PropertyMetadata.CoerceValueCallback プロパティ

定義

このメタデータに指定されている CoerceValueCallback 実装への参照を取得または設定します。

public:
 property System::Windows::CoerceValueCallback ^ CoerceValueCallback { System::Windows::CoerceValueCallback ^ get(); void set(System::Windows::CoerceValueCallback ^ value); };
public System.Windows.CoerceValueCallback CoerceValueCallback { get; set; }
member this.CoerceValueCallback : System.Windows.CoerceValueCallback with get, set
Public Property CoerceValueCallback As CoerceValueCallback

プロパティ値

CoerceValueCallback

CoerceValueCallback 実装参照。

例外

依存関係プロパティの操作にいったん適用した後は、メタデータのプロパティを設定できません。

注釈

プロパティ メタデータのコールバックは、通常、格納型のパブリック メンバーではありません。そのため、このプロパティの値は、既存の依存関係プロパティのメタデータを使用するほとんどのシナリオでは重要ではありません。 このプロパティが公開される理由の 1 つは、基本メタデータとオーバーライド/追加メタデータの両方で が を指定 CoerceValueCallbackしている場合に、メタデータ サブクラスが目的のマージ ロジックを実行できるようにするためです。 ただし、 の既定の CoerceValueCallback マージ ロジックでは、前のマージ ロジックを置き換えます。

CoerceValueCallback は、オブジェクト モデルで読み取り/書き込みとして定義されます。 これは、 CoerceValueCallback オブジェクト自体の初期化後に PropertyMetadata 調整できます。 ただし、メタデータが 、AddOwner、または OverrideMetadataRegister呼び出しの一部として使用されると、プロパティ システムはそのメタデータ インスタンスをシールし、プロパティは不変と見なされるようになりました。 このメタデータ インスタンスで を 1 回IsSealedtrue設定CoerceValueCallbackしようとすると、例外が発生します。

適用対象