自動化 API のためのサービス間認証

重要

このコンテンツはアーカイブされており、更新されていません。 最新のドキュメントについては、Microsoft Dynamics 365 製品のドキュメントを参照してください。 最新のリリース計画については、Dynamics 365 および Microsoft Power Platform のリリース計画を参照してください。

有効対象 パブリック プレビュー 一般提供
管理者、作成者、マーケティング担当者、またはアナリスト向けで、自動的に有効化される - 2020 年 10 月 1 日

ビジネス バリュー

Business Central の自動化 API でサービス間認証がサポートされます。

機能の詳細

Business Central の自動化シナリオをサポートするために、Automation.ReadWrite.All と呼ばれるアプリケーションのアクセス許可スコープが追加されます。

これによりサービス間認証が許可され、外部サービスが通常のユーザーを偽装せずにアプリケーションとして接続されます。 OAuth クライアント資格情報フローを使用すると、Automation.ReadWrite.All のスコープでアプリ トークンを使用して Business Central にアクセスできます。

Business Central にアクセスできるようになる前に、アプリが Business Central に登録され、OAuth 同意フローが完了している必要があります。

関連項目

自動化 API でサービス間認証を使用する (ドキュメント)