チュートリアル: Kintone を構成し、自動ユーザー プロビジョニングに対応させる

このチュートリアルでは、自動ユーザー プロビジョニングを構成するために Kintone と Microsoft Entra ID の両方で行う必要がある手順について説明します。 構成すると、Microsoft Entra ID で、Microsoft Entra プロビジョニング サービスを使って、Kintone に対するユーザーとグループのプロビジョニングおよびプロビジョニング解除が自動的に行われます。 このサービスが実行する内容、しくみ、よく寄せられる質問の重要な詳細については、「Microsoft Entra ID による SaaS アプリへのユーザー プロビジョニングとプロビジョニング解除の自動化」を参照してください。

サポートされる機能

  • Kintone でユーザーを作成します。
  • アクセスが不要になった場合は Kintone のユーザーを削除します。
  • Microsoft Entra ID と Kintone の間でユーザー属性の同期を維持する
  • Kintone へのシングル サインオン (推奨)。

前提条件

このチュートリアルで説明するシナリオでは、次の前提条件目があることを前提としています。

  • Microsoft Entra テナント
  • プロビジョニングを構成するためのアクセス許可を持つ Microsoft Entra ID のユーザー アカウント (アプリケーション管理者、クラウド アプリケーション管理者、アプリケーション所有者、グローバル管理者など)。
  • 管理者権限がある Kintone のユーザー アカウント。

手順 1:プロビジョニングのデプロイを計画する

手順 2: Microsoft Entra ID を使ったプロビジョニングをサポートするように Kintone を構成する

Microsoft Entra ID を使ったプロビジョニングをサポートするように Kintone を構成する

Microsoft Entra アプリケーション ギャラリーから Kintone を追加して、Kintone に対するプロビジョニングの管理を開始します。 以前に Kintone を SSO 用に設定している場合は、同じアプリケーションを使用できます。 ただし、統合を初めてテストするときは、別のアプリを作成することをお勧めします。 ギャラリーからアプリケーションを追加する方法の詳細については、こちらを参照してください。

手順 4:プロビジョニングの対象となるユーザーを定義する

Microsoft Entra プロビジョニング サービスを使用すると、アプリケーションへの割り当てやユーザーの属性に基づいてプロビジョニングされるユーザーのスコープを設定できます。 割り当てに基づいてアプリにプロビジョニングされるユーザーのスコープを設定する場合、以下の手順を使用して、ユーザーをアプリケーションに割り当てることができます。 ユーザーの属性のみに基づいてプロビジョニングされるユーザーのスコープを設定する場合、こちらで説明されているスコープ フィルターを使用できます。

  • 小さいところから始めましょう。 全員にロールアウトする前に、少数のユーザーでテストします。 プロビジョニングのスコープが割り当て済みユーザーに設定される場合、これを制御するには、1 人または 2 人のユーザーをアプリに割り当てます。 スコープがすべてのユーザーに設定されている場合は、属性ベースのスコープ フィルターを指定できます。

  • 追加のロールが必要な場合、アプリケーション マニフェストを更新して新しいロールを追加できます。

手順 5: Kintone への自動ユーザー プロビジョニングを構成する

このセクションでは、Microsoft Entra ID でのユーザーの割り当てに基づいて、TestApp でユーザーが作成、更新、無効化されるように Microsoft Entra プロビジョニング サービスを構成する手順について説明します。

Microsoft Entra ID で Kintone の自動ユーザー プロビジョニングを構成するには:

  1. クラウド アプリケーション管理者以上として Microsoft Entra 管理センターにサインインします。

  2. [ID]>[アプリケーション]>[エンタープライズ アプリケーション] の順に移動します

    Screenshot of Enterprise applications blade.

  3. アプリケーションの一覧で [Kintone] を選択します。

    Screenshot of the Kintone link in the Applications list.

  4. [プロビジョニング] タブを選択します。

    Screenshot of Provisioning tab.

  5. [プロビジョニング モード][自動] に設定します。

    Screenshot of Provisioning tab automatic.

  6. [管理者資格情報] セクションで、Kintone のテナント URL とシークレット トークンを入力します。 [接続テスト] をクリックして、Microsoft Entra ID が Kintone に接続できることを確認します。 接続できない場合は、Kintone アカウントに管理者権限があることを確認してから、もう一度試します。

    Screenshot of Token.

  7. [通知用メール] フィールドに、プロビジョニングのエラー通知を受け取るユーザーの電子メール アドレスを入力して、 [エラーが発生したときにメール通知を送信します] チェック ボックスをオンにします。

    Screenshot of Notification Email.

  8. [保存] を選択します。

  9. [マッピング] セクションで、[Microsoft Entra ユーザーを Kintone に同期する] を選びます。

  10. [属性マッピング] セクションで、Microsoft Entra ID から Kintone に同期されるユーザー属性を確認します。 [照合] プロパティとして選択されている属性は、更新処理で Kintone のユーザー アカウントを照合するために使用されます。 照合するターゲット属性を変更することを選択する場合は、Kintone API がその属性に基づくユーザーのフィルター処理をサポートしていることを確認する必要があります。 [保存] ボタンをクリックして変更をコミットします。

    属性 Type フィルター処理のサポート Kintone で必須
    userName String
    active Boolean
    displayName String
    emails[type eq "work"].value String
    name.givenName String
    name.familyName String
    externalId String
  11. スコープ フィルターを構成するには、スコープ フィルターのチュートリアルの次の手順を参照してください。

  12. Kintone に対して Microsoft Entra プロビジョニング サービスを有効にするために、[設定] セクションの [プロビジョニングの状態][オン] に変更します。

    Screenshot of Provisioning Status Toggled On.

  13. [設定] セクションの [スコープ] で目的の値を選択することで、Kintone にプロビジョニングしたいユーザーを定義します。

    Screenshot of Provisioning Scope.

  14. プロビジョニングの準備ができたら、 [保存] をクリックします。

    Screenshot of Saving Provisioning Configuration.

この操作によって、 [設定] セクションの [スコープ] で定義したすべてのユーザーの初期同期サイクルが開始されます。 初期サイクルは後続の同期よりも実行に時間がかかります。後続のサイクルは、Microsoft Entra のプロビジョニング サービスが実行されている限り約 40 分ごとに実行されます。

手順 6:デプロイを監視する

プロビジョニングを構成したら、次のリソースを使用してデプロイを監視します。

  • プロビジョニング ログを使用して、正常にプロビジョニングされたユーザーと失敗したユーザーを特定します。
  • 進行状況バーを確認して、プロビジョニング サイクルの状態と完了までの時間を確認します
  • プロビジョニング構成が異常な状態になったと考えられる場合、アプリケーションは検疫されます。 検疫状態の詳細については、こちらを参照してください。

その他のリソース

次のステップ