保持ポリシーを定義する

重要

このコンテンツはアーカイブされており、更新されていません。 最新のドキュメントについては、Microsoft Dynamics 365 製品のドキュメントを参照してください。 最新のリリース計画については、Dynamics 365 および Microsoft Power Platform のリリース計画を参照してください。

有効対象 パブリック プレビュー 一般提供
管理者、作成者、マーケティング担当者、またはアナリスト向けで、自動的に有効化される 2020 年 10 月 1 日 2020 年 10 月 1 日

機能の詳細

管理者は保持ポリシーを定義して、ログ エントリとアーカイブされたレコードを含むテーブル内の古いデータが Business Central によって削除される頻度を指定できます。 たとえば、ログ エントリをクリーンアップすると、実際に関連性のあるデータを操作しやすくなります。 ポリシーでは、有効期限を過ぎたテーブル内のすべてのデータを含めたり、ポリシーに特定の期限切れデータのみを含めるフィルター基準を追加したりできます。

フィードバック

Dynamics 365 Business Central の機能向上のためのアイデア、提案、フィードバックをお寄せください。 フォーラム (https://aka.ms/bcideas) をご利用ください。

関連項目

Business Central で変更を監査する (ドキュメント)