イベント管理設定

イベント管理の設定では、ウェビナー プロバイダー アカウントへの接続と、イベント管理のいくつかの既定値を設定できます。

これらの設定を表示するには、設定を開き、左端の列のイベント管理の見出しの下のページのいずれかを選択します。 これらと同じ設定は、設定概要の イベント管理 セクションにもあります。

イベント管理セクションの各ページを操作する方法については、このトピックの以降のセクションをご覧ください。

Web アプリケーション

設定>イベント管理>Web アプリケーション 設定では、Web アプリケーションを登録することができます。これは、イベント API を使用してイベント機能をプログラムで操作するカスタム機能を開発する場合に必要となります。 これは主に管理者より、むしろ開発者への関心です。

Web アプリケーションの設定使用を含むイベント API の使用方法については、イベント API の使用 およびイベント API を使用し Web アプリケーションを登録 を参照してください。

Azure でイベント Web サイトをホストする場合、Web アプリケーションを登録する必要があります。 詳細: Azure にてカスタム イベント Web サイトを提供

ウェビナー プロバイダー

ウェビナー プロバイダーは、ウェビナーをホストするアプリまたはサービスです。 プロバイダーは、登録を受け付け、プレゼンターと参加者が各ウェビナーに参加できる URL を提供し、ウェビナー自体を実行するためのサーバーも提供します。 通常、プロバイダーは出席の統計情報や他のウェビナー機能も提供します。 Marketing は独自のホスティング機能を提供していませんが、Microsoft Teams ウェビナー ホスティング プロバイダーとして使用できます。 Microsoft Teams は、ウェビナーに使用する優先プロバイダーです。 サード パーティのプロバイダー にサインアップし、そのプロバイダーに接続するために必要な詳細で Marketing を構成する必要があります。

使用する各ウェビナー プロバイダーは、ウェビナー プロバイダー ページに一覧表示されるレコードを保持している必要があります。 ウェビナー プロバイダーで持っているアカウントごとに、次のセクションで説明するようにウェビナー構成レコードを設定する必要もあります。

重要

ほとんどの場合、 ウェビナー プロバイダー ページでレコードを変更または追加しないでください。 Microsoft は、On24 というサードパーティの ウェビナー プロバイダーと提携しています。 ウェビナー プロバイダー 一覧ページを開くと、事前設定された On24 レコードが既にリストされています。 ほとんどの場合、代替の利用規約およびプライバシー ポリシーの URLを指定する場合を除き、このレコードを編集または削除しないでください。 同様に、組織向けに高度にカスタマイズされたソリューションを追加した開発者と提携している場合を除き、ここに別のプロバイダー レコードを追加する理由はありません。 また、On24 アカウントの認証資格情報は、ウェビナー プロバイダー レコードではなく、ウェビナー構成レコードによって管理されます。 On24 アカウントへの接続方法の詳細については、このトピックで後述する ウェビナー構成 を参照してください。

設定>イベント管理>ウェビナー プロバイダー にアクセスすることで、ウェビナー プロバイダーを表示できます。 ただし、前述のように、通常、ここでは何もしないでください。 ここでレコードを開くかまたは作成すると、次の設定が表示されます:

  • 名前: プロバイダーの名前を表示します。
  • 基本サービス URL: On24の場合、空白にできます。 別プロバイダをサポートするようにシステムがカスタマイズされている場合、使用方法については開発チームに問い合わせてください。
  • 最長期間 (分): プロバイダーが単一セッションに対して認めている最大時間 (分単位) を示します。 これより長いウェビナーはすべて、複数のセッションに分割する必要があります。
  • サービス利用条件: ウェビナー プロバイダーのサービス利用条件の URL が表示されます。 このURLを新しいブラウザー タブで開くには、地球ボタンを選択します。このリンクは、Dynamics 365 Marketing ユーザにウェビナー機能を有効にする過程で表示されます。このため、これらの条件に同意する必要があります。 既定では、標準の On24 サービス利用条件へのリンクが提供されます。 別のURLを使用する場合は、これを編集できます。
  • プライバシー ポリシー: ウェビナー プロバイダーのプライバシー ポリシーの URL を表示します。 このURLを新しいブラウザー タブで開くには、地球ボタンを選択します。このリンクは、Dynamics 365 Marketing ユーザにウェビナー機能を有効にする過程で表示されます。このため、このポリシーに同意する必要があります。 既定では、標準の On24 プライバシー ポリシーへのリンクが提供されます。 別のURLを使用する場合は、これを編集できます。
  • 資格情報の更新: On24以外のプロバイダーを使用するように、システムがカスタマイズされている場合を除き、これらの設定は使用しないでください (その場合でも、開発チームに相談してください)。 代わりに、 On24 アカウントへの接続方法の詳細については、このトピックで後述する ウェビナー構成 を参照してください。

