次の方法で共有


クイック スタート (レガシ エコノミー)

Important

Economy v1 API はメンテナンス モードであり、新機能は受け取らず、バグ修正のみを受け取ります。 v1 API は、当面維持されます。 次のバージョンの PlayFab Economy の詳細については、「Economy v2 の概要」を参照してください。

ゲームにおいて最大の課題の 1 つは、収益化を機能させることです。 PlayFab は、通貨、アイテム、インベントリの 3 つの基礎となる要素を土台にすることにより、このエクスペリエンスを簡素化します。

このクイックスタートでは、以下を実行します。

  1. 仮想通貨を設定する。
  2. アイテムを作成する。
  3. プレイヤーのインベントリにアイテムを追加する。
  4. エコノミーをカスタマイズするための次の手順を学ぶ。

仮想通貨を設定する

仮想通貨は、ゲーム内のエコノミーの基礎となります。 プレイヤーとキャラクターはこれらの通貨を付与され、それを使用してアイテムを購入またはトレードできます。

アイテムには仮想通貨または実際のお金で価格を設定できます。 各タイトルは複数の任意の仮想通貨をサポートできるため、ゲームにあらゆる交換メディア (ゴールド、宝石、ハート、星間クレジットなど) を実装できる柔軟性が提供されます。

仮想通貨を作成するには以下を実行します。

  1. ゲーム マネージャーを開き、左側のバーで [エコノミー] を選択します。
  2. [通貨] タブを選択します。
  3. [新しい通貨] を選択し、これらのフィールドを変更します (以下の図に示します)。
    • 通貨コード (2 つの大文字) を「GD」に設定します。
    • [表示名] を「ゴールド」に設定します。
  4. [通貨の保存] を選択します。

アイテムを作成する

通貨を設定したため、カタログ アイテムに仮想通貨に対応する価格を割り当てることができます。

アイテムを作成する

多くのゲームでは、シールド、レベルの解放、パワーアップなどのアイテムをプレイヤーが購入できるようにしています。 これらのアイテムは、カタログで指定されます。 プレイヤーがカタログからアイテムを購入できるようにするには、まずそのカタログに入れるアイテムを作成する必要があります。

アイテムを含むカタログを作成するには以下を実行します。

  1. 左側のバーで [エコノミー] を選択し、[カタログ] タブを選択します。

  2. [新しいカタログ] を選択し、[カタログ バージョン] として「メイン」を入力します。 ID が One のアイテムが自動的に追加されます。

  3. [One] を選択し、これらのフィールドを変更します (以下の図に示します)。

    • [アイテム ID] を「apple」に設定します。
    • [Display name] (表示名) を 「リンゴ」に設定します。
    • [Description] (説明) を「完全に普通のリンゴ」に設定します。
  4. [価格] セクションはフォームの下部にあります。

  5. ゴールド (GD) での価格を 5 に設定します。

  6. [アイテムの保存] を選択します。

通貨を編集または保存する

プレイヤーのインベントリにアイテムを追加する

PlayFab のプレイヤー アイテム管理 (サーバー) およびプレイヤー アイテム管理 (クライアント) API は、多くのアイテム購入の戦略をサポートしています。

  • 現実通貨
  • 仮想通貨
  • 別のアイテムの購入に基づく、アイテム付与のトリガー
  • ロック済み (戦利品可能/購入可能なキー付き) とロック解除されたボックス
  • ランダムな結果テーブル
  • ゲーム内の有料または無料のイベントに基づいて付与される購入不可能なアイテム
  • その他のシナリオ (特に Azure Functions)

仮想通貨で購入して、プレイヤーのインベントリにアイテムを追加します。

  1. ゲームで、仮想通貨を与えられているプレイヤーとしてサインインします。 (必要に応じて、「プレイヤーに仮想通貨を付与する」で詳細を確認してください)。

  2. リクエストに以下のパラメーターを指定して GetCatalogItems を呼び出します。

    • CatalogVersion = "main"
  3. 結果の Catalog に、リンゴGD の値 5 が含まれていることを確認します。

  4. PurchaseItem を呼び出し、リクエストにこれらのパラメーター値を入れた状態でリンゴを購入します。

    • CatalogVersion = "main"
    • ItemId = "apple"
    • VirtualCurrency = "GD"
    • Price = 5
  5. 最後に、GetUserInventory を呼び出して、そのメソッドの結果を確認します。 プレイヤーの Inventory アイテムの一覧に「リンゴ」が追加されています。

エコノミーをカスタマイズするための次の手順

仮想通貨によってサポートされるアイテムを含むカタログを用意できたら、以下でエコノミーを活性化できます。

  • 現実世界の購入: 「PlayFab、Unity IAP、Android の概要」「領収書のない支払いの処理」チュートリアルは、仮想のエコノミーと既存のストアを接続するのに役立ちます。
  • カタログを活用する: バンドル、コンテナー、ドロップ テーブルを作成できます。 詳細については、カタログの チュートリアルをご覧ください。
  • アイテムの属性を使用する: 複数の価格を定義し、スタック可能、トレード可能、限定エディションのアイテムを指定できます。
  • 固有のゲーム内ベンダーまたはセールス イベントを設定する: ストアと販売を使用します。
  • プレイヤーのセグメントを作成してストアを使用する: プレイヤーがゲームのライフサイクルのどの段階にいるかにかかわらず、異なるアイテムおよびバンドルのオファーを促進できます。 例については、「プレイヤー セグメントに向けたカスタム ストア」チュートリアルを参照してください。
  • エコノミー データを取得する: PlayFab のレポートを使用して、ゲームの改善と反復処理を行うことを可能にします。