ListBox.SelectedItem プロパティ

定義

ListBox 内で現在選択されている項目を取得または設定します。

public:
 property System::Object ^ SelectedItem { System::Object ^ get(); void set(System::Object ^ value); };
[System.ComponentModel.Bindable(true)]
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
public object SelectedItem { get; set; }
[System.ComponentModel.Bindable(true)]
[System.ComponentModel.Browsable(false)]
public object? SelectedItem { get; set; }
[<System.ComponentModel.Bindable(true)>]
[<System.ComponentModel.Browsable(false)>]
member this.SelectedItem : obj with get, set
Public Property SelectedItem As Object

プロパティ値

Object

コントロール内で現在選択されている項目を表すオブジェクト。

属性

次のコード例は、イベントを使用して、別ListBoxSelectedIndexChangedコントロール内の項目を検索して選択する方法を示しています。 この例では、イベントを SelectedIndexChanged 使用して、選択した項目がいつ変更されたかを ListBox 判断します。 次に、コード例では、プロパティを使用して項目のテキストをSelectedItem読み取り、最初ListBoxのコードでSelectedItem返されたテキストを使用して別ListBoxのメソッドを呼び出FindStringします。 もう一方 ListBoxの項目が見つかった場合は、項目が選択されます。 この例では、名前付きコントロールとlistBox2名前付きlistBox1コントロールの 2 つのListBoxコントロールをフォームに追加し、両方ListBoxのコントロールに同一の項目を含める必要があります。 この例では、例で定義されているイベント処理メソッドがイベントに接続SelectedIndexChangedlistBox1されている必要もあります。

private:
   void listBox1_SelectedIndexChanged( Object^ /*sender*/, System::EventArgs^ /*e*/ )
   {
      // Get the currently selected item in the ListBox.
      String^ curItem = listBox1->SelectedItem->ToString();

      // Find the string in ListBox2.
      int index = listBox2->FindString( curItem );

      // If the item was not found in ListBox 2 display a message box,
      //  otherwise select it in ListBox2.
      if ( index == -1 )
            MessageBox::Show( "Item is not available in ListBox2" );
      else
            listBox2->SetSelected( index, true );
   }
private void listBox1_SelectedIndexChanged(object sender, System.EventArgs e)
{
   // Get the currently selected item in the ListBox.
   string curItem = listBox1.SelectedItem.ToString();

   // Find the string in ListBox2.
   int index = listBox2.FindString(curItem);
   // If the item was not found in ListBox 2 display a message box, otherwise select it in ListBox2.
   if(index == -1)
      MessageBox.Show("Item is not available in ListBox2");
   else
      listBox2.SetSelected(index,true);
}
Private Sub listBox1_SelectedIndexChanged(ByVal sender As Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles listBox1.SelectedIndexChanged
   ' Get the currently selected item in the ListBox.
   Dim curItem As String = listBox1.SelectedItem.ToString()

   ' Find the string in ListBox2.
   Dim index As Integer = listBox2.FindString(curItem)
   ' If the item was not found in ListBox 2 display a message box, otherwise select it in ListBox2.
   If index = -1 Then
      MessageBox.Show("Item is not available in ListBox2")
   Else
      listBox2.SetSelected(index, True)
   End If
End Sub

注釈

標準 ListBoxの場合、このプロパティを使用して、どの項目が選択されているかを ListBox決定できます。 プロパティListBoxSelectionModeいずれかSelectionMode.MultiSimpleまたは SelectionMode.MultiExtended (複数選択ListBoxを示す) に設定されていて、リストで複数の項目が選択されている場合、このプロパティは選択した項目を返すことができます。

選択したすべての項目を含むコレクションを複数選択 ListBoxして取得するには、プロパティを SelectedItems 使用します。 現在選択されている項目 ListBoxのインデックス位置を取得する場合は、プロパティを SelectedIndex 使用します。 さらに、このプロパティを SelectedIndices 使用して、複数選択 ListBoxのすべてのインデックスを取得できます。

適用対象