サードパーティ プロバイダーのウェビナー構成

サードパーティのウェビナー プロバイダー (おそらく On24) でアカウントを設定し、 Dynamics 365 Marketing がプロバイダーに認証されてプロバイダーとやり取りできるようにアカウントの詳細を入力する必要があります。 使用するウェビナー プロバイダーが 1 社だけの場合でも、そのプロバイダーに複数のアカウントがある場合があり、必要に応じて各アカウントを構成できます。

Note

ウェビナー (またはハイブリッド) としてイベントまたはセッションを設定する たびに、ウェビナーの構成を選択する必要があります。 これにより、そのイベントまたはセッションで使用するアカウントを制御できます。

ウェビナー アカウントに接続する、またはアカウントの資格情報を更新するには:

  1. 設定>イベント管理>ウェビナー構成に移動します。 既存の構成の一覧 (存在する場合) と新しい構成を追加するためのツールが表示されます。

  2. 既存の構成を編集するには、一覧から選びます。新しい構成を作成するには、新規を選択します。 (一覧でレコードを選択してコマンド バーの適切なボタンを選択することにより、レコードを削除または非アクティブ化することもできます。)

  3. 次の設定を行います。

    • 名前 : アカウントの名前を入力します。
    • ウェビナー プロバイダー: ウェビナー プロバイダー レコード (前のセクションの説明で設定したもの) の名前を選択します。
  4. ここでは次の読み取り専用情報も提供され、トラブルシューティングに役立つことがあります。

    • サービス利用条件: プロバイダーがサービス利用条件を提供する URL が表示されます。 この値は、ウェビナー プロバイダー レコードから取得されます。 新しいブラウザー タブでこの URL を開くには、地球ボタンを選択します。
    • プライバシー ポリシー: プロバイダーがプライバシー ポリシーの詳細を提供する URL が表示されます。 この値は、ウェビナー プロバイダー レコードから取得されます。 新しいブラウザー タブでこの URL を開くには、地球ボタンを選択します。
    • 最終指標更新日: Dynamics 365 Marketing にプロバイダーが使用統計情報 (参加レコードなど) を返した最後の日時が表示されます。
    • プロバイダー サービスの状態: プロバイダーの現在の状態およびそれへの接続が表示されます。
    • メッセージ: プロバイダーによって送信されたカスタム メッセージが表示されます (通常、表示される状態に関連します)。
  5. 資格情報 タブを開きます。次のいずれかを実行します:

    • 既存の構成を編集していて、資格情報を変更する必要がある場合は、資格情報の更新はいに設定して、資格情報の設定を公開します。
    • 新しい構成を作成している場合は、資格情報の設定が既にここに表示されています。
  6. 次の設定を行います。

    • クライアント IDアクセス トークン キーアクセス トークン シークレット: これらの値はお使いのアカウントを示し、そのアカウントにアクセスしてウェビナー プロバイダーと通信するための認証 (サインイン) 資格情報を提供します。 これらの値は、アカウントにサインアップしたときに受け取っているはずです。 これらの値がわからない場合は、ウェビナー プロバイダーに問い合わせてください。
  7. 資格情報が機能していることを確認するには、ツール バーの 確認 を選択します。

  8. 作業内容を保存します。

イベント管理

イベント管理の設定を使用して、電子メール オプション、電子メール テンプレート、既定の支払いゲートウェイなど、イベントに関するいくつかの標準オプションを設定します。 これらの設定は省略可能です。

イベント管理オプションを設定するには:

  1. 設定>イベント管理>イベント運営に移動します。 既存のイベント管理レコードの一覧 (存在する場合) と新しい構成を追加するためのツールが表示されます。 以下に注意してください。

    • アクティブにできるイベント管理レコードは一度に 1 つだけです。
    • イベント管理レコードが表されない場合は、コマンド バーの新規を選択して作成します。
    • イベント管理レコードが既に存在する場合は、それを選択して開きます。
    • 既存のイベント管理レコードを削除するには、それを選択してコマンド バーの削除を選択します。
    • たとえば新しいレコードを作成して使用できるように、既存のイベント管理レコードを一時的に無効にする場合は、既存のレコードを選択してコマンド バーの非アクティブ化を選択します。 非アクティブ化したレコードを表示、編集、再アクティブ化するには、システム ビュー メニュー (一覧の上) を使用して非アクティブなイベント管理ビューに切り替えます。
  2. 次の設定を行います。

