Control.Tag プロパティ

定義

コントロールに関するデータを格納するオブジェクトを取得または設定します。

public:
 property System::Object ^ Tag { System::Object ^ get(); void set(System::Object ^ value); };
[System.ComponentModel.Bindable(true)]
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.ComponentModel.StringConverter))]
public object Tag { get; set; }
[System.ComponentModel.Bindable(true)]
[System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.ComponentModel.StringConverter))]
public object? Tag { get; set; }
[<System.ComponentModel.Bindable(true)>]
[<System.ComponentModel.TypeConverter(typeof(System.ComponentModel.StringConverter))>]
member this.Tag : obj with get, set
Public Property Tag As Object

プロパティ値

Object

コントロールに関するデータを格納している Object。 既定値は、null です。

属性

次のコード例では、フォームを表示し、 プロパティに TagCustomer格納します。 この例では、名前付き CustomerForm からForm派生するクラスを定義し、 Customerを定義している必要があります。

private:
   void buttonNewCustomer_Click( Object^ /*sender*/, EventArgs^ /*e*/ )
   {
      /* Create a new customer form and assign a new
                  * Customer object to the Tag property. */
      CustomerForm^ customerForm = gcnew CustomerForm;
      customerForm->Tag = gcnew Customer;
      customerForm->Show();
   }
private void buttonNewCustomer_Click(object sender, EventArgs e)
{
   /* Create a new customer form and assign a new 
    * Customer object to the Tag property. */
   CustomerForm customerForm = new CustomerForm();
   customerForm.Tag = new Customer();
   customerForm.Show();
}
Private Sub buttonNewCustomer_Click(sender As Object, _
  e As EventArgs) Handles buttonNewCustomer.Click
   ' Create a new customer form and assign a new 
   ' Customer object to the Tag property. 
   Dim customerForm As New CustomerForm()
   customerForm.Tag = New Customer()
   customerForm.Show()
End Sub

注釈

クラスから派生した任意の型を Object このプロパティに割り当てることができます。 プロパティがTagWindows フォーム デザイナーで設定されている場合は、テキストのみを割り当てることができます。

プロパティの一般的な Tag 用途は、コントロールに密接に関連付けられているデータを格納することです。 たとえば、顧客に関する情報を表示するコントロールがある場合は、そのコントロールTagの プロパティに顧客の注文履歴を含む を格納DataSetして、データにすばやくアクセスできます。

適用対象

こちらもご覧ください