同期ジョブの再起動

名前空間: microsoft.graph

重要

Microsoft Graph のバージョンの /beta API は変更される可能性があります。 実稼働アプリケーションでこれらの API を使用することは、サポートされていません。 API が v1.0 で使用できるかどうかを確認するには、 バージョン セレクターを使用します。

停止した同期ジョブを再起動し、ディレクトリ内のすべてのオブジェクトを再処理する必要があります。 必要に応じて、既存の同期状態と以前のエラーをクリアします。

アクセス許可

この API を呼び出すには、次のいずれかのアクセス許可が必要です。アクセス許可の選択方法などの詳細については、「アクセス許可」を参照してください。

アクセス許可の種類 アクセス許可 (特権の小さいものから大きいものへ)
委任 (職場または学校のアカウント) Directory.ReadWrite.All
委任 (個人用 Microsoft アカウント) サポートされていません。
Application Application.ReadWrite.OwnedBy, Directory.ReadWrite.All

HTTP 要求

POST /servicePrincipals/{id}/synchronization/jobs/{jobId}/restart

要求ヘッダー

名前 種類 説明
Authorization string ベアラー {token}。必須。

要求本文

要求本文で、JSON オブジェクトに次のパラメーターを指定します。

パラメーター 種類 説明
criteria synchronizationJobRestartCriteria 再起動条件

応答

成功した場合は、応答を返 204 No Content します。 応答本文には何も返されません。

要求

要求の例を次に示します。

POST https://graph.microsoft.com/beta/servicePrincipals/{id}/synchronization/jobs/{jobId}/restart
Authorization: Bearer <token>
Content-type: application/json

{
   "criteria": {
       "resetScope": "Watermark, Escrows, QuarantineState"
   }
}

応答

応答の例を次に示します。

HTTP/1.1 204 No Content