    • 名前: 現在のイベント管理レコードの名前を入力します。
    • 取引先担当者を照合する基準: 新しいイベント登録を既存の取引先担当者レコードと照合するときに使用する戦略を選択します。 ここで選択したフィールドのすべてに対して値が一致する取引先担当者レコードが見つかった場合、登録はその取引先担当者レコードにリンクされます。 一致するものがない場合、新しい取引先担当者が作成されて、新しい登録レコードにリンクされます。 電子メールだけで一致するよう選択できます; 姓と名; または電子メール、名、姓。 詳細情報: フォーム照合を設定する
    • デモ支払い確認の有効化: この機能を使用すると、デモの目的でイベント Web サイトの支払いをシミュレートできます。 デモ支払いを有効にするには、これを はい に設定します。 デモ支払いを無効にするには、いいえ に設定します。 本番サイトでオンライン支払いを有効にする には、サードパーティの支払いプロバイダーと提携し、それらのシステムで動作するようにイベント サイトをカスタマイズする必要があります。 セキュリティの脆弱性を起こす可能性があるため、運用システムでデモ支払いを有効にしないでください。

    警告

    イベント Web サイトのデモを提供するときにのみ、デモの支払の確認を有効にするはい に設定する必要があります。 運用環境で有効にした場合、シミュレートされた支払い機能によりセキュリティの脆弱性が発生する可能性があるため、実運用に移行する前は常にこれを いいえ に設定する必要があります。

    Note

    名前を使用した取引先担当者マッチング戦略を AAD で機能させるには、サインアップ時に姓と名を入力する必要があります。 詳細は Azure Active Directory の構成

    名前を使用した取引先担当者マッチング戦略を ポータル認証 で機能させるには、登録後に姓と名の入力が必須です。

    Note

    イベントの購入者または出席者に確認を送信するために提供されている電子メール テンプレートはハード コーディングされているため、その内容をカスタマイズまたは翻訳することはできません。 カスタム メッセージが必要な場合は、イベント、トリガー、電子メールのタイルで顧客体験を設定します。

Web サイトのテーブル構成

設定>イベント管理>Web サイト テーブルの構成設定により、 イベントAPIを通じてカスタムフィールドを公開することができます。 これは、イベント機能とプログラムで対話するイベント API を使用する顧客機能を開発する際に便利です。 これは主に管理者より、むしろ開発者への関心です。

Web サイト テーブルの構成の設定の使用方法を含むイベント API の使用方法については、イベント API の使用 およびイベント API からの応答をカスタマイズする を参照してください。

プライバシー通知

イベント管理の利用条件に同意すると、ウェビナー統合機能がアクティブ化されます。 ウェビナー統合機能は、パートナー ウェビナー プロバイダーを活用してイベントまたはセッションをウェビナーとして実施する機能です。 ウェビナー プロバイダーのサービスを利用するには、プロバイダーに登録したアカウントが必要です。 現時点で、最初から提供されているパートナーのウェビナー プロバイダー サービスは ON24 だけです。 ウェビナー統合機能の使用時、ウェビナーの提供と実行に不可欠なデータは Azure Service Fabric で処理され、保存された後、ON24 に送信されます。 このようなデータには、ウェビナー参加者の登録データ (名前、電子メール、会社名など) が含まれます。 また、ON24 では、ウェビナー閲覧時間などのウェビナーの指標が Azure Service Fabric 経由で Dynamics 365 for Customer Engagement に送信されます。

イベント管理ソリューションのその他の機能を使用するために、ウェビナー機能をアクティブ化する必要はありません。 管理者は、ウェビナー構成で資格情報を削除することによって、ウェビナー統合機能をオフにすることができます。

ウェビナー統合機能によって使用される Azure のコンポーネントとサービスは、次のとおりです。

  • Azure Key Vault (詳細: Azure Key Vault とは)
    • お客様の ON24 アカウント資格情報の暗号化/暗号化解除のための暗号化キーを提供
  • Azure Service Fabric (詳細: Azure Service Fabric の概要)
    • 登録データとウェビナー アカウントの資格情報を処理して ON24 に送信
    • On24 から Dynamics 365 for Customer Engagement にウェビナー指標を取得 - ストア顧客の ON24 アカウント資格情報を保存 (カスタム暗号化)

参照

イベントの計画と管理
ウェビナーを設定する
イベント待機リストのセットアップと管理
定期的なイベントの作成と管理
イベント テンプレートの作成と使用