既定の発信ローカル APPC LU プール

Host Integration Server では、ローカル LU が指定されていない呼び出しトランザクションプログラムに対して動的に割り当てられるローカル APPC lu のプールを設定できます。 この機能は、ユーザーおよびグループの既定のローカルおよびリモート Lu と共存するように設計されており、これらの設定は上書きされません。

既定の APPC LU 機能 (既定の発信ローカル APPC LU プールと、ユーザーとグループの既定のローカルおよびリモート Lu) のどちらでも、クライアントコンピューターが LU 名を指定せずにセッションを開始することができます。 これは、クライアントコンピューターの APPC 構成を排除することで、管理を簡略化するのに役立ちます。

アプリケーションが呼び出しプロセスを開始しても、ローカル appc lu が指定されていない場合、Host Integration Server はまず、関連付けられているユーザーまたはグループ (アプリケーションが実行されているシステムでログオンしているユーザーまたはグループ) の既定のローカル APPC lu を特定しようとします。 このような lu を置き換えることができない場合、Host Integration Server は、発信ローカル APPC lu の既定のプールから lu を割り当てようとします。 既定のプールから使用できる Lu がない場合、呼び出しプロセスを開始しようとしても拒否されます。

既定の発信ローカル APPC LU プールはとは異なり、、3270、LUA、ダウンストリームの各プールと混同しないようにしてください。

参照

APPC モードの定義
暗黙的着信リモート LU と暗黙的着信モード
既定のローカル APPC LU と既定のリモート APPC LU
単一システム APPC