDown

指がこの要素の上にある間に、その指で画面に触れると発生します。

(継承元 UIElement)
TouchEnter

タッチがこの要素の境界の外部から内部に移動すると発生します。

(継承元 UIElement)
TouchLeave

タッチがこの要素の境界の内部から外部に移動すると発生します。

(継承元 UIElement)
TouchMove

この要素の上に指があるときに、その指を画面上で動かすと発生します。

(継承元 UIElement)
TouchUp

この要素の上に指があるときに、その指が画面から離れると発生します。

(継承元 UIElement)
Unloaded

読み込まれた要素の要素ツリーから要素が削除されたときに発生します。

(継承元 FrameworkElement)

明示的なインターフェイスの実装

IAddChild.AddChild(Object)

この型またはメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートしますが、独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。 Document プロパティを使用して、FlowDocumentFlowDocumentScrollViewer の子コンテンツとして追加します。

IAddChild.AddText(String)

この型またはメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートしますが、独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。

IQueryAmbient.IsAmbientPropertyAvailable(String)

このメンバーの説明については、IsAmbientPropertyAvailable(String) メソッドのトピックを参照してください。

(継承元 FrameworkElement)
IServiceProvider.GetService(Type)

この型またはメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートしますが、独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。

適用対象