セキュリティ パラメーターの既定値を変更する

既定では、セキュリティレベルは次のとおりです。

  • High = 168 ビット暗号化 (最小)

  • 中 = 128 ビット暗号化 (最小)

  • 低 = 40 ビット暗号化 (最小)

  • セキュリティで保護されていない = TLS/SSL 完全無効

    これらのレベルの最初の3つの既定値は、( HKEY_LOCAL_MACHINE/system/currentcontrolset/services/tn3270/parametersに格納されている) 次のレジストリエントリでオーバーライドできます。

  • SSLHighSecurity

  • SSLMediumSecurity

  • SSLLowSecurity

    各レジストリエントリには、数値 (DWORD) 値が含まれます。 TN3270 サーバーが開始されている場合にのみ、レジストリのエントリがチェックされます。 レジストリエントリの変更を有効にするには、TN3270 サーバーを再起動する必要があります。

参照

証明書の構成
セキュリティをオンにして証明書を変更する
既定のサーバー認証証明書共通名 (CN) を変更する