次の方法で共有


Exchange Onlineの最新の動的配布グループ

重要

この機能は、2022 年 3 月にすべてのユーザーに完全にリリースされます。

Exchange Onlineの動的配布グループ (DD) は、より信頼性が高く、予測可能でパフォーマンスが向上するように最新化されています。 この変更により、メール配信の待機時間が短縮され、サービスの信頼性が向上し、メッセージを送信する前に DDG のメンバーを表示できるようになります。

これで、メンバーシップ リストが DDG ごとに格納され、24 時間ごとに更新されます。 メッセージの送信先を正確に把握し、潜在的なコンプライアンスの問題にも対処します。 DDG オブジェクトにメンバーの計算リストを格納することで、メッセージをより迅速に配信でき、サービスの信頼性が向上します。

DDG の動作の変更

Exchange Onlineの動的配布グループの動作の変更については、次の表を参照してください。

分野 古い動作 新しい動作
メール配信の待機時間 予期 しない。 DDG にメールを配信するのにかかる時間は、その DDG でのフィルターの複雑度によって異なります。 全体的により速く、より予測可能。 通常の配布グループの場合と一緒に、より多くの配信時間が表示されます。
作成 DDG は、作成直後に使用できます。 初期メンバーシップ リストが計算されて使用できるようになるまで、2 時間かかります。
変更 変更が加えられた直後に DDG を使用できます ユーザーは、メンバーシップ リストが再計算され、リンクが更新されるまで最大 2 時間待つ必要があります。
メンバーシップ リスト "freshness" メンバーの一覧は、リアルタイムで最新の状態でした。 各 DDG のメンバーの一覧は、24 時間ごとに更新されます。

重要

DDG メンバーの一覧が古くなる可能性があります。 たとえば、ユーザーが DDG のフィルターとして使用されていた部署を離れた場合、メンバーシップ リストが更新されてから 24 時間 DDG に送信されるメールを引き続き受信する可能性があります。

メール フロー ルール (トランスポート ルールとも呼ばれます) もこの動作の影響を受けます。これは、メール フロー ルールで使用されるメンバーシップ リストも 24 時間に 1 回更新されるためです。

DDG メンバーを表示する

DDG のメンバーを表示するには、DDGIdentity> を DDG の名前、エイリアス、または電子メール アドレスに置き換え<、Exchange Online PowerShell で次のコマンドを実行します。 コマンドは、動的配布グループ オブジェクトに格納されているメンバーの計算リストを返します。

Get-DynamicDistributionGroupMember -Identity <DDGIdentity>

パラメーターと構文の詳細については、「 Get-DynamicDistributionGroupMember」を参照してください。

注:

「Exchange Onlineでの動的配布グループのメンバーの表示」の説明に従って、DDG のメンバーを表示するには、古い手順を使用しないでください。 以前のプロシージャは、コマンドの実行時に DDG フィルターを満たすすべてのユーザーを返します。 古いプロシージャは、DDG オブジェクトに格納されているメンバーの計算リストを返しません。

DDG のメンバーシップを更新する

次の 24 時間の更新間隔の後に DDG メンバーシップ リストが更新されない場合は、DDGIdentity> を DDG の名前、エイリアス、または電子メール アドレスに置き換え<、powerShell で次のコマンドExchange Online実行することで、メンバーシップの更新を強制できます。

Set-DynamicDistributionGroup -Identity <DDGIdentity> -ForceMembershipRefresh

構文とパラメーターの詳細については、「Set-DynamicDistributionGroup」を参照してください。

注:

refresh コマンドは、最後のメンバーシップの更新から 1 時間以上経過した後にのみ実行できます。