DataPoint クラス

定義

DataPointCollection クラスに格納されているデータ ポイントを表します。

public ref class DataPoint : System::Windows::Forms::DataVisualization::Charting::DataPointCustomProperties
[System.ComponentModel.TypeConverter("System.Windows.Forms.Design.DataVisualization.Charting.DataPointConverter, System.Windows.Forms.DataVisualization.Design, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35")]
public class DataPoint : System.Windows.Forms.DataVisualization.Charting.DataPointCustomProperties
[<System.ComponentModel.TypeConverter("System.Windows.Forms.Design.DataVisualization.Charting.DataPointConverter, System.Windows.Forms.DataVisualization.Design, Version=4.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=31bf3856ad364e35")>]
type DataPoint = class
    inherit DataPointCustomProperties
Public Class DataPoint
Inherits DataPointCustomProperties
継承
属性

注釈

このクラスには DataPoint 、データとデータ ポイントの値に関連付けられているプロパティが格納されます。 たとえば、データ ポイントには値がありますが、色プロパティ、背景画像プロパティ、背景グラデーション プロパティなども含まれます。 データ ポイントのプロパティの詳細については、クラスの概要に関するトピックを DataPointCustomProperties 参照してください。

各データ ポイントは、X 値と 1 つ以上の Y 値で構成されます。 X 値は 0 にすることも、明示的に設定することもできます。

バブル、ローソク足、株価チャートを除くすべてのグラフの種類に対して、ポイントごとに 1 つの Y 値のみが必要です。 1 つのデータ ポイントが複数の値で構成されているため、これらのグラフの種類には複数の Y 値が必要です。 たとえば、1 つの株価チャート列をプロットするには、高値、安値、開値、終値の 4 つの値が必要です。

データは、デザイン時または実行時に追加できます。実行時にデータ バインディングを使用することもできます。

コンストラクター

DataPoint()

DataPoint クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DataPoint(Double, Double)

指定した X 値および Y 値を使用して、DataPoint クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DataPoint(Double, Double[])

X 値および Y 値の配列を指定して、DataPoint クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DataPoint(Double, String)

指定した X 値および Y 値を使用して、DataPoint クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DataPoint(Series)

DataPoint クラスの新しいインスタンスを初期化し、データ ポイントが属する Series を設定します。

プロパティ

AxisLabel

データ ポイント、系列、または空のポイントの X 軸のラベルのテキストを取得または設定します。 このプロパティは、関連する Axis オブジェクトにカスタム ラベルが指定されていない場合にのみ使用されます。

(継承元 DataPointCustomProperties)
BackGradientStyle

背景のグラデーション スタイルを取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
BackHatchStyle

背景のハッチング スタイルを取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
BackImage

データ ポイントの背景イメージを取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
BackImageAlignment

Unscaled 描画モードに使用される背景イメージの配置を取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
BackImageTransparentColor

背景イメージが描画されるときに透明色で置き換えられる色を取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
BackImageWrapMode

背景イメージの描画モードを取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
BackSecondaryColor

背景の 2 番目の色を取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
BorderColor

データ ポイントの境界線の色を取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
BorderDashStyle

データ ポイントの境界線スタイルを取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
BorderWidth

データ ポイントの境界線の幅を取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
Color

データ ポイントの色を取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
CustomProperties

データ ポイントのカスタム プロパティを取得または設定します。 カスタム プロパティは、AttrName1=Value1、AttrName2=Value2 という書式で指定できます。

(継承元 DataPointCustomProperties)
CustomPropertiesExtended

データ ポイントの拡張カスタム プロパティを取得または設定します。 拡張カスタム プロパティは、AttrName1=Value1、AttrName2=Value2 という書式で指定できます。

(継承元 DataPointCustomProperties)
Font

データ ポイントのフォントを取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
IsEmpty

データ ポイントに空のマークが付けられているかどうかを示すフラグを取得または設定します。

IsValueShownAsLabel

ラベルにデータ ポイントの値を表示するかどうかを示すフラグを取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
IsVisibleInLegend

凡例に項目を表示するかどうかを示すフラグを取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
Item[Int32]

インデックス内の位置を使用して、DataPointCustomProperties オブジェクトを取得します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
Item[String]

名前を使用して、DataPointCustomProperties オブジェクトを取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
Label

データ ポイント ラベルのテキストを取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
LabelAngle

データ ポイント ラベルの角度を取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
LabelBackColor

データ ポイント ラベルの背景色を取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
LabelBorderColor

データ ポイント ラベルの境界線の色を取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
LabelBorderDashStyle

ラベルの境界線スタイルを取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
LabelBorderWidth

ラベルの境界線の幅を取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
LabelForeColor

ラベルのテキストの色を取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
LabelFormat

データ ポイント ラベルの書式を取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
LabelToolTip

データ ポイント ラベルのツールヒントを取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
LegendText

凡例項目のテキストを取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
LegendToolTip

凡例項目のツールヒントを取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
MarkerBorderColor

マーカーの境界線の色を取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
MarkerBorderWidth

マーカーの境界線の幅を取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
MarkerColor

マーカーの色を取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
MarkerImage

マーカー イメージを取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
MarkerImageTransparentColor

マーカー イメージが描画されるときに透明色で置き換えられる色を取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
MarkerSize

マーカーのサイズを取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
MarkerStyle

マーカー スタイルを取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
Name

データ ポイントの名前を取得または設定します。

Tag

このグラフ要素に関連付けられているオブジェクトを取得または設定します。

(継承元 ChartElement)
ToolTip

ツールヒントを取得または設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
XValue

データ ポイントの X 値を取得または設定します。

YValues

データ ポイントの Y 値を取得または設定します。

メソッド

Clone()

データ ポイントの完全に同じコピーである新しいインスタンスを返します。

DeleteCustomProperty(String)

指定された名前を持つデータ ポイントのカスタム プロパティを削除します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
Dispose()

ChartElement で使用したリソースを解放します。

(継承元 ChartElement)
Dispose(Boolean)

ChartElement によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

(継承元 ChartElement)
Equals(Object)

指定した Object が現在の ChartElement と等しいかどうかを示します。

(継承元 ChartElement)
GetCustomProperty(String)

指定された名前を持つデータ ポイントのカスタム プロパティを返します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
GetHashCode()

特定の型のハッシュ関数を返します。

(継承元 ChartElement)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
GetValueByName(String)

名前で指定されたデータ ポイントを返します。 これはヘルパー関数です。

IsCustomPropertySet(String)

指定された名前のカスタム プロパティが設定されたかどうかを確認します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ResetIsValueShownAsLabel()

カスタム プロパティを既定値にリセットします。

(継承元 DataPointCustomProperties)
ResetIsVisibleInLegend()

カスタム プロパティを既定値にリセットします。

(継承元 DataPointCustomProperties)
SetCustomProperty(String, String)

データ ポイントのカスタム プロパティを設定します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
SetDefault(Boolean)

データ ポイントの既定のプロパティを設定します。 前のプロパティ値を消去する必要があるかどうかを示します。

(継承元 DataPointCustomProperties)
SetValueXY(Object, Object[])

データ ポイントの X 値と 1 つ以上の Y 値を設定します。

SetValueY(Object[])

単独のデータ ポイントの Y 値を設定します。

ToString()

現在の Object を表す文字列を返します。

(継承元 ChartElement)

適用対象