Microsoft Graph での Dynamics 365 Business Central API の操作

重要

Microsoft Graph の /beta バージョンの API は変更される可能性があります。 実稼働アプリケーションでこれらの API を使用することは、サポートされていません。 v1.0 で API を使用できるかどうかを確認するには、バージョン セレクターを使用します。

Microsoft Graph を使用して、Web サービスまたは SaaS ソリューションを Microsoft Dynamics 365 Business Central に接続して統合できます。 Microsoft Graph を使用すると、承認されたアクセス権を取得し、Microsoft Dynamics 365 Business Central データとシームレスに統合するアプリを構築できます。

Authorization

Azure AD v2.0 エンドポイントを使用して、Business Central API Dynamics 365認証します。 すべての API には要求ヘッダーが必要です Authorization: Bearer {access-token} 。 承認の詳細については、「 Microsoft Graph を呼び出すアクセス トークンを取得する」を参照してください。

一般的なDynamics 365 Business Central シナリオ

Dynamics 365 Business Central API を使用すると、1 つのエンドポイントを介して接続および統合されたアプリを通じてビジネス データを読み取り、変更できます。 たとえば、 顧客ベンダー の情報にアクセスしたり、 期限切れの支払いを表示したりするには、API を使用します。

環境

Dynamics 365 Business Central API を有効にするには、Business Central 管理 センターの環境名運用環境であることを確認する必要があります。

Business Central 管理 Center のセットアップ

次の手順

Dynamics 365 Business Central API を使用すると、ユーザーと関わる新しい方法を開くことができます。 詳細については、次のトピックを参照してください。