応答時間モニター (RTM) を構成する方法

RTM がデータを送信する時刻と、それがホスト応答を登録するためのトリガーを指定できます。 構成設定は、選択した SNA サブドメインの [プロパティ] ページの [応答時間モニター] タブにあり、次の表に一覧表示されています。

注意

これらの設定を有効にするためには、3270 ユーザーの各エミュレーターが RTM をサポートしている必要があります。 ホスト RTM 設定が異なる場合は、Host Integration Server設定をオーバーライドします。

RTM の設定

設定   定義
RTM データ送信日時 RTM データがいつホストに送信されるかを指定します。 データは、次のいずれかまたは両方の状況で送信できます。
カウンター オーバーフロー 所定の期間におけるホスト応答の数が使用可能なカウンターのサイズをオーバーフローしたとき、RTM データがホストに送信されます。
セッションの終了 LU から LU へのセッションが終了するごとに、RTM データがホストに送信されます。
RTM タイマー実行終了時 RTM がホスト応答を登録するとき - RTM がタイマーを停止するときを指定します。 (タイマーが開始するのは、ローカル システムがデータを送信するときです)。可能な停止ポイントは次のとおりです。
最初のデータが画面に到達 データがローカル画面に到達したとき、時間測定を停止します。
ホストがキーボードをロック解除 ホストがローカル キーボードのロックを解除したとき、時間測定を停止します。
ホストがユーザーに送信させる ホストがローカル コンピューターにデータをさらに送信させたとき、時間測定を停止します。
RTM しきい値 RTM がホスト応答の数を保存してカウントを再開する終了時刻を 1/10 秒単位で指定します。

範囲は 1/10 秒単位の 1 ~ 1000 (0.1 秒から 100.0 秒) です。 既定値は 5、10、20、および 50 (0.5 秒、1.0 秒、2.0 秒、5.0 秒) です。

構成する RTM の境界と定義をサーバーで使用することもできますが、ホストはこれらの値を、個々の 3270 LU、またはホストが制御するすべての LU でオーバーライドすることができます。 ホストは、RTM データのローカル表示を許可するかどうかを指定することもできます。また、RTM データHost Integration Server送信すると、RTM 統計情報の収集を完全に無効にすることができます。

応答時間モニター (RTM) を構成する

  1. Host Integration Serverコンソール ツリーで、構成するサブドメインを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。

  2. [応答時間モニター (RTM)] タブをクリックして、オプションを入力します。

  3. [OK] をクリックして構成を保存します。