HtmlWindow.DomWindow プロパティ

定義

このクラスによってラップされたアンマネージ インターフェイスを取得します。

public:
 property System::Object ^ DomWindow { System::Object ^ get(); };
public object DomWindow { get; }
member this.DomWindow : obj
Public ReadOnly Property DomWindow As Object

プロパティ値

Object

、、または IHTMLWindow4 ポインターにIHTMLWindow2IHTMLWindow3キャストできる オブジェクト。

次のコード例では、ドキュメントの IHTMLWindow2 ウィンドウからポインターを取得し、モーダル ウィンドウに新しいドキュメントを表示します。

private void ShowModalDialog()
{
    if (!(webBrowser1.Document == null)) 
    {
        HtmlWindow frame = webBrowser1.Document.Window;

        String dialogArguments = "dialogHeight: 250px; dialogWidth: 300px; dialogTop: 300px;" + 
            "dialogLeft: 300px; edge: Sunken; center: Yes; help: Yes; resizable: No; status: No;";

        // Show the dialog.
        mshtml.IHTMLWindow2 rawWindow = (mshtml.IHTMLWindow2)frame.DomWindow;
        Object o = new Object();
        Object args = (Object)dialogArguments;
        rawWindow.showModalDialog("http://www.adatum.com/dialogWindow.htm", ref o, ref args);
    }
}
Private Sub ShowModalDialog()
    If (WebBrowser1.Document IsNot Nothing) Then
        Dim Frame As HtmlWindow = WebBrowser1.Document.Window

        Dim DialogArguments As String = "dialogHeight: 250px; dialogWidth: 300px; dialogTop: 300px;" & _
            "dialogLeft: 300px; edge: Sunken; center: Yes; help: Yes; resizable: No; status: No;"

        ' Show the dialog.
        Dim RawWindow As mshtml.IHTMLWindow2 = Frame.DomWindow
        RawWindow.showModalDialog("http://www.adatum.com/dialogWindow.htm", Nothing, CObj(DialogArguments))
    End If
End Sub

注釈

によって公開 HtmlWindowされていないメソッドを実行するには、ドキュメント オブジェクト モデル (DOM) への基になるアンマネージ インターフェイス ポインターを使用します。

を使用 DomWindowするには、アンマネージド MSHTML.dllへの参照を追加する必要があります。 詳細については、「 タイプ ライブラリをアセンブリとしてインポートする」を参照してください。

適用対象

こちらもご覧ください