トランスポート セキュリティと Windows 認証

次のシナリオは、Windows セキュリティで保護された Windows Communication Foundation (WCF) クライアントおよびサービスを示しています。 プログラミングの詳細については、「方法: Windows 資格情報を使用してサービスをセキュリティで保護する」を参照してください。

イントラネットの Web サービスでは人事情報を表示しています。 クライアントは Windows フォーム アプリケーションです。 このアプリケーションは、Kerberos コントローラーで保護されたドメインに展開されています。

Transport security with Windows authentication

特徴 説明
セキュリティ モード トランスポート
相互運用性 WCF のみ
認証 (サーバー)

認証 (クライアント)
○ (Windows 統合認証を使用)

○ (Windows 統合認証を使用)
整合性 はい
機密性 はい
トランスポート NET.TCP
バインド NetTcpBinding

サービス

次のコードと構成は、別々に実行します。 次のいずれかの操作を行います。

  • 構成を使用せずに、コードを使用してスタンドアロン サービスを作成します。

  • 提供された構成を使用してサービスを作成しますが、エンドポイントを定義しません。

コード

次のコードは、Windows セキュリティを使用するサービス エンドポイントの作成方法を示します。

// Create the binding.
NetTcpBinding binding = new NetTcpBinding();
binding.Security.Mode = SecurityMode.Transport;
binding.Security.Transport.ClientCredentialType =
    TcpClientCredentialType.Windows;

// Create the URI for the endpoint.
Uri netTcpUri = new Uri("net.tcp://localhost:8008/Calculator");

// Create the service host and add an endpoint.
ServiceHost myServiceHost = new ServiceHost(typeof(Calculator), netTcpUri);
myServiceHost.AddServiceEndpoint(typeof(ServiceModel.ICalculator), binding, "");

// Open the service.
myServiceHost.Open();
Console.WriteLine("Listening...");
Console.ReadLine();

// Close the service.
myServiceHost.Close();
' Create the binding.
Dim binding As New NetTcpBinding()
binding.Security.Mode = SecurityMode.Transport
binding.Security.Transport.ClientCredentialType = TcpClientCredentialType.Windows

' Create the URI for the endpoint.
Dim netTcpUri As New Uri("net.tcp://localhost:8008/Calculator")

' Create the service host and add an endpoint.
Dim myServiceHost As New ServiceHost(GetType(ServiceModel.Calculator), netTcpUri)
myServiceHost.AddServiceEndpoint(GetType(ServiceModel.ICalculator), binding, "")

' Open the service.
myServiceHost.Open()
Console.WriteLine("Listening...")
Console.ReadLine()

' Close the service.
myServiceHost.Close()

構成

コードの代わりに次の構成を使用して、サービス エンドポイントをセットアップできます。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>  
<configuration>  
  <system.serviceModel>  
    <behaviors />  
    <services>  
      <service behaviorConfiguration="" name="ServiceModel.Calculator">  
        <endpoint address="net.tcp://localhost:8008/Calculator"
                  binding="netTcpBinding"  
          bindingConfiguration="WindowsClientOverTcp"
                  name="WindowsClientOverTcp"  
                  contract="ServiceModel.ICalculator" />  
      </service>  
    </services>  
    <bindings>  
      <netTcpBinding>  
        <binding name="WindowsClientOverTcp">  
          <security mode="Transport">  
            <transport clientCredentialType="Windows" />  
          </security>  
        </binding>  
      </netTcpBinding>  
    </bindings>  
    <client />  
  </system.serviceModel>  
</configuration>  

Client

次のコードと構成は、別々に実行します。 次のいずれかの操作を行います。

  • コード (およびクライアント コード) を使用してスタンドアロン クライアントを作成します。

  • エンドポイント アドレスを定義しないクライアントを作成します。 代わりに、引数として構成名を受け取るクライアント コンストラクターを使用します。 次に例を示します。

    CalculatorClient cc = new CalculatorClient("EndpointConfigurationName");
    
    Dim cc As New CalculatorClient("EndpointConfigurationName")
    

コード

クライアントを作成する場合のコード例を次に示します。 バインディングは、クライアントの資格情報の種類が Windows に設定された、TCP トランスポートによるトランスポート モード セキュリティを使用するように構成されます。

// Create the binding.
NetTcpBinding myBinding = new NetTcpBinding();
myBinding.Security.Mode = SecurityMode.Transport;
myBinding.Security.Transport.ClientCredentialType =
    TcpClientCredentialType.Windows;

// Create the endpoint address.
EndpointAddress myEndpointAddress = new
    EndpointAddress("net.tcp://localhost:8008/Calculator");

// Create the client. The code for the calculator client
// is not shown here. See the sample applications
// for examples of the calculator code.	
CalculatorClient cc =
    new CalculatorClient(myBinding, myEndpointAddress);
try
{
    cc.Open();

    // Begin using the client.
    Console.WriteLine(cc.Add(100, 11));
    Console.ReadLine();

    // Close the client.
    cc.Close();
}
' Create the binding.
Dim myBinding As New NetTcpBinding()
myBinding.Security.Mode = SecurityMode.Transport
myBinding.Security.Transport.ClientCredentialType = TcpClientCredentialType.Windows

' Create the endpoint address.
Dim myEndpointAddress As New EndpointAddress("net.tcp://localhost:8008/Calculator")

' Create the client. The code for the calculator client 
' is not shown here. See the sample applications
' for examples of the calculator code.	
Dim cc As New CalculatorClient(myBinding, myEndpointAddress)
cc.Open()
' Begin using the client.
Try
    cc.Open()

    Console.WriteLine(cc.Add(100, 11))
    Console.ReadLine()

    ' Close the client.
    cc.Close()
Catch tex As TimeoutException
    Console.WriteLine(tex.Message)
    cc.Abort()
Catch cex As CommunicationException
    Console.WriteLine(cex.Message)
    cc.Abort()
Finally
    Console.WriteLine("Closed the client")
    Console.ReadLine()
End Try

構成

コードの代わりに次の構成を使用して、クライアントを作成できます。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>  
<configuration>  
  <system.serviceModel>  
    <bindings>  
      <netTcpBinding>  
        <binding name="NetTcpBinding_ICalculator" >  
          <security mode="Transport">  
            <transport clientCredentialType="Windows" />  
          </security>  
        </binding>  
      </netTcpBinding>  
    </bindings>  
    <client>  
      <endpoint address="net.tcp://localhost:8008/Calculator"
                binding="netTcpBinding"
                bindingConfiguration="NetTcpBinding_ICalculator"
                contract="ICalculator"  
                name="NetTcpBinding_ICalculator">  
      </endpoint>  
    </client>  
  </system.serviceModel>  
</configuration>  

関連